テレビ東京のドラマ

うきわ友達以上不倫未満|中山麻衣子役・門脇麦は影ある役柄が話題に

2021年8月9日から始まった、テレビ東京の深夜ドラマ「うきわ 友達以上不倫未満」。とある社宅を舞台に、配偶者に浮気された男女の交流を描いた作品です。

門脇麦(かどわき むぎ)さんが演じるのは主人公の主婦、中山麻衣子(なかやま まいこ)。
麻衣子は夫の浮気を知りましたが、誰にも打ち明けられず苦しみます。
そんな麻衣子を支える隣人である上司との交流…。

ドキドキする展開と実力派揃いのキャストで、原作漫画同様に「面白い」とネットで話題を呼んでいます!

今回はこのドラマ「うきわ」で主演をつとめる、門脇麦さんの役柄と経歴についてリサーチしました!

roni
roni
「うきわ」では影のある役を演じている門脇麦さん。
そんな彼女はいったいどんな人物なのでしょうか?

門脇麦さんは、主人公・中山麻衣子役!


門脇麦さんが抜擢されたのは主人公の一人・中山麻衣子役。
「不倫」をテーマにしたドラマで門脇さんが演じる麻衣子は、一体どんなキャラクターなのでしょうか?

「サレ妻」麻衣子の心の機微と成長に注目

夫の転勤のため、広島から東京に引っ越してきた麻衣子。

パートの仕事を始めたり、お弁当や夕食を頑張って作ったり、一生懸命に彼を支えようとします。
しかし夫は行きは早く帰りは遅い仕事で、なかなか一緒に過ごす時間も取れません。

そんな中、隣に住んでいる夫の上司・二葉一はとても優しく、アパートのベランダやゴミ捨て場で麻衣子と話をしてくれました。
淋しかった彼女にとって、二葉の存在は、徐々に大きなものとなっていきます。

引用元:講談社『うきわ』第1巻

ある日、彼女は夫が忘れた携帯電話から、彼が浮気をしていることを知ります

ベランダで愚痴をこぼし、嗚咽する彼女を優しく慰め話を聞く二葉。
実は彼自身も、妻が陶芸の先生と密会していることに気づいており、頭を悩ませていたのでした…。

彼女のキャラクターについて、演者の門脇麦さんは、以下のようにコメントしています。

「不倫をする側もされる側も何かしらの理由があり、今回の作品では、不倫が自分を見つめ直すきっかけにもなっている。劇的な展開があるわけではなく、人間の優しさや温かみがしっかりと描かれているので、そこが面白いなと感じました」

「私が演じる中山さんは、あまり自分の意志がなく、流れるがままに生きてきたような女性。夫の浮気というショッキングな出来事を経験し、初めて自分自身を見つめ直します。成長が見える役なので、演じるのがすごく楽しみでした」

(引用元:「テレ東プラス」2021年8月9日

門脇さんのコメントを見るに、この作品では「不倫によるギクシャクした人間関係」というありがちなテーマよりも、主人公の精神的成長が主軸に置かれているようです。

麻衣子は結婚生活にも慣れてきていますが、向上心は比較的薄く、自分の感情にも流されがちです。

「新しいことを始めたいけど何をしたら…」と、自分から進んで行動することは少ない様子。
パートの仕事も、二葉の妻に勧められてようやく始めた、といった感じです。

まさに「浮き輪」をつけたまま、海に流されているかのような彼女。
今の生活をどう見直してゆくのか、成長に期待です!

roni
roni
とはいえ、麻衣子の気持ちもわからなくはないですね。
私も主婦をやっていると、他の人に会うことも少なくて「まぁ大丈夫か」ってだらけてしまうことが多くて…(笑)

門脇麦さんのコメント

引用元:WEB ザ・テレビジョン(中央が門脇さんです)

「うきわ」のドラマ化が発表された際、門脇さんは、以下のようにコメントをしていました。

裏切った人裏切られた人、どんな人にもそれぞれの事情があり、そしてどんな状況でも誰かにとって救いの存在になることができる。
今作はそんな人間模様を否定も肯定もせず、優しいまなざしで切り取った作品のように思います。自分の身全てを現場に委ね、どの感情に辿り着くか想定も想像もせず、お芝居する中で生まれた感情を信じ、丁寧にキャラクターに取り込んでいる日々です。
そして何より、二葉さん演じる森山さん、最高です。良い作品をお届けできるよう、現場の皆様と力を合わせてがんばります。お楽しみに!

引用元:映画.com

麻衣子は流されがちな性格でしたが、演者の門脇さんは制作チームの「キャプテン」のようにスタッフの皆さんを引っ張っていたそうです。

二葉役の森山直太朗さんをはじめ、共演者の方々も、活き活きとした彼女から元気をもらったとのこと。

ネット上の評判は?

8月9日から絶賛放送中の「うきわ」。
「Yahoo! 感想」とTwitterで評価を見てみると、麻衣子のキャラクター性に注目するコメントが目立っていました。

二葉と仲良くなれたのが嬉しくて、ついついその様子が態度に出てしまう麻衣子。
原作ファンも、ドラマで初めて知った人も、ほっこり心を和ませた
といいます。

あのお嫁さんの、取り憑かれたような二葉さんへのハマり方こそ浮気を通り越してもはや本気では?と感じてしまう。
心の支えにしてしまってる感じ、ダンナの浮気のことは一旦置いといてしれーっと嘘ついてご飯食べに行くあの感じ。 純粋に二葉さんを必要としてるのに悪びれてない感じが何か罪深いなーと思ってしまった。
(引用元:『Yahoo! 感想』、「うきわ-友達以上、不倫未満-」)

とはいえ「二葉を心の支えにして依存しているようだ」と、狂気に似たものを感じた人もいました…。

roni
roni
友だちにしろ恋人にしろ、1人にのめり込みすぎるのは少し不安な感じがしますが、それだけ麻衣子も淋しかったのでしょうね…。

中山麻衣子役:門脇麦さんの人物像に迫る

引用元:NHK人物録

門脇麦さんがどんな人か見てみましょう。
最近では色々なドラマや映画に出演している彼女ですが、意外と知らないことも多いのでは?

門脇麦さんのプロフィール
  • 生年月日:1992年8月10日
  • 出身地:東京都
  • 身長:160cm
  • 特技:クラシックバレエ、英会話
  • 趣味:料理、映画鑑賞

門脇さんの特技が英会話なのは、幼少期をニューヨークで過ごしていたから。

日本と外国との合作映画「KOKORO」に出て、英語で台詞を言ったこともあります。

英語で話すと語尾が少し上がってしまう癖があったそうですが「逆にそれが役柄作りにうまく働いた」と門脇さんは語っていました!

門脇さんの出演作品が知りたい!

高い演技力で、最近は映画でも主演をつとめることが増えてきた門脇麦さん。
いままでにはどんな作品に出演していたのでしょうか。

テレビドラマ
  • 大河ドラマ(NHK)
    八重の桜 第44話‐第49話(2013年11月3日 – 12月8日)
    麒麟がくる(2020年1月19日 – 2021年2月7日)
  • ブラック・プレジデント(2014年4‐6月、関西テレビ)
  • セーラー服と宇宙人(エイリアン)(2014年6‐8月、日本テレビ:主演)
  • 戦う女(2014年10‐11月、フジテレビNEXT / 2015年4月6日 – 4月9日、フジテレビ)
  • 連続テレビ小説 まれ(2015年4‐9月、NHK)
  • お迎えデス。(2016年4‐6月、日本テレビ)
  • モンタージュ 三億円事件奇譚(2016年6月25日・26日、フジテレビ)
  • リバース(2017年4‐ 6月、TBS)
  • トドメの接吻(2018年1月‐3月、日本テレビ)
映画
  • リアル鬼ごっこ3(2012年5月、Thanks Lab.)
  • カサブランカの探偵(2013年3月2日、若手映画作家育成プロジェクト)
  • スクールガール・コンプレックス -放送部篇-(2013年8月、SDP:主演)
  • 闇金ウシジマくん Part2(2014年5月、東宝映像事業部 / SDP)
  • オオカミ少女と黒王子(2016年5月、ワーナー・ブラザース)
  • 二重生活(2016年6月、スターサンズ:主演)
  • 彼らが本気で編むときは、(2017年2月、スールキートス)
  • ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年9月、KADOKAWA / 松竹
  • KOKORO(フランス語版)(2017年11月、ブースタープロジェクト)※ベルギー・フランス・カナダ合作映画
  • ここは退屈迎えに来て(2018年10月、KADOKAWA)
  • チワワちゃん(2019年1月、KADOKAWA:主演)
  • さよならくちびる(2019年5月、ギャガ:主演)
  • あのこは貴族(2021年2月、東京テアトル / バンダイナムコアーツ:主演)
  • あなたの番です 劇場版(2021年12月、東宝)

色々なジャンルの作品で活躍する門脇さんですが、その演技力はリアリティあるヒューマンドラマで真価を発揮するといいます。

「門脇さんはどこか影があったり病んでいたり、内面に激情を秘めていたり、ひと癖もふた癖もある女性を演じることで彼女の良さが際立つし、ファンもそれを求めています。ヒロインを演じるにしても、可愛いだけじゃない。
つまり、ラブコメや正統派恋愛ドラマに出てくるようなヒロインではなく、現実社会に即したリアルな女性こそが門脇さんには合っているのです」(民放テレビ制作関係者)

(引用元:『Yahoo!ニュース』、8月20日更新)

たしかに、この記事で取り上げた「うきわ」や、「さよならくちびる」「あの子は貴族」等の作品で、門脇さんの演技が話題になっています。

共通しているのは「見た目が良いにもかかわらず闇を抱えたキャラクター」であること。

その中でも注目作品は、海外との合作映画「KOKORO」

門脇麦さんが演じるのは、村の宿屋の一人娘。
英語が堪能で、外国人の主人公とも難なく会話することができます。

門脇さんの演技はもちろんですが、素晴らしい発音と滑らかな英語が光っていました!

roni
roni
有名な作品ではないですが、なかなか面白い人間ドラマでした!
門脇さんのキャラもよく立っていて、「うきわ」が好きな方ならきっと気に入るかも。

「うきわ〜友達以上不倫未満〜」はどんなドラマ?

引用元:テレビ東京「うきわ」公式サイト

門脇麦さんが出演している「うきわ〜友達以上不倫未満〜」は、毎週月曜の深夜11時から、テレビ東京系で好評放送中

漫画家の野村宗弘(のむら・むねひろ)さんが、2013年に描いた漫画が原作です。

8月30日で本編は4話目を迎え、いよいよ物語も動きだします。
その前にこれまでのあらすじを見直してみましょう。

「うきわ」あらすじ

社宅住まいの主婦・中山麻衣子(門脇麦)は、夫の仕事の都合で広島から上京してきたばかり。
東京での新生活に胸を弾ませながら、家事をこなす毎日だった。
しかし、仕事が多忙な夫は毎晩帰りが遅くせっかく作った夕食も食べてもらえない日々。
そんな時、隣室に住む夫の上司・二葉さん(森山直太朗)とベランダの壁一枚を隔てて会話をしたことで仲良くなる。
優しく聞き上手な二葉さんに、麻衣子は次第に心を許していくが、二葉さんには一人抱える後悔と秘密があった。
そして、麻衣子が初めて知ることになる夫の嘘―。
麻衣子のこれまで“信じてきたもの”や“普通”が崩れ落ちていく…。

不倫―。それは決して許されない不貞行為。
しかし、信じていた人に裏切られた時、立ち上がれなくなった時、手を伸ばした先にある救いがそれだけだったらー。

これは不倫じゃない。
そう言い聞かせながらも相手の心に触れ合うにつれ、惹かれ合っていく麻衣子と二葉さん。
“緊急時には、この壁を突きやぶって隣りへお逃げ下さい”と書かれたベランダの非常壁が
ある時は理性を保つ防御壁となり、ある時は突き破ってしまいたい障害になっていく…。
果たして二人はこの壁を越えてしまうのか…。

(引用元:テレビ東京「うきわ」イントロ

原作漫画の特徴は?広島弁がきらりと光る


引用元:講談社ビッグコミックス

「うきわ」原作漫画の特徴は、何と言っても温かみのある広島弁!

中山夫妻は広島から引っ越してきた、という設定になっています。
とても自然な広島弁で、実は作者の野村先生も広島出身なんだそうです。

野村先生の漫画には広島が舞台のものも多く、お話にあたたかみを添えてくれますよ!

roni
roni
代表作の「とろける鉄工」も、いきいきとした広島弁が特徴!
「うきわ」を観たあとはこちらも読んで、気分を変えてみるのもいいかも。
本人の経験談も、盛り込まれているとかいないとか?

引用元:「うきわ」原作第1巻

特徴的な広島弁に加えて漫画版「うきわ」の特徴はもう一つ。
それは、麻衣子と二葉以外の登場人物の顔が一切描かれていないこと。

一方ドラマでは、麻衣子たちの配偶者やその浮気相手も名前付きで登場します。

2人だけの世界が強調されていた漫画版と、人間関係をじっくりと描きこむドラマ版。
予習と復習をかねて漫画を読み、作者とドラマ版の監督の思いも考察してみると、楽しいのではないでしょうか。

まとめ

この記事のまとめ
  • キャストの門脇麦さんは、演じる役柄の多彩な注目女優
  • 「うきわ」では流されがちな主婦・麻衣子を好演
  • 麻衣子の心の機微と自立に注目!

門脇麦さんの得意の人情ドラマ「うわき」
浮気サレ妻を演じる門脇麦さんの演技力から今後も目が離せませんね!

原作ならではの風味は映像のなかでどのように描かれるのか、今後の展開が楽しみです。