テレビ東京のドラマ

ドラマ【おじさまと猫】日比野奏役平山浩行は陶芸好きな元バーテンダー!?

累計170万部を誇るインターネットで話題沸騰の大人気コミック「おじさまと猫がついにドラマ化されました!

テレビ東京にて1月6日(水)より毎週水曜0時58分からスタートしています。
おじさまと猫のハートフルストーリー。

この記事では、日比野奏を演じる平山浩行さんについて解説していきます!

roni
roni
マンガでも読みましたが、ドラマにはドラマの良さがありますね!

平山浩行さん演じる日比野奏役はどんな役?

おじさまと猫【ドラマ公式】さんのインスタグラム写真 - (おじさまと猫【ドラマ公式】Instagram)「#おじさまと猫 🌟 / #Paravi にて6話の独占先行配信が スタートしました📱💓 \ ついに、日比野奏役 #平山浩行 さんが登場です🎊 神田(#草刈正雄 )と出会うのか…? 出会わ ...引用:「おじさまと猫」公式インスタグラム

日比野奏はどんなキャラ?

日比野奏は神田をライバル視している著名なピアニスト。
神田の才能と技術に嫉妬していますが、あることがきっかけで神田と再会することになります。

今回演じた日比野奏について、平山浩行さんは「自分とは正反対の人物」と話しています。実は平山浩行さんはピアノもギターも今回初めての挑戦だったそう。

以前映画「臨場 劇場版」に出演した際も「とにかく挑戦することが好きなんです」とインタビューに答えていました。

初めてのことにも果敢に挑戦していく平山浩行さんの人柄がわかります。

roni
roni
ドラマでは堂々と演奏されてたので、まさかピアノを触ったことないとは…!驚きでした!

日比野奏役について平山浩行さんのコメント

平山浩行さんは「おじさまと猫」の台本を読んで「コメディー要素が強くそれぞれの役柄がとても個性的で面白い」と話してました。

非常にプライドが強く、繊細な印象を受けました。心の声が非常に素直で、演技中に顔に出てしまわないかとハラハラさせられましたし、二面性があるのが、もしかしたらリアルなのかもしれません。

役中での神田さんと日比野の関係性は、神田さんから受ける優しさが常に感じられました。猫にも人にも伝わる温厚さが日比野の隙間を埋めてくれたんだと思います。撮影中は、モフモフするシーンが印象的でした。ほんと皆さん個性的で突っ込み所満載でしたので、それぞれがいいスパイスでした。

引用:テレビ東京ホームページ

 

roni
roni
神田さんと日比野さんの出会いのシーンはとっても印象的でした!

平山浩行さんの日比野響役がTwitterで話題に

 

日比野奏の個性的なシーンや、平山浩行さんの演技力について話題になっています。

roni
roni
私も日比野奏のシーンでフフッと笑ってしまいました

ドラマ「おじさまと猫」のあらすじ

妻に先立たれて以来、ふさぎこんだ日々を送っていた世界的有名ピアニスト・神田冬樹。そんな神田がある日、ペットショップで売れ残っていたブサ猫のふくまると出会う。動物が苦手にも関わらず、一目で惹かれてしまった神田は、思わず「この猫をください」と告げる。神田にとってふくまるとの生活は驚きの連続だったが、次第に笑顔を取り戻していく…。
愛されることを諦めていた猫と、孤独だったおじさまの心温まる日々を紡いだハートフルストーリー。言葉は通じなくともお互いを想い合う一人と一匹に時に癒され、時に涙すること間違いなしの作品です!

引用:公式HP

日比野奏役の平山浩行さんプロフィール

引用:PINUPSホームページ

ドラマ「おじさまと猫」日比野奏役平山浩行さんのプロフィールを紹介します。

気になるのは趣味の陶芸!

家では自分で作った御猪口と徳利で晩酌をしているそう。
お酒好きということなので、自分の作ったお猪口で飲むお酒は格別なんでしょうね。

陶芸や料理といったアート系の趣味が多いのかと思いきや、オフの日には自転車で近所を走ったりもするそうです。
仕事の現場にも近ければ自転車で行ったりするとのことで、身体を動かすのも好きなんですね。

roni
roni
陶芸が趣味だなんて渋い!

平山浩行さんの出演作品

引用:テレビ東京ホームページ

平山浩行さんは中学生のころから「役者になりたい」と思っていたとのこと。
その後、高校を卒業して上京。
バーテンダーのアルバイトをしながら、役者になるのを夢見ていました。

バーテンダーをしていたお店はとんねるずの石橋さんがよく通っていたお店なんだとか。

平山浩行さんの転機は2003年のドラマ「高原へいらっしゃい」のオーディション。
その合格が芸能界デビューへのきっかけとなりました。

実はこれでもまだほんの一部なんです。
ほかの作品もチェックしてみてくださいね。

TBS「碌山の恋」で演じた、明治時代の日本を代表する彫刻家・荻原碌山。
女性プロデューサーが「平山くんの大きな手で粘土をこねてほしい」と惚れ込んでのキャスティングというのも、ファンの間では有名な話です。

一気に平山浩行さんの名前が広がったのはやはり2007年のCM「チオビタドリンク」ですね。
さわやかな平山浩行さんがとても印象的です。

平山浩行さんのまとめ

今回はドラマ「おじさまと猫」で日比野奏役の平山浩行さんについて詳しく解説してきました。

平山浩行さんってこんな人
  • 高校卒業後に上京してバーテンダーへ
  • チオビタドリンクのCMで話題に
  • 趣味は陶芸
  • お酒が趣味で御猪口・徳利はこだわりの手作り

現在放送中のドラマ「おじさまと猫」ですが、ほかにも個性豊かなキャラクターがたくさん出演されています。

これからどんなお話になっていくのか?
注目せずにはいられません!