テレビ朝日のドラマ

ドラマ痴情の接吻|柏木和華役、中村ゆりかの濃厚ラブシーンに注目!

ドラマ『痴情の接吻』(テレビ朝日)は、ヒロイン・柏木和華(中村ゆりか)と主人公・上条忍の刺激的なラブシーンが注目されています!

この記事では、人気女優・中村ゆりかさんと、演じているヒロイン・柏木和華という役について紹介します。
図書館で司書として働く柏木和華を演じる中村ゆりかさん。
どんな風に演じるのかも気になるところです…

roni
roni
セクシーな演技が魅力的な中村ゆりかさんのプロフィールや今回のドラマの役柄見どころについてまとめてみました!

ドラマ【痴情の接吻】中村ゆりかさん演じる柏木和華はどんな役?

引用:朝日放送テレビ公式サイト
柏木和華とは?

主人公・上条の高校時代の同級生。
今は曙市立森の図書館の司書として働いています。
本が大好きで、恋愛より本が大事だというほどの読書愛好家。
和華が恋愛が苦手になってしまったのは、過去のとあるトラウマのせいなんだとか。

ドラマのタイトルからは想像できないくらい真面目な役柄ですね(笑)
恋愛より本が好きな柏木がどのように恋愛に興味を持ち、主人公・上条と関わっていくのか…
楽しみですね!

柏木和華役について中村ゆりかさんのコメント

ドラマ『痴情の接吻』への出演が決まったときの感想
まずタイトルのインパクトに加え、ストーリーが刺激的で驚きました!
以前お世話になったスタッフの方々と、またご一緒させていただけるということでとても心強く、嬉しかったです。

原作を読んだ印象
とても色っぽい描写が多いので、照れてしまいました。
とにかく上条の柔らかな佇まいと、女心をくすぐる甘さが本当に魅力的で、目が離せませんでした。

今回演じる役どころについて
恋愛に興味がなく、何よりも本を愛している女の子です。
最初は上条からのアプローチをさらっとかわしているのですが、まっすぐに好意を寄せてくれる姿に翻弄されていくところも楽しみにしていてください。

上条忍役・橋本良亮さんの印象
初めてお会いした時、声のトーンが柔らかくて素敵な印象を持ちました。
冒頭のシーンで上条のモノローグがあるのですが、橋本さんが台詞を言葉にした際に、監督も上条に見えてきた!と仰っていました。

視聴者へのメッセージ
普段連想するラブストーリーから外れたどこか危うい感覚を皆さんにも感じてもらいたいです。
スタッフ、共演者のみなさんと力を合わせて、素敵なドラマを届けられるように頑張ります。

引用:朝日放送テレビ公式サイト

中村ゆりかさんの演技と言えば、ドラマ『ギルティ』を思い出す方が多いのでは。
可愛い声と顔なのに悪女というホラー感がすごい役を演じていました。
その印象が強いためか、どうしても悪女に見えちゃう…(笑)

roni
roni
今回は図書館司書役なので、悪女ではなさそうです。
『ギルティ』とは違った、中村ゆりかさんの新たな一面にも注目ですね♪

中村ゆりかさん演じる柏木和華、Twitterでの反響は?

今回のドラマでは、タイトルにもあるようにキスシーンが多いみたい。
色っぽいシーンが多いと観ながらドキドキしちゃいますよね(笑)

柔らかい声と完璧なスタイルと美貌を持ち合わせている中村ゆりかさん。
一度観たら印象に残る女優さんです!

やっぱり『ギルティ』で中村ゆりかさんを知った人が多いみたいです。

roni
roni
個人的にもギルティの悪女が印象的です
痴情の接吻も楽しみ♪

中村ゆりかさんってどんな人?

中村ゆりかのプロフィール

生年月日:1997年3月4日
出身地:神奈川県
特技:フィギュアスケート、中国語
事務所:スターダストプロモーション

父親が日本人、母親が台湾人のハーフ。

何といっても若い!!(笑)
1997年生まれってことは2021年の現在は24歳です。

大人な雰囲気をもっているので、こんな若いとは思いませんでした…。

中村ゆりかさんがハーフっぽい顔立ちたなと感じた方も多いと思いますが、
父親が日本人、母親が台湾人のハーフだそうです。

特技が中国語だそうですが、母親とは中国語で話すそうです。
中国語も話せると、演技の幅も広がりそうですね!

また、中学生の時に渋谷でスカウトされたことがきっかけで芸能界入りしたそうです。
2017年注目の美女8人を特集する週刊プレイボーイ『スゴカワ2017』に選ばれ、有名になりましたよね!

中村ゆりかさんの主な出演作品

引用:なかむらゆりか公式サイト

▼映画
2018年「ラーメン食いてぇ!」主演
2019年「失敗人間ヒトシジユニア」
2019年「映画 賭ケグルイ」
2021年「地獄の花園」
2021年「映画 賭ケグルイ絶体絶命ロシアンルーレット」

▼ドラマ
2015年「連続テレビ小説 まれ」
2018年「賭ケグルイ」
2019年「きのう何食べた?」
2020年「女子高生の無駄づかい」
2020年「ギルティ~この恋は罪ですか?~」
2021年「エージェントファミリー~我が家の特殊任務~」主演

ドラマ【痴情の接吻】あらすじ

ドラマ【痴情の接吻】は、7月放送開始です。
このドラマのあらすじ、相関図と見どころを紹介します!

ドラマ【痴情の接吻】のあらすじ

柏木和華(中村ゆりか)が働く図書館に、ある日、高校の同級生で10年ぶりにドイツから帰国した上条忍(橋本良亮/A.B.C-Z)が現れる。忍が両親の都合で渡独して以来の再会だったが、和華にはまるで感動がなかった。むしろ、その脳裏には、高校の図書室で忍からいきなりキスされた時のトラウマが蘇っていた…。

そんな和華の気持ちを知ってか知らずか、帰国したての忍は和華を不動産探しに付き合わせる。折しも、両親が海外移住を決めたことで、実家を出なければならなくなった和華も、大量の本とともに移り住める手頃な物件探しの真っ最中。条件に合う部屋が見つからず困っていたが、そんな和華に忍は、間取りも家賃も完璧な物件を提示し同居を提案してくる!

浅はかと思いつつも因縁の男との同居をスタートさせる和華。その初日、早くも忍の唇が和華の唇に…!?
引用:朝日放送テレビ公式サイト

ドラマ【痴情の接吻】相関図

主人公を取り巻く登場人物を相関図で紹介します!

引用:朝日放送テレビ公式サイト

まるで官能小説のような刺激的で美しいラブストーリー!


主演は、橋本良亮さん演じる“ミステリアスなハイスペック男”上条忍です。
中村ゆりかさん演じる柏木和華とは高校の同級生。
高校時代上条は、両親の転勤でドイツに引っ越します。

そして10年の時が経ち…
10年ぶりに帰国した上条は、突然和華の前に現れます!

再会した2人は、純文学をモチーフとした刺激的なラブシーンが多いみたい。
どんな物語がモチーフになって話が進んでいくのか見どころですね!

まとめ

この記事では、ドラマ【痴情の接吻】に登場する図書館司書・柏木和華と、彼女を演じる中村ゆりかさんについて紹介しました!

中村ゆりかさんってこんな人!
  • 1997年3月4日生まれ
  • 中国人の母親と日本人の父親のハーフ
  • 中国語も話せるバイリンガル
  • 艶やかな声と美貌を持ち合わせる今後大注目の女優さん!

『ギルティ』では、怖すぎるほどの悪女を演じ、注目を集めた中村ゆりかさん。
今回は、かなりラブシーンが多いようですが、また新しい中村さんの一面をみられそうですね!
中村ゆりかさんの今後の活躍に目が離せません!