テレビ朝日のドラマ

家政夫のミタゾノ4|8話(最終話)のネタバレや感想、無料動画を視聴する方法

2020年7月24日に、家政夫のミタゾノ4の最終話となる第8話が放送されました。
ついに4シーズン目の最終回を迎え、ミタゾノの秘密が明らかになる注目の回でもありますね。

roni
roni
今回の記事では、家政夫のミタゾノ4の8話(最終話)のあらすじとネタバレ、感想を紹介していきます

家政夫のミタゾノ4 8話(最終話)のあらすじ

女性市長・飯塚麻由子が公費で沖縄旅行に出かけていたこと、そしてそれが“不倫旅行”だったこと、さらには高校生の隠し子がいることまでもが次々とSNSで暴露される。「ジャスティスママ」なるアカウントでネットに情報を書き込み続ける“鬼女”によって、市長は辞職に追い込まれることに…。
そんな中、三田園薫(松岡昌宏)と霧島舞(飯豊まりえ)は、最初に市長のスキャンダルをスクープした毎朝新聞の記者・春日良一(戸田昌宏)の家に派遣される。妻の虹子(杉田かおる)、娘の真冬の3人が暮らす春日家は一見普通の家庭に見えたが、実は虹子こそが鬼女・ジャスティスママの正体。しかしその事実は、夫の良一も娘の真冬も知らない様子だった。
その矢先、テレビのワイドショーで人気のイケメンコメンテーター・ジェームス神山が、良一のスクープ記事はヤラセのデマ記事だったのでは、と発言。それが大きな波紋を呼び、良一は会社で対応に追われることになる。

この発言のせいで良一に災難が降りかかったと感じた虹子は、ジェームス神山の素性を洗い始める。
しかしようやく見つけたSNSの裏アカウントの情報を拡散しようとしたところを、三田園たちに見つかってしまう虹子。「夫と娘にはジャスティスママであることは言わないでほしい」と頼む虹子は、依頼する前に調べたという、むすび家政婦紹介所の家政婦たちの秘密が入ったUSBメモリの存在をチラつかせ…?

やがて真冬が“パパ活”をしているのでは、という疑惑が浮上。USBメモリをエサに三田園に真冬の周辺を調べさせた虹子は、家族を守るため、ある手段に出る!

虹子が持つUSBには三田園の知られざる秘密も…! 最“恐”家政夫を怯えさせる恐怖の真実とは…!?

引用元:家政夫のミタゾノ4 テレビ朝日系 イントロダクション引用

roni
roni
SNSという現代社会の問題をミタゾノさんはどう解決するのでしょうか!

家政夫のミタゾノ4 8話(最終話)のネタバレと感想

mitazno4-8wa引用元:家政夫のミタゾノ公式サイト

家政夫のミタゾノ4 8話(最終話)のネタバレと感想になります。
ミタゾノさんの秘密がとても気になるところですね!

娘に疑惑が…家族を守らなければ【ここからネタバレ】

虹子に、家政婦紹介所メンバーの秘密が入ったUSBで脅され怯えるミタゾノたち。

そんなやりとりのなか、ニュースを見て部屋に戻ってしまった娘・真冬(森田相)の友人であるひとみ(五島百花)が心配して家にやってきます。

真冬を学校に行こうと元気づけ、ミタゾノが学校カバンを渡そうとしたところ転んでしまいカバンの中身がぶちまけられます。

みんなで中身を拾い集めてると、虹子が蜂のマークの怪しいポイントカードを見つけます。

それをみた真冬は慌ててポイントカードを奪うと、そそくさと家を出ていくのです。

ジェームズ神山(とろサーモン村田)の炎上している投稿を楽しみながら見ていた虹子は、「ラブホに一緒にいたのは女子高生と判明!パパ活か!?」という投稿を見つけます。

炎上写真の鏡に映っている制服姿の女性が、真冬が通っている学校の制服と同じことに気付き、さらにラブホのマークが先ほど見た娘のポイントカードと同じ蜂のマークということに気付くのです。

慌てて真冬の部屋に行き机の中を漁ると、名刺ケースを見つけます。

ケースの中には娘の写真が印字された名刺があり、その裏には「その気になったらいつでも連絡ください♡」のメッセージが。

一緒にあった3万円も入っている白い封筒に「歩別TF春日真冬」というパパ活での隠語が書かれているのを見てしまうのです。

真冬のことを調べてほしいとお願いしますが、断ろうとするミタゾノにすかさず秘密の入ったUSBを見せつける虹子。

ミタゾノは「承知いたしました」と引き受けるのでした。
場面は変わり、真冬が男とラブホから出てくるところに出くわすミタゾノ。

真冬はお父さんとお母さんには言わないでとお願いし、ミタゾノは守秘義務があるからと約束するのでした。

夜ご飯の時間、ネットで叩かれているジェームズ神山のことを気にする真冬に、調べられたら困ることでもあるのかと問います。

そんなのあるわけない!と真冬はごまかします。

虹子はホラッターで学校まで特定されていることを知り、家族を守らないとと思い詰めます。

そこで真冬の友達のひとみのホラッターをみつけ、罪をなすりつけるためにジャスティスママのアカウントでパパ活女子高生はひとみだと投稿するのです。

それを見ていたミタゾノにとある写真をミタゾノに突き付けて、ばらまかれたくなかったらわかってるわよね?と脅し、とても怯えるミタゾノ。

その夜、春日家では石を投げられて窓ガラスを割られるという事件が起きます。
石を包んでいた紙には「嘘つき」と書かれていました。

虹子がスマホをみると、私刑執行人というアカウントがジャスティスママがデマを流している、特定したから家を晒すという投稿をしていて虹子は焦ります。

そして真冬が警察を呼ぼうとするのを虹子と一緒になぜか良一も必死に止めようとします。

roni
roni
夫の良一までも一緒に止めようとするのが怪しいですね…。

いよいよミタゾノの秘密が暴かれる

mitazno4-8wa2引用元:家政夫のミタゾノ公式サイト

翌朝、警戒する春日家。
おびえていると、覆面をかぶった侵入者が入ってきました。

逃げようとする侵入者をミタゾノが一撃!倒れこんだところ覆面を外すと、真冬の友達のひとみだったのです。

ひとみは本当にジェームス神山とパパ活をしており、真冬が裏切ってホラッターにつぶやいたと思い込んでいましたが、真冬は自分はジャスティスママじゃないと否定します。

2人が言い合っているなか虹子宛てに荷物が届き、ミタゾノは「送り主は株式会社ホラッターからと書いてあります。」と言ってしまいます。

慌てた虹子はこんな淫乱家政婦の言うことなんかみんな信用しちゃダメよ!と叫び、ミタゾノを脅していた秘密の写真を見せつけるのです。

それは…ミタゾノと謎の男性(後ろ姿)のキス写真!!!!

「いやぁあーーー!!オーマイガー!」と叫ぶミタゾノ。
そんなやり取りをしている後ろで虹子宛ての荷物を開けていた良一と真冬たちは、

フォロワー300万人突破 おめでとうございます ジャスティスママ様

と書かれたトロフィーを見てしまうのです。

roni
roni
ミタゾノさんの秘密がキス写真がだったとは驚きですね。この男性は一体誰なんでしょう??

春日家の真実がついに明るみに

正体がバレた虹子にひとみと良一は非難します。
良一が怒鳴ったところでテレビがついて、元市長の映像が流れ始めます。

市長の映像では良一が副市長と賭け将棋でネタをつかんでいたという不正映像を流すのです。

言い合う良一と虹子ですが、虹子に石を投げ込まれたときに警察沙汰にしなかったのはやましいことがあったからだと責められた良一が

ひとみに対して「君がうちに石なんて投げるからだ!」と責任転嫁します。
するとひとみは「なんですか石って!?」と驚きます。

石を投げたのはひとみではなかったのです。
突然、覆面男が現れて虹子にナイフを向けて襲ってきます。

虹子の前に立ち盾になるミタゾノ。

誰もが、刺された!!!と思った瞬間に、ミタゾノは指先だけでナイフを止め、刃先まで折ってしまいました。

逃げる男をすかさず追いかけて、冷静にラリアットをかまします。
そして覆面を外した顔を見たみんなは「…誰?」となるのですが、

虹子は以前に飯塚麻由子元市長の秘密をSNSで投稿したときの、隠し子であるS君、「さとうひろし」だということに気付きます。

しかし男は、隠し子と同姓同名なだけで別人だったのです。

ジャスティスママが写真をネットで晒したせいで、転校する羽目になり彼女にも振られて逆恨みしていたのでした。

人違いをしていた虹子はちゃんと調べて書いたと言いますが、真冬がこの人は隠し子じゃないと言います。

どうして真冬が?と問う虹子の前に東峰女学院新聞がばらまかれます。
新聞の一面には飯塚麻由子の本当の隠し子に独占インタビューの見出しがありました。

この記事を書いたのは新聞部副部長である真冬だったのでした。

本当の隠し子のさとうひろしはラブホテルで働いていて、そこで真冬が新聞部として取材をしていたというのがポイントカードの真実でした。

封筒の3万円は先生から預かった取材費で、TFは東峰女学院新聞部 副部長の頭文字で、歩別は交通費別、という意味だそうです。

ちなみに、名刺の裏の「その気になったらいつでも連絡ください♡」は、取材を受ける気になったらという意味でした。

真冬は、これうちのスクープだからどこにもすっぱ抜かれたくなかったという理由で内緒にしていたのです。

記事に対してそこまで本気だったことを言わなかったのも、勉強の邪魔だと言われたくなかったからでした。

これからも自分の目で確かめたことを自分の名前で堂々と発表したい。お母さんみたいにはなりたくないと真冬は言います。

さらに、自分の目で確かめもしないでネットの情報を信じて安全な場所から匿名で他人を攻撃して卑怯だと言います。

そしてなんと、今までのやり取りがすべてライブ配信でネットに流されていたのです!
しかし虹子は動じず、今までの行いを反省してみんなに対して謝ります。

真冬も良一も虹子に対していままでのことを謝罪します。
こうして春日家の絆は深まるのでした。

その後、良一は記者をやめて本を出版します。真冬は新聞コンクールで優勝し、虹子は真冬の新聞部にアドバイザーとして加わります。

元市長も隠し子との交友を堂々とホラッターに投稿し、ジェームズ神山は出家したのでした。

roni
roni
SNSの問題は実際に社会問題になってますね。自分の目で確かめもせず安全なところから攻撃するのは卑怯という言葉が胸に刺さります。

【注目】今週のお役立ち情報!

物語のなかで紹介されていた、家事テク情報が3つほどありましたので覚えておくと便利かもしれませんね!

  • お弁当に入っている煮物の汁がこぼれない対策!

煮物など水分の多いものをお弁当に入れるときには、おかずカップの底にちぎった「お麩」を入れるとよいです。

食べるころには底に敷いたお麩が煮汁を吸い込み、汁がこぼれることはないそうです。

  • コンロの油汚れを取る方法

油汚れにビールをかけて10分ほどおいて拭くと綺麗になります。
アルコールが界面活性剤と同じ役割をしてくれているらしいです。

  • 部屋の臭いを取る方法

部屋の消臭効果を高めるには家電などのプラスティックの表面を水拭きするとよいです。

臭いの元として布に目が行きがちですが、テレビや冷蔵庫、空気清浄機などつるつるのプラスティックの表面にも臭いはたまっているらしいですよ。

家政婦のミタゾノ4 8話(最終話)みんなの感想

roni
roni
今シーズンはコロナの影響で話数も少なくなってしまいさびしいですね。
また次回シーズンがあることを期待しています!
家政夫のミタゾノ、メッセージ性が強い最終回。誹謗中傷とかタイムリーなことを取り上げてて、視聴者にとって考えさせられる回でよかったな。
杉田かおるの演技が本格的すぎて作品全体のクオリティがめっちゃ上がってるのウケるな
回数少なかったのが残念、次シーズンあれば楽しみにしてます。

8話(最終話)ツイッターの感想

家政夫のミタゾノ4 8話(最終話)の見どころまとめ

kaefunomitdazonomatome引用元:家政夫のミタゾノ公式サイト

  • ジャスティスママ役の杉田かおるの演技
  • 真冬のパパ活疑惑
  • ミタゾノが動揺していた秘密の写真
  • 覆面男を追いかけるミタゾノ
  • SNSの炎上や特定の恐ろしさ
  • むすび家政婦紹介所メンバーの秘密