テレビ朝日のドラマ

【未解決の女2】第5話のネタバレや感想、無料動画を観る方法

2020年9月3日に未解決の女2第5話が放送されました。

第5話では『銀行立てこもり事件』が発生します。
12年前に起きた若麦奈津殺害事件を巡って、新たな事件が発生。

朋たちは文字の力を借りながら、事件の真相に迫ります。
エンケンさんの活躍にも期待です!
ゲスト出演として佐久間由衣さん、矢野聖人さん、落合モトキさんが出演されました。

roni
roni
今回はエンケンさん演じる草加刑事が大活躍する回です。楽しみ!
それでは、未解決の女2の第5話のあらすじとネタバレ、感想を紹介していきます。

未解決の女2 第5話のあらすじとネタバレ

《第5話あらすじ》

閉店間際の銀行に3人組の男が押し入り、立てこもった。しかも人質の中には、「特命捜査対策室」第6係の刑事・草加慎司(遠藤憲一)の娘で、3年前に妻と共に家を出ていった草加美里(佐久間由衣)がいた上に、なぜか犯人は「草加という刑事に電話させろ」と警察に要求してきたのだ。そんな中、防犯カメラ映像で、漢数字の「三」が書かれた紙を持たされる美里と、犯人の一人の顔を確認した草加は息をのむ。その男はある未解決事件の捜査で出会った河本直也(矢野聖人)だったからだ!

 草加が担当した未解決事件とは12年前、専門学校生・麦野奈津(水谷果穂)が帰宅途中に刺殺され、地面にダイイングメッセージともとれる漢数字「三」の文字が書き残されていた事件。しかし、奈津に当時つきまとい、漢数字「三」が名前に入っていることから真っ先に容疑がかかった大学生・三田良平(佐藤祐基)のアリバイは完璧…。奈津の父が経営する児童養護施設で育った直也から、必ず犯人を捕まえてほしいと懇願された草加は逮捕を誓ったが、必死の捜査もむなしく三田のアリバイは崩せず、他に犯人も特定できず仕舞いだった――。

 草加は立てこもり犯の指示に従い、すぐさま電話。すると、直也は人質の命を盾に取り、約18時間後の翌朝10時までに奈津を殺した犯人を捕まえるよう要求する。自分のせいで起こった事件だと、自責の念に駆られる草加。だが、人質の家族は捜査に直接関われないため、自らの手で決着をつけることはできず…。

 まもなく直也以外の立てこもり犯は、同じ児童養護施設で育った高村青斗(落合モトキ)と竜崎健一(山根和馬)で、3人とも奈津と仲が良かったことが判明する。さらに矢代朋(波瑠)は、12年前の事件当日、直也の施設卒業を祝う会のために奈津が用意した寄せ書きを入手。そこに書かれた「麦」の文字に、文書捜査のエキスパート・鳴海理沙(鈴木京香)は引っかかり…。

 その矢先、人質の一人が持病を発症。直也は急病人と交換する人質として、理沙を指名する! 覚悟を決めた理沙は、朋と草加に“ある文書”にも違和感があったと告げ、銀行へ入っていくが…!?

引用:テレビ朝日【未解決の女2】公式サイト

roni
roni
朋や第6係のメンバーは今回も、文字から未解決事件をすっきりと解決できるのでしょうか。
草加の娘、美里の運命はいかに…?!
ここから先はネタバレを含みます。まだご覧になっていない方は、閲覧にご注意下さい。

12年前に起きた麦野奈津殺害事件(ここからネタバレ)

2008年、春に起きた出来事。
児童養護施設、麦野学園では河本直也の卒園パーティーが開かれていました。

「お前もいよいよ俺らの仲間入りか」と嬉しそうに言う竜崎健一と高村青斗。
ふたりは麦野学園の卒園生であり、直也とは兄弟同然に過ごしてきました。

「直也まで卒園したらさみしくなるって、奈津と話していたんだ」と話す園長。
娘の奈津も3人とは年が近く、3人と仲が良かったようです。

その奈津はまだアルバイトから帰ってきていませんが、もう少しで帰ってくるだろうと、一行は先に乾杯をします。
「直也の未来に乾杯!」

一方その頃…。

奈津はアルバイトからの帰宅途中の公園で、何者かに殺害されてしまうのです。
死因は出血性ショック死、地面にはダイイングメッセージとも取れる、漢数字の『三』の文字が残っていました。

当時捜査を担当したのは、品川西署刑事課強行犯所属の草加警部補。

容疑者は同じアルバイト先の店員、三田良平が捜査線上に浮上。
しかし、三田は映画を見ていたというアリバイが立証されていたのでした。

草加に対し、犯人はまだ捕まらないのかと掴みかかりそうになる健一。
直也は草加の前に跪いて、犯人を見つけてほしいと懇願します。
泣き崩れながら頼む直也に続く健一と青斗。

草加は3人に「わかった。必ず逮捕する」と約束を交わします。
しかし、その後も新たな被疑者は特定できず、その事件の歯車は止まったまま…。

roni
roni
ダイイングメッセージの『三』この文字に隠された本当の意味は…?
草加さん、強行犯にいた経歴をお持ちなのですね!

銀行強盗事件勃発!

あれから12年が経ち2020年。
いつものごとく倉庫で戯れる朋ら6係の面。
独り身の草加を心配して人間ドックの結果で大騒ぎです。

以前朋は桑部から、草加には奥さんと娘さんがいて、仕事に没頭しているうちに家を出てしまったことを聞いていました。

一方そのとき、ある事件が発生していました。
場所はあおい銀行東日野支店。

15時になるため警備員が施錠しようとすると、黒づくめの3人組が銀行内へ侵入。
窓口の女性にバックの中に3億詰めろと脅します。

銀行の職員がこの規模の小さい支店に3億円はないと答えると、うろたえる犯人。
犯人グループのうちの一人が、3億円あるという情報が適当だったと暴露し、仲間割れを始めます。

その隙を見計らってデスクの下の防犯ブザーを押そうとする女性行員に気が付き、適当な情報を言ったという犯人が駆け寄ります。

犯人はかぶっていた目出し帽を取ってその女性をじっくりと覗き込み、
「あんたか。お父さんと似てないね。

roni
roni
あんたかってどういうこと?!?!
草加さんがバツイチだったとは、知りませんでした…

人質の中にいたのは?犯人の本当の要求とは。

午後4:15のこと。
あおい銀行の前に警察車両が次々と到着。
向かいの建物には、立てこもり事件の現場指揮本部が設置されました。

桑部のもとに、岡部から情報が入ります。

「犯人は3人組、銀行強盗を試みて失敗。
人質は客4名、支店長をはじめ職員・警備員で8名、それから…」

情報を聞いた桑部は、6係 草加に連絡します。

「お嬢さんの名前は、草加美里さんで間違いありませんね?」

そうです、犯人が初めに話しかけた女性の職員、それが草加の娘である美里でした。
犯人は草加と電話をさせろとしつこく要求してきているようです。

防犯カメラの映像には、文字が書かれたスケッチブックを持った美里が映ります。
漢数字の三に見えるわ…」

食い入るようにその映像を見る6係のメンバー。
そして、防犯カメラに映る犯人を見て、草加は12年前の事件を思い出します。

草加は電話で犯人である直也と話します。
犯人からの要求は、美里を含めた人質の命と引き換えに、12年前の事件の犯人を捕まえてほしいというのもでした。

この時午後4:40。
タイムリミットは明日の朝10時。
どう考えても無茶な要求です…

草加が制止しようとすると、「こっちは12年も待ってるんだぞ!」と逆上する直也。

roni
roni
大拙な人を殺した犯人の逮捕を12年も待ってたのか…
と思うと、逆上する直也の気持ちも察さずにはいられませんね…

麦野奈津殺害事件の再捜査が開始

当時被疑者として挙がったのは【三田良平】。
三田は事件の1年前から麦野奈津にしつこく付きまとい、警察から奈津に近づかないよう警告が出されていたようです。

しかし、三田は殺害推定時刻にアリバイが成立…。
事件現場から13㎞離れた映画館で複数の目撃情報があり、さらに来場者アンケートまで記入していたというのです。

古賀は一刻も早く12年前の犯人を特定することが、アピールチャンス…いえ、使命だとし、特命捜査対策室の面々は急いで捜査に向かいます。

一方現場指揮本部にいる草加のもとには、元妻から電話が入ります。
「美里を助けて。おねがい。」

口下手な草加は「わかってる」とだけ返事をし電話を切り、どこかに向かおうとします。
その草加を止めたのが国木田。
人質の家族は捜査に加われないことを釘をさします。

「わかってるけど、俺は12年前の約束を守れなかった。すべて俺のせいだ。」

roni
roni
口下手で責任感の強い草加さん…
12年前の事件の犯人は捕まるでしょうか?

鳴海の大好物、証拠品の寄せ書き

6係では鳴海が12年前の事件の証拠品の中から寄せ書きの色紙を見つけていました。
直也の施設卒園のお祝いで麦野奈津が用意していた色紙です。

色紙を凝視する鳴海。
手書き文字がいっぱいの証拠品は、鳴海の大好物です。

そんな鳴海に対して、朋はストーカーだった三田に対して不信感を持ち、三田のアンケートの文字から何かわかることはないか尋ねます。

鳴海は朋の質問に反応をせず、色紙を持ったまま不可解なダンス…。
「ちょっと、麦っていう文字を書いてもらえる?」

roni
roni
あれ?鳴海先輩の最後の表情、こころなしか生き生きとし始めたかな?!

鳴海が人質に

午後5:56
銀行の中では、持病のため息苦しそうにする高齢の女性客。
直也はその様子を見て人質の交換を提案します。

その頃6係では。

「この字…!」
鳴海が三田のアンケートを見て何かひらめいた様子。

そこへ、古賀と宗像が入ってきます。
重要な任務として、急病人の代わりなる人質として鳴海を指定してきたことを告げられます。

午後7:20。
最後まで人質になるのを嫌がる鳴海。

朋は鳴海に人質の極意を伝えようとします。
一度はその申し出を突き返した鳴海ですが、仕方ないから一応聞く、と不安な表情を隠すかのように気丈にふるまいます。

草加が心配して鳴海を止めますが、この時も「大丈夫」と意地を張って…。

roni
roni
鳴海先輩、いくら任務だとしても、本当に人質が嫌なんでしょうね…
銀行に入る前に「三田の文字にも違和感があった」と話し始めていたけど、何のことでしょう?

三田のアリバイ

午後8:30。
夜道を走る朋と草加。

朋が鳴海の言っていたことを話します。

「文字の意味と筆跡がちぐはぐだったの。
美しいとか、壮大だという言葉とは裏腹に、ひどく攻撃的、今すぐここから立ち去りたいとでもいうようなコネクトが突出してた。」

相変わらずかなりのこじつけです。
しかし証拠品としては完璧。
アリバイが完璧すぎることにも違和感を持った鳴海は朋に、ある助言をしていました。

「もしかしてその彼、何かトリックでもつかった?例えば…替え玉とか。

朋と草加は、検証に向かっていたのでした。
映画館についた二人は早速検証を始めます。

三田は12年前、チケットを発行した後売店でアイスコーヒーを購入。
それを持ったまま、わざと派手に転倒。
目出す格好だったため、居合わせた客や販売員がはっきりと三田の顔を見たと証言。

上映開始後も映画を見ていた複数の客が、映画が始まってすぐ、見たと思われる服装の男が入ってきて、エンドロールが始まるとすぐに出て行った、と証言。

このとき、はっきりと顔を見た者はいませんでした。

つまり、上映直前に三田はあらかじめ頼んでおいた別の男と服や帽子を交換。
替え玉が映画を見ている間に三田は外へ出て、映画館から約40分の公園で麦野奈津をナイフで殺害。

映画の上映時間は1時間55分であり、三田のアリバイは崩れるのでした。

朋は古賀に三田が替え玉を使っていた可能性を電話で連絡します。
古賀からは、三田を探し出すよう命令が出ます。

roni
roni
三田のアリバイが崩れました!
「また何もしてやれなかったら…」と不安げに漏らす草加に対してそっと励ます朋の姿も素敵ですね!

直也が立てこもりをした理由

銀行の中では鳴海が直也と話をします。

単純にお金が欲しくて銀行強盗に入った健一と青斗に対して、直也は初めから12年前の事件を掘り返すつもりで、そのきっかけづくりとして立てこもった直也。

直也は鳴海に自分が首謀者であることを認め、麦野奈津や麦野学園の園長である奈津の父親には恩があることを話します。

「自分たちを育ててくれた先生や奈津のために、奈津を殺した犯人だけはどうしても捕まえてやりたかった」と。

それを聞いた美里は、草加が約束を守れなかったことを謝ります。
さらに「こんなことをしたら…」と宥めようとすると、青斗は天井に向かって発砲します。

直也は先生が末期がんであと何日生きられるかわからない状態と告げます。
「家族を奪われた痛みをあんたの父親にも味わわせてやる…!」

草加は麦野奈津殺害事件の被疑者だった三田良平の自宅を訪れますが、留守。
三田がよく出入りする店にいないか、朋と手分けをして探すこととなりました。

roni
roni
園長先生が末期がんで、あと数日…だからと言ってこんなことをしても、誰も喜ばない!美里の意見に賛成です。

文字の神様降臨?!

時刻は深夜の2時を過ぎ…
健一に付き添われてトイレから戻ってくる鳴海。

美里は鳴海に父のせいで、と謝ります。
そして、刑事の仕事を普通じゃない、といって語り始めたのでした。

捜査となれば何日も署に泊まり込み。
家族が体調を崩しても、何があっても仕事優先。

母が離婚すると言い出した時、美里は草加にやり直せないか聞きましたが、草加は「すまん。」とひとこと言うだけだったと言います。

口下手で草加らしいとどこか誇らしげな鳴海。
今も、美里を助けたい一心で走り回っている、と美里を励まします。

ふと、スケッチブックの『三』の文字をみて何か思い出す鳴海。

やだわ~文字の神様。こんなところで。

roni
roni
え?え?文字の神様降りてきた?!本当に、なんで今、こんなところで…!どうなる今後の展開!

書き順が手がかり?

へい!へい!へい!
捜査本部に挑発的な態度で乗り込んでしたのは古賀。

12年前の事件で、三田が替え玉を頼んでいた男を確保。
その男がすべてを話し、三田のアリバイが崩れたというのです。

古賀の『屈強な部下たち』が三田の確保に向かうと、その店の中では乱闘が…。
三田に殴りかかっていたのは草加でした。

三田の取り調べが始まります。
しかし、三田の話した真実は信じがたいものでした。

12年前、麦野奈津への接近を禁じられていたにもかかわらず、映画館を抜け出し、彼女に会いに行った。
替え玉まで使って会いに行ったのに、自分の目の前で彼女は殺された
あの状況だったら、自分が犯人にされると思い逃げて映画を見ているアリバイで押し通した。

信じられない証言をする三田に対し、またも殴り掛かる勢いで迫る草加。
それを制したのは、朋の「三田の言っていることは本当かも」という一言でした。

朋は、鳴海の言っていたことを思い出して話し始めます。

麦野奈津の書いた『麦』という字は書き順が普通と違う。
普通1画目の横線は2画目の縦に行くために上に上がる。

でも麦野奈津の書いた字は…1画目の線の終わりが左に行こうとしてる。
つまり普通の書き順が『横縦横横』の順で書かれるのに対し、奈津さんは『横横横』と3本横線を引いてから4画目に縦線を引いている。

もし鳴海の言うように、麦野奈津の書き順がその書き方だとしたら、このダイイングメッセージの文字は『三』ではないということになります。

一同はもう一度、証拠写真をじっと見つめ…

roni
roni
え、なになに!最後驚いた顔したけど!何があったの!

12年前の事件の真相は

日が昇り、時刻は午前7時前。
直也たちと話をするため、草加が手錠をして銀行内に入ります。

直也は美里のこめかみに銃口を突き付け、犯人を教えるよう草加に迫ります。

草加は静かに、三田のアリバイが崩れたことから説明を始めました。
同様する直也たち3人。

そして、犯人は三田ではなく別にいることも告げます。
そんなわけないと歯向かう健一と直也。

すると鳴海が、ダイイングメッセージの文字が漢数字の『三』ではなかったと助け舟を出します。

草加は頷き、続けます。
あのダイイングメッセージには、漢数字で『三』と書かれた上に、微かに点があった。
つまり、三と書いた後に縦線を引こうとしていた可能性がある。

鳴海も加勢します。
漢字の構成で横線3本に縦線が入る漢字はたくさんある。
麦、表、毒、責、春…

ここまでいうと直也が何か気づいたように…
「まさか…」

健一と直也の視線の先にいるのは…青斗

青斗は開き直ったかのように、自分が麦野奈津を殺害したことを認めました。
自分が告白をした時には、青斗を兄みたいに思っていた、麦野学園で育った子たちとはみんな家族だと思っていたと断った奈津。

その奈津の好きな人が直也だと気づき、奈津にその怒りをぶつけます。
直也は特別と話す奈津。

「そんなのどこが家族なんだよ!」
怒りが頂点に達した青斗はその場で奈津を刺殺してしまうのでした。

奈津は必死に『青斗』の文字を書こうとしますが、横線を3本書いたところで、力尽きてしまうのでした。

真実を知った直也は青斗に対して怒りをあらわにします。
すると青斗は銃口を直也に向け、発砲。

直也をかばった草加の腕に銃弾が当たります。
青斗が次に鳴海のこめかみに銃口を突き付けたところで…

「先輩!!」
銀行の奥から朋が登場

驚いた青斗が朋に銃口を向けますが、それを蹴り飛ばし正面から入ってきた岡部がキャッチ。
朋は青斗を背負い投げし、確保。
岡部が直也と健一を確保しました。

父親の負傷を心配する美里をなだめ、草加は青斗のもとへ。

謝れ奈津さんに。彼らに。先生に。
お前を家族だと思っていたすべての人たちに謝れ!

泣き崩れる青斗。
麦野学園での楽しかった日々を思い出し、自責の念にかられます。

roni
roni
青斗だったのか!奈津さんの書き順のクセ!
そして、最後の草加さんの言葉、かっこいいいいいい!

いつもの事件後の様子

銀行から出てくる草加親子。
3年ぶりの再会が、こんな事件であったことを草加は謝ります。

捜査本部に母親が来ていることを知った美里は草加も一緒に行こうと誘うが、仕事熱心で口下手な草加はまだ仕事が残っているからと断ります。

朋は鳴海に伝えた人質の極意、トイレにチャンスありの言葉のおかげでどうにか侵入できたと感謝します。

朋が入ってきたとき、一瞬王子様に見えたと話す鳴海。
それに気を良くしてじゃれあう朋。

ふたりの様子を見て微笑みながら、今度食事に行く約束をする草加親子。
娘の前では表情を変えまいと頑張るが、さすがに嬉しさがにじみ出る草加でした。

roni
roni
やっぱり最後のじゃれあいはほっこりしますね。
今回は草加親子のことも描かれていて、さらに温かい気持ちになれました。
仕事熱心なお父さん、かっこいいですね。

未解決の女2 第5話みんなの感想

今回は草加さん回!いや、エンケンさん回!神回でした!こんなお父さん、かっこいいかも…
自分が犯人であることを隠して生きてきた青斗。正直、怖い。振られたからって、殺したらダメでしょう。
最後の鳴海と朋のじゃれあいがやっぱり好き。
草加の娘の美里さん、きっとすごく良い人に育ってるんだろうな。草加さんは家族のためと思って頑張っていたのに、それがすれ違いになっちゃったんだね…切ない。

第5話 Twitterの感想

roni
roni
第5話も盛り上がっていましたよ!

未解決の女2 第5話みどころまとめ

  • 12年前の麦野奈津殺害事件がすべての始まり
  • そのころ草加は強行犯にいた
  • 口下手な草加だけど、家族を思う気持ちは強かった
  • 犯人のことまでも大切にしちゃう草加さん
  • 告白して振られたからって殺しちゃだめだろう
  • 犯人3人の顔がかっこいいと話題
  • 人質の極意、トイレにチャンスあり
  • ホルスと魔女のじゃれあいはやっぱり最高
roni
roni
今回は草加さんの過去もわかる回とされていました。
普段から口下手な草加さんですが、家族にもそうだったなんて…切ないですね。
漢数字の三がつく名前の男がちょうどストーカーだったのが、事件解決を遅らせた要因でしたね…
6話から最終章に入るようです。期待しましょう。

未解決の女2 第5話を無料で観る方法

未解決の女season2 第4話を無料で視聴する方法を解説します。
放送終了後から1週間であれば、TVer・アベマテレビで無料で観られます。

また、TERASAでは30日間無料で全話の配信がみられるようです。

TERASA

詳細は、公式サイトからご確認いただけます。

テレビ朝日【未解決の女】公式サイト