テレビ朝日のドラマ

【未解決の女2】第4話のネタバレや感想、無料動画を観る方法

未解決の女season2の第4話が、2020年8月27日に放送されました。

未解決の女は、凶悪事件の時効廃止に伴い作られた警視庁特命捜査対策室の『6係』が舞台です。
文字から真実を導きだし、未解決事件に挑む刑事たちの物語。

第4話のタイトルは『将棋編』です。

ゲスト出演には、永井大さん、久保田紗友さん、小野武彦さんが出演されました。

roni
roni

それでは、未解決の女season2の第3話のあらすじとネタバレ、感想を紹介していきます。

未解決の女season2 第4話のあらすじとネタバレ

今回のお話は、17年前に起きた

《第4話あらすじ》

 5年前の未解決事件で何者かに殺された棋士・「居飛車のプリンス」こと佐田貴雄(足立理)の娘・彩子(久保田紗友)が、亡き父の後援会長だった外食チェーンの経営者・山井英俊(長谷川初範)と共に、警視庁の相談窓口にやって来た。なんでも今になって突然、佐田が殺された際に盗まれた将棋駒がネットオークションに出品され、1週間も経たぬうちに出品が取り消されるという、不可解な出来事があったというのだ。話を聞いた矢代朋(波瑠)ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーは、すぐさま事件を再捜査することに! まずは出品された駒が本物かどうかを確かめるため、朋ははるばる山形へと足を運ぶ。

 朋が向かった先は、一番弟子・桜木歩(永井大)に伝統を継承しながら、将棋駒作りに専念する職人・桜木正村(小野武彦)の工房。実は、出品された駒は17年前、「毎朝杯」決勝戦でライバル棋士・「千駄ヶ谷の虎」こと西川悟(木瀬哲弥)に勝った佐田に贈られたもので、正村の作品だったのだ。オークションの画像を見て、自分が作った駒で間違いないという正村。しかもよくよく話を聞くと、この対局で「二歩」を打って反則負けした西川が、同日夜に暴力団員を殺して行方をくらます事件が起こっていたことも明らかになる!

 5年前の「居飛車のプリンス」殺害事件と、17年前の「千駄ヶ谷の虎」が起こした殺人事件――将棋界の頂上決戦…その勝者と敗者が絡む2つの未解決事件の接点を求め、朋たちは捜査を続行。まもなく、幼い頃から良きライバルとして切磋琢磨してきた佐田と西川が、プロになってからは同じ女性に惚れてしまったことで関係がギクシャクしていたことが判明し…。

 その矢先、佐田の娘・彩子は父に宛てられた差出人不明の手紙の束を発見する。しかも妙なことに、どの手紙にも“謎の3文字”が記載されていて…!? そんな中、第6係の鳴海理沙(鈴木京香)国木田哲夫(谷原章介)は17年前の対局を再現。当時は見過ごされていた“ある事実”に気づき…!

roni
roni
朋や第6係のメンバーは、今回も文字から未解決事件をすっきりと解決できるのでしょうか。

ここから先はネタバレを含みます。

まだご覧になっていない方は、閲覧にご注意下さい。

17年前の棋士による暴力団殺害事件(ここからネタバレ)

時は17年前の2003年。
第16回毎朝杯将棋トーナメント決勝。

緻密な読みをもつ居飛車のプリンスこと、佐田貴雄七段と、独特な感性で敵を討つ、千駄ヶ谷の虎西川悟五段の対局です。

15年にわたり、凌ぎを削りあってきたライバル同士の戦い…。
二人を応援する、一人の女性。
この試合が、事件の始まりとなりました。

佐田七段は一度西川五段を見てから、意を決したように7五飛車を打ちます。
その手は震え、表情も明るくはありません。
解説も、「この手はちょっと読めない」と評価できません。

対する西川五段も、驚いた表情で佐田七段を見つめます。
そのまま、困惑の表情で西川五段が打ったのは、二歩でした。

二歩とは、歩兵を立の列に置くことができないという、将棋の禁じ手です。
この一手により、西川五段は反則負けとなりました。

その夜、何てことしてくれた、と一方的に暴力団員である簑島に殴られていた西川五段。
「殺してやる」と簑島を突き飛ばし殺害。
西川五段はそのまま逃走し、今日まで未解決のままとなっていました。

roni
roni
西川五段は、なぜ暴力団員ともみ合いになっていたのでしょう?
何か隠された裏事情がありそうです…。

5年前の佐田棋士殺害事件、再捜査を願う娘の彩子

時はもどり現在。
6係に5年前の未解決事件の捜査依頼が飛び込んできます。

その事件とは、5年前、棋士の佐田が自宅で殺害された殺人事件のことでした。
犯人は現金や時計、将棋の駒など金目の物を持って逃走。
強盗殺人事件として捜査しましたが、いまだ犯人逮捕には至っていません。

事件の被害者である佐田の娘彩子は、1週間前に当時盗まれたはずの将棋の駒をネットオークションで見つけます。

その駒があれば、父を殺害した犯人を捕まえる手がかりになるかと思い、佐田の後援会長をしていた山井に購入してもらうようにお願いした彩子。
しかし、次にオークションページを見たときには、出品が取り消されていて…

不審に思った彩子は、父を殺した犯人をもう一度操作してほしいと、警視庁相談窓口に連絡をしてきたのでした。

roni
roni
彩子ちゃんからしたら、犯人逮捕につながるものがあれば藁にも縋る思いで連絡をしてきたのでしょう。
果たして、消えた将棋の駒の行方は…

朋は駒士のもとへ。

朋は駒が本物かどうか確かめるため、山形県天童市の駒士、桜木正村のもとへ。
朋はそこで桜木の一番弟子であるという男性に出会います。

一方警視庁では、朋が山形新幹線に乗って勝手に出張へ行ったと怒る古賀。
そこへ電話をしてきた朋は、17年前の毎朝杯の対局のあと、対局相手の西悟五段が殺害事件を起こしていると話します。

さらに朋は、桜木がオークションに出品された駒が桜木の作品で間違いないと認めたことを報告。
つまり、殺害現場から持ち去った駒を何者かがネットオークションに出品したのでは、と推察します。

鳴海はお金目当ての犯行か、それとも何かほかの目的か、と頭を悩ませます。

そこへ、草加がやってきて、将棋の駒の出品先を突き止めたことを報告しに来ます。
しかし、その出品者は、飲み屋であった見ず知らずの男に10万円もらってアカウントを貸しただけであり、本当の出品者にはたどり着けない、というのでした…。

古賀は電話口で、朋に対し、ひらめいたように命令します。

「二つの未解決事件には何らかの関係がある。さっさと戻って報告しろ!」

roni
roni
古賀は出張に勝手に言ったことを怒っているのか、新幹線を使ったことを怒っているのか…とにかく難癖つけたいようです。
出品者が割り出せないというのは、かなり怪しいですね…。

佐田と西川の当時の様子

朋と草加は将棋会館を訪問。
そこで関係者から、佐田と西川は長年、いいライバル関係だったと話を聞きます。

しかし、毎朝杯のころは西川のスランプが続きフリークラスに降格。
対局の結果によっては、引退も考えなければならない状況だったようです。

草加が関係者に対し、当時西川が八百長の疑惑があったことを話すと、関係者は将棋界に八百長は存在しないと言い切ります。

西川も将棋をこよなく愛していたと。

次に朋と草加は佐田の後援会長をしていたという山井のもとへ。
そこで、山井は17年前の当時、佐田と西川両者の後援会長だったというのです。

当時の二人の様子を訪ねると、あまりうまくいってなかったと話します。
それは、二人が同じ女性に好意を寄せていたからであると…。

その女性は彩子の母親であり、西川が失踪して少ししてから彩子が生まれ結婚。
しかし彩子の母親はあまり体が丈夫ではなく、体調を崩して無くなってしまったとのことでした。

佐田に届いていた謎の手紙

朋は彩子を訪ね、彩子が働くフラワーショップへ。
そこには、彩子に鼻の下を伸ばした岡部(工藤阿須賀)の姿も。

朋は彩子に、将棋の駒が5年前の事件で盗まれたもので間違いないと報告し、もう少し話を聞きたいと申し出ます。

彩子は二人に両親が亡くなったのが夏だから、夏は苦手と話します。
朋は彩子に西川を知っているか尋ねます。
西川に関しては、父親の親友だったこと、指名手配され失踪していることを知っていた彩子。

父親を殺したのが西川かと想像しますが、朋はまだ2つの事件に関係がないか調べている段階であると否定します。

さらに5年前、西川の周りで不思議に感じることがなかったか問うと、彩子は父あての手紙を見つけたというのです。

その手紙には、差出人や住所は書いてありませんでしたが、2008年~2015年までの7年間にわたりやり取りされていたのでした。
投かんされたのは、宮城県仙台市青葉区。
内容の文章はごく短く型通りです。

気になることと言えば、どの手紙にもなぞの3文字が書いてあることでした。
不思議がる鳴海に対し、国木田はそれが棋譜であることを助言します。
鳴海は、『手紙将棋』であると推察しました。

また、最後の手紙だけ、内容が意味深だというのです。

「絶対に断れ。2度と手を染めるな。」

ふいに鳴海は、国木田を自分の部屋に誘い、将棋を教えてほしいと願い出ます。
国木田は、せっかくなら毎朝杯決勝の棋譜を並べようと提案。

徐々にルールが分かってきた鳴海は、17年前に佐田が打った『7五飛車』と一手を悪手に見えると酷評します。
佐田がわざと負けようとしていたのではないかー。

国木田も当時不思議に思ったが、そのあとの西川の『2歩』があまりにもインパクトが強く、当時もあまり話題にならなかったそうです。

わざと負けようとしている佐田に対し、西川も、自分が反則負けとなる『2歩』を打ったということになります。
つまり、二人とも負けようとしたということ。

さらに国木田には、もう一つ気になる点が…。

roni
roni
これは少しずつ、事件解決に近づいているでしょうか…!
国木田が鳴海に呼ばれたときの、草加の羨ましそうな何とも言えない表情!思わずクスッとしてしまいました。

山井がかけ将棋を斡旋していた?!

古賀のもとには、部下から新たな情報「佐田の後援会長だった山井に反社会的勢力の影がある」という報告が入ります。

長年にわたって反社組織や人物に対し、山井から不自然な金の流れがある。
それも、17年前から。

いつのまにか登場した朋が、古賀にも17年前に山井は佐田・西川両者の後援会長だったことを報告。
山井が反社勢力に『かけ将棋』を斡旋していたとしたら、佐田宛の最後の手紙の内容もしっくりくる、とにらんだ古賀は山井を探すよう指示します。

しかし、その山井が階段から突き落とされ、頭部を強打して殺害されたという事件が新たに発生します。

殺された山井の自宅からは、5年前佐田が殺害されたときに盗まれた将棋の駒が見つかりました。
さらに、山井の腕時計から出た血液反応を調べると、佐田の血液と一致したというのです。

特対が操作を進めていた佐田殺しの犯人は、山井…。
あっさりと解決してしまったと、嬉しそうな表情で古賀に謝る桑部。
そのまま山井の事件を捜査するよう強行犯に指示しますが、古賀も引きません。

いがみ合う二人を止めたのは朋でした。
この駒には、秘密が隠されている気がするから、貸してほしいと申し出ます。

roni
roni
相変わらず古賀と桑部の敵対視がすごいですね…。
本当の警視庁のなかも、こんな感じなのでしょうか?
山井の自宅から発見された駒に隠された真実とは…?!

手紙将棋の真相は。

鳴海に将棋の『と』の文字を見せる朋。
鳴海は、朋の言う通り、山井の自宅から見つかった駒は、オークションに出品されていたものとは別物と言い始めます。

『と』の文字は、微妙に1画目の曲がり方が違うと見つけた朋。

つまり、山井が佐田殺しの犯人だとするなら、山井の家から出てきたのは本物の駒。
オークションに出品されていたほうの駒は、かなりの技術を持った職人が真似て作った偽物であると、鳴海と朋は推理します。

では、その駒を作ったのは誰か、が問題になります。

国木田は、17年前の毎朝杯決勝戦の棋譜を持ち出してきます。
西川の『2歩』と佐田の『7五飛車』を引き、手紙を日付順に並べると…

『手紙将棋』はおそらく、佐田の一手からやり直されているというのです。

鳴海は、朋に手紙将棋の相手が佐田のライバルであり、親友でもあった相手と断言。

roni
roni
このシーンで流れているのは、事件解決に近づいているときの音楽!
まだ全容は見えませんが…どうなる?!

桜木の弟子は誰?

朋と岡部は山形の桜木のもとへ。
桜木になぜ、オークションに出品されていた駒が自分の駒だと嘘をついたのか問います。

さらに二人は、核心をつく質問を突き付けます。
「数年前からここで働いている歩というお弟子さんは、失踪した西川悟ですね?」

強い口調でしらを切る桜木。
ふたりは本人に話を聞こうと隣の部屋に向かいますが、そこに歩の姿はなく、品川駅にいる歩が映し出されます。

roni
roni
わ~入れ違い!歩(西川)はどこに向かっているのでしょう??

文字の神様から降りてきた

歩の部屋からは、3文字の棋譜が書かれた手紙が…。
さらにその手紙の中には彩子の写真も入っていたのでした。

西川は足がつかないように、県境を越えて宮城県仙台市から手紙を出してたのでした。

桜木は歩がずいぶん前に訪ねてきて、駒を見て涙をこぼしていたことを明かします。
ちょっとやってみるかと声をかけ、弟子に召し抱えます。
それからずっと桜木のもとで駒を作っていた西川。

一度、佐田が桜木のもとを訪ねてきており、西川が来ていないか聞いてきたこともあったようです。
その時二人はすれ違っただけでしたが、それ以来手紙が何度も届くようになったと、桜木は語りました。

朋は桜木に、西川の居場所は知らないと突っぱねられてしまいます。
桜木は、西川が毎年今頃の時期に東京に行くと休みを取っていたことは話してくれました。

報告を聞いた強行犯は、西川が佐田を殺した山井に仇討ちをした可能性が高い、と西川の捜索を始めます。

西川が必ず東京に出てきていたのは、8月19日前後。
それは、彩子の母親の命日でした。
いくら昔好きだった女性だとしても、墓参りなんていくかしら、と不思議に思う一同。

すると、鳴海が名に気に気づきます。
ホワイドボードと捜査資料をじっくりと確認する鳴海。

「文字の神様が降りてきた!」

核心はまだないが、西川が東京で会おうとしているのは彩子と推理し、至急彩子を探すようにお願いします。

roni
roni
今回も出ましたね!名言!
今回はどんな神様が降りてきたのでしょうか!

彩子の行方は。

彩子を探す朋と岡部。
彩子は自宅にも、学校にも、お墓にも行っていません。

ふたりが彩子の働くフラワーショップについたとき、岡部は写真の存在を思い出します。
そこには、ひまわり畑で母親と一緒に写る彩子の姿がありました。

ふたりはそのひまわり畑を探します。
草加が西東京市にあるひまわり畑であることを二人に助言。
朋と岡部は現場へ急ぎます。

roni
roni
朋はこの時、草加(遠藤憲一)と古賀(沢村一樹)の声を『いい声♪』と称します。そんなこと言ってる場合か!と突っ込みながらも、納得してしまいますよね。

西川の正体と17年前の真実

ひまわり畑に着くと、朋は彩子を発見。
岡部も西川を発見し、少し離れた距離からふたりを見守ります。

遠くから彩子を見つめる西川。
そのまま彩子の後ろを通り過ぎようとしたときに、彩子が西川に声を掛けます。

彩子はすべて気づいた様子で話します。

西川が毎年自分と同じこのひまわり畑にきていること。
無くなった父と、母の命日にはここにきてひまわりを見る約束をしていたこと。
ずっと、なぜ父がそんなことを言ったのか気になっていたこと。

「あなたは、17年前に母と私を捨てた、私の本当のお父さんですよね」

それを聞きながらも、答えず立ち去ろうとする西川。
朋は西川を止め、17年前に山井から八百長を持ち掛けられたのでは、と問います。

西川は八百長を持ち掛けられながらも、実力で決勝戦まで進出。
すると、今度はふたりの友情を利用して佐田に八百長を持ち掛けた山井。

佐田はわざと負けることで、西川や彩子、彩子の母親の未来を守ろうとしました。
そんな佐田の思いを知らない西川は、かけ将棋にのった佐田を許すことができず、反則負けをしました。

そして、八百長を隠すために、殺人犯にまでなってしまいます。
自分が警察に捕まり、八百長のことが明るみになったら、親友である佐田の将棋人生も終わってしまうことを恐れた西川。
西川を捨てて顔を変え、歩として生きる道を選んだのです。

佐田は、13年前に西川を見つけ出し、彩子を遠目に見る機会を与えてくれていました。
西川はそんな佐田に感謝しかないと述べます。

roni
roni
西川と佐田の友情には、心を打たれますね。
その友情を逆手に利用した山井、許せません。

父を想う娘、彩子の気持ち

西川が佐田とその家族を守って失踪してから12年。
山井はまた、懲りもせず佐田にかけ将棋を持ち掛けたのでした。

それを知った西川は、佐田にその話に乗らないよう止めます。
佐田の決意も同様でした。

もう二度と、あんなことはしたくない。
毎朝杯の対局のことも、すべて暴露して、引退するつもりだ。

その思いを綴った手紙が、最後の1通となりました。
この直後に殺されてしまったのです。

西川は犯人を見つけるために、盗まれた駒とそっくりな駒を作ってオークションに出品しました。
それによって、殺害現場から本物の駒を持ち去った人物からなにかしらの反応があるのではないかと予想したのです。

案の定、その人物からはすぐに連絡が来ました。

西川はその人物と待ち合わせをします。
その人物とは、山井でした。

近づく山井に「やっぱりあんたか」と声をかけると…
その声で山井は、歩を西川であると気が付きました。

山井は、17年前に西川が八百長を断ったことがすべての始まりと言い出します。
そのせいで俺もお前も人を殺す羽目になった、と。

ふたりはもみ合いになり、西川は山井を階段から突き落としてしまいます。

「俺は、ただの人殺しです。あなたの父親は、佐田だけです。」

そう悲しそうに話す西川。
彩子も西川に対し別れの言葉を放ちます。

岡部は西川に17年前逃げなければ、彩子や母親に何かできたのではないかと問います。
逃げなければ、佐田が死んでから彩子が独りぼっちになることもなかった…。

それを聞いて涙する彩子。

朋は鳴海のあてずっぽの言葉を借り、二人に伝えます。
彩子の書く『と』の文字と西川が駒に掘った『と』の文字が似ていることから、西川が彩子に会おうとしていたのではないか…。

「1年に1度、彩子に会える日だけを楽しみに生きてきたんじゃないでしょうか」

涙を浮かべる西川。
そんな西川に、彩子が精いっぱいの笑顔で声を掛けます。

「あなたは、死なないでください。
いつかまた会おうね…お父さん

西川はあふれ出しそうになる涙をこらえながら、嬉しそうに頷き、岡部に連行されるのでした…。

roni
roni
最後の彩子と西川の表情、涙浮かべながら、精いっぱいの笑顔…泣けましたね…。罪を償って、また彩子とこのひまわり畑で再会できることを願っています。

未解決の女season2 第4話みんなの感想

お互いを思いあう気持ちがすれ違って起こってしまった一連の事件…佐田と西川は本当に素敵な親友同士だったんだろうなあ。
ひまわり畑、ちょっとすぎてるけど、時期ぴったり。こんな風に娘を遠くから見つめることしかできない西川は、自業自得だけど、いろいろ考えるとかわいそうな気もしてくる。
彩子ちゃん、ただただかわいそう…それでも自分を捨てた父親に「あなたは死なないでください」なんて言える彩子ちゃん、強すぎるよ…
とにかく山井が最低だな!西川よりも、山井が憎い!

第4話 ツイッターの感想

roni
roni
第4話も、Twitterで盛り上がっていました!

未解決の女season2 第4話みどころまとめ

  • タイムリーな話題、将棋のお話
  • よき親友であり、よきライバル関係だった二人の切ない17年間
  • 今回は朋も文字の謎に気が付く
  • すべての元凶は山井後援会長
  • 相変わらずいい声コンビのエンケンさんと沢村一樹さん
  • ひまわり畑でのソーシャルディスタンス
  • ひとりぼっちで頑張る彩子ちゃんが強く美しい
roni
roni
今回は3つの事件が交差していて、見ごたえがありました。でも、山井は見るからに初めから怪しい感じでした…第5話にも期待できますね!

未解決の女season2 第4話を無料で観る方法

未解決の女season2 第4話を無料で視聴する方法を解説します。
放送終了後から1週間であれば、TVer・アベマテレビで無料で観られます。

また、TERASAでは30日間無料で全話の配信がみられるようです。

TERASA

詳細は、公式サイトからご確認いただけます。

テレビ朝日【未解決の女】公式サイト