テレビ朝日のドラマ

【未解決の女2】第2話のネタバレと感想、無料動画を観る方法

「未解決の女 Season2」は矢代朋(波瑠)とその先輩・鳴海理沙(鈴木京香)のコンビが現場に残された”文字”から未解決事件に挑む物語です。

第2話は2020年8月13日に放送されました。タイトルは、「定家様(ていかよう)」です。

roni
roni
「定家さま」かと思ったら「よう」と読むのですね!

 

未解決の女Season2 第2話のあらすじとネタバレ

 

引用:TBS【未解決の女season2】公式サイト

第2話あらすじ

クセのある書風で「藤原」と刺繍されているスーツを着た男性が、他殺体で見つかった。刺繍の文字が気になった「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)が、文字のエキスパートである先輩・鳴海理沙(鈴木京香)に見せると、理沙はハッと目を見張る。その書風は、理沙も大好きな鎌倉初期の歌人・藤原定家の筆跡を模した《定家様(ていかよう)》だったからだ! 被害者は“ただの藤原さん”ではないとにらむ理沙。と同時に、彼女の脳裏には“ある未解決事件”の記憶がよみがえる――。

それは今から10年前、国文学の権威である啓星大学の教授・板橋京介(佐渡稔)が、研究室内で何者かに殺された事件。研究室からは、古書店「大蔵堂」の店主・倉木達也(合田雅吏)が「鑑定のため板橋に預けていた」と主張する古書が消えていたのだが、その古書こそは藤原定家の直筆による写本=《定家本》の可能性がある代物だったのだ!

消えた古書がもし本物の《定家本》ならば、国宝級の大発見だ。まるで恋でもしたかのように興奮した理沙は、いつもなら嫌がる外回りの捜査を率先して開始。さっそく朋と一緒に、10年前の事件で一時は疑いの目を向けられた啓星大学の国文学教授・真田誠(松下由樹)の自宅を訪問する。改めて10年前のことを聞きたいと告げる朋たちに対し、怒りをあらわにする誠の夫・真田学(野間口徹)。一方、誠自身は快く応対してくれるが、有力な手がかりとなるような話は出てこず…。

その矢先、両事件の新接点が判明する。なんと“刺繍の被害者”は8年前まで「大蔵堂」に勤めていた藤原伸一(おかやまはじめ)だったのだ! この事実をもとに「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)は“大胆な仮説”を立て、両事件を正式に関連付けて捜査することを決定。朋も古賀の仮説には一理あると考えるが、理沙はなぜか全否定し、自分のやり方で単独捜査すると宣言して…!?

roni
roni
朋や第6係のメンバーは、今回も文字を糸口に事件を解決できるのでしょうか?

ここから先はネタバレを含みます。

まだご覧になっていない方は、閲覧にご注意ください。

10年前の殺人事件と消えた古書【ここからネタバレ】

今から10年前。
啓星大学の教授で国文学の権威でもある板倉京介(佐渡稔)は、古書店「大蔵堂」の店主の倉木達也(合田雅吏)に古書の鑑定を依頼されていました。
しかし板橋の出した鑑定結果は、古書は定家の筆跡をまねた贋作であろうというものでした。

鑑定結果を出した10日後、板橋は何者かに殺害されてしまいます。
この殺人事件は、板橋の大学での素行が悪かったことが災いし、被疑者が多すぎたために未解決事件となってしまいました。

また、板橋が預かっていたとされる鑑定された古書は、事件のタイミングでどこかに紛失してしまいます。

定家様の刺繍の男性が殺された

時は現在に戻ります。

公園で男性の他殺体が発見され、そのスーツの内側には特徴のある書体で「藤原」と刺繍がされていました。

その文字を見た鳴海理沙(鈴木京香)は、刺繍の書体が鎌倉初期の歌人・藤原定家の筆跡を模した「定家様」であることに気づきます。

文字マニアの鳴海が、特に大好きな定家様の文字から10年前の未解決事件を思い出します。

roni
roni
たまに商品パッケージで見かけるクセの強い文字は、れっきとした由来のある文字からきたフォントだったのですね。

定家本

10年前の未解決殺人事件において、板橋のもとから紛失したその古書は、定家本「和泉式部日記」。
文学研究者として定家が書き写したものでした。

これが本物であれば国宝級の大発見です。

いつもなら外回りを嫌がる鳴海が、自ら聞き込みの捜査に向かった先は、かつて板橋の部下だった啓星大学の国文学教授・真田誠(松下由樹)の元。

誠の家を訪れて最初に対応したのは、誠の夫・真田学(野間口徹)。
学は10年前の事件の話と聞くや否や、急に怒り出します。

ようやく誠から話は聞けたものの、誠は定家本に関しては見たこともなく、その後についても知らないとのことで収穫はありませんでした。

roni
roni
教授の誠は快くお話してくれて感じの良い方なんだけど、夫の学はなんだか急に怒り出して、なんなんだろう…

室長の仮説

定家様の刺繍を使える店は限られていることから、捜査班の調査により公園で発見された被害者は、8年前まで「大蔵堂」に勤めていたという藤原伸一(おかやまはじめ)と判明します。

大蔵堂は倉木が抱えた負債のため、7年前に倒産していました。

ここで室長の古賀清成(沢村一樹)が考えた仮説が、
・10年前、古典に詳しかった藤原が定家本を持ち出した
・そしてそれを知った倉木が藤原を殺害した
というものでした。

この仮説をもとに、2つの事件を正式に関連付けて捜査することとなりました。

しかし鳴海は「定家を胸に亡くなった藤原が悪人のはずがない」と根拠のない推理で反論します。

roni
roni
贋作と鑑定された定家本を盗まれて殺人に及ぶっていう室長の仮説も大胆すぎるけど、鳴海の反論もまったく説得力がない…

藤原と定家本の関係

大蔵堂が倒産したあと、倉木はタクシー運転手になっていました。
また、藤原の殺害推定時刻には、倉木は成田空港にいたというアリバイがありました

倉木によると、10年前にその古書が定家本ではないかと言い出したのは従業員であった藤原で、さらに最近になって定家本はまだ見つかっていないか、藤原に聞かれたとのことです。

roni
roni
やっぱり倉木が犯人の仮説は厳しそうですよね…
でも10年前に消えた定家本と、藤原さんは関わりがあったようですね!

鳴海の単独聞き込み

事務所で文書整理をしていた矢代に、鳴海からの電話が。
それは「たすけて……」と消え入りそうな声て助けを求めるものでした。

鳴海は、再度一人で誠を尋ねようとしたものの、慣れない聞き込みで不安でたまらなくなったとのこと。
矢代は鳴海を助けるため「矢代が電話で言った内容を鳴海がそのまま誠に質問する」ということになりました。

 

2つの事件に大きく関わっていると考えられる「定家本」ですが、誠は見たことがない、との回答。

しかし鳴海からしたら、あの「定家本」が研究室にあると知ったら、絶対に見てるはず!との思い込みからその価値を力説します。
その勢いで問い詰めようとしますが、誠からは「それは捜査ですか?」と批判されてしまいます。

そんな鳴海に矢代は、一旦引き上げて頭を冷やすように指示しました。

roni
roni
鳴海の定家様好きは相当なものですね、でもそれが今回は裏目にでてしまったみたいですね。

定家本は学が持っていた。しかし…

矢代は鳴海を迎えに近くまで行きますが、そこで見かけたのが誠の夫、学でした。
尾行したところ、学の向かった先にはレンタル倉庫が。

倉庫から学が持ち出したのは、まさに紛失していた定家本、「和泉式部日記」でした。

矢代と鳴海に追いかけられて追い詰められた学は、定家本を燃やそうと火をつけてしまいました。

止めようとした矢代は、学にカッターナイフで切りつけられ、手に怪我をしてしまいます。
一方で、火を付けられた定家本をなんとか奪いとった鳴海ですが、火を消すことはできず、2人の目の前で定家本は燃えてしまいました。

 

そして、学の取り調べが始まります。

10年前に板橋を殺害したのは学でした。
動機は、誠の教授就任の邪魔をし続けていた板橋を許せなかった、というものでした。

その殺害現場に居合わせた誠は、これまで板橋から受けてきた嫌がらせに耐えてきた苦労が水の泡になったと学を責めたものの、すべての証拠を隠滅することに協力しました。

またそのとき、学は板橋のもとから定家本を持ち出していましたが、誠はそれを後から知ります。

板橋教授からは贋作と言われたこの定家本ですが、誠には捨てることはできませんでした。
自分の死後、将来の研究者の進んだ技術により再鑑定してもらいたいとの願いから、との供述でした。

 

しかしその後、突然藤原から連絡があり「あの和泉式部日記を持っているなら一度拝ませて欲しい、秘密は必ず守る」と迫られます。

藤原は誠の受けたインタビュー記事から、行方不明となった定家本を誠が持っているのではないかと推測し、連絡を取ったのでした。
しかしそこから事件発覚への危機感を感じた学は藤原をも殺害していたのでした。

roni
roni
藤原さんは自分が本物だと信じていた定家本が見つかって、どうしても見たかったのですね。

未解決の女2 第2話みんなの感想

今回、珍しく、鳴海さん(鈴木京香)が自分から率先して捜査するのが新鮮で良かったです。やっぱ、人見知りは出ていたのが可愛かったですが、相棒の矢代(波瑠)に助けられて事件を解決できたのが良かったです。
しかし、冒頭の柔道着姿の 波瑠 は癒しでした。
すっかり2話にして第6係の係長として馴染んだ、国木田さん(谷原章介)も良かったです。
次回は、高梨臨、伊藤健太郎。ゲストがまた凄くて、3話も楽しみです。
2話では今までにない新鮮さがみれて、お二人の信頼感が伝わってきて、やきもちやいたり、イチャコイチャコが楽しかったです。波瑠ちゃんのコミカルな演技可愛くて、新たな新鮮さがみれて最高でした。本当にシリーズ化してほしいです。他の豪華男性軍のキャストの皆さんも素敵。
第二話のお話、藤原定家のお話も創作でしょうが、とても巧妙な話で良かったし、今回の二人の役割(リモート視聴)がギャクだったのが良き。
また、二人のちょっとした会話もとても心地良い。例えば…鈴木京香が波留の動作を見て『耳のうしろを掻きながら話すのやめて』とかね。笑笑

第2話 ツイッターの感想

roni
roni
ツイッターでも、矢代が電話越しに鳴海を使って質問する、「逆コナン方式」が話題になっていました!

『未解決の女2』第2話。今回は文字の神様は降りて来なかった。鈴木京香が定家に恋をしていたから。

— 中森 章 (@AkiraNakamoriD) 2020年8月13日

未解決の女第2話で、やしなる逆コナン状態の時にやしがなるの会話を促すように少し低い声で「ほら…」というのが性癖ど真ん中でして。腰にくるんですよ、腰に。

salu(@salug_justlike) 2020年8月19日

未解決の女2 第2話みどころまとめ

・10年前の板橋教授殺害事件のときに定家本が紛失した
・公園で藤原が殺害されたのも定家本が原因だった
・鳴海は大好きな定家様のため恋したように人が変わる
・学の犯行は妻の誠のためを思ってのことであった

未解決の女season2 第2話を無料で観る方法

未解決の女season2 第2話を無料で視聴する方法を解説します。
放送終了後から1週間であれば、TVer・アベマテレビで無料で観られます。

また、TERASAでは30日間無料で全話の配信がみられるようです。

TERASA

詳細は、公式サイトからご確認いただけます。

テレビ朝日【未解決の女】公式サイト