テレビ朝日のドラマ

【言霊荘】菊川麻美役の森田望智は話題作出演後の活躍がすごい!

2021年10月、テレビ朝日とABEMAの共同作品ドラマ「言霊荘」の放送がスタート。

とある女性限定アパートで放った言葉が現実となり住人女性たちが苛まれる、という秋の夜長にぴったりなホラードラマです。

ドラマ「言霊荘」で森田望智さんは、アパートの4号室に住む医師の菊川麻美役を演じています。
この記事では森田さんはどんな役を演じているのか?調べてみました!

森田望智さんが演じる菊川麻美ってどんな役?

(画像引用:テレビ朝日公式サイト)

菊川麻美
  • 「レディースコート葉鳥」の4号室に住む
  • 職業は医者で29歳
  • 勉強一筋で真面目な性格
  • 密かに思いを寄せる男性が病を患っている
  • 男性を助けようと必死

森田さんのコメント

ーー出演が決まった際のお気持ちや、最初に脚本を読んでどのような印象を受けたか教えてください。

私はホラーが苦手なので、最初は「怖いっ!」というのが正直なところでした(笑)。ただ、ホラーというと霊の怖さみたいなのを想像しますがこの作品では人がもつ闇も描かれていて、人間の怖さをものすごく感じました。なので、見る方にはさまざまの面から怖いなって思ってもらえるのかなと思います。

また、自分と同世代の共演者が沢山いらっしゃるのですが、これまであまりそういった機会がなかったので、それもとても楽しみです!

(引用:テレ朝POST

これまで真面目に生きてきた菊川。
初めて思いを寄せた男性が病気ということなので医師としての葛藤も描かれそうです。

roni
roni
ホラーストーリーということもあり、ついついマイナスな想像ばかりしてしまいます…

また、森田さんのインタビューからもあるように「出演者」は今作の注目ポイントの1つです。
「レディースコート葉鳥」に住む女性たちを三吉彩花さん、内田理央さん、石井杏奈さん、堀田真由さんなど主役級の方々が演じます。

展開されていくストーリーはもちろんですが、豪華女優さんたちがどのような掛け合わせを見せてくれるかも楽しみです。

roni
roni
主役は西野七瀬さんが抜擢。さらに永山絢斗さんや斉藤由貴さんも出演します!

ドラマ「言霊荘」のあらすじ

底辺ViewTuber(動画配信者)の歌川言葉=コトハ(西野七瀬)は、ずっと狙っていた超格安優良物件の女性限定アパート「レディスコート葉鳥」の7号室に空きが出て、友人で1号室に住む作詞家・阿木紗香(三吉彩花)の紹介で入居できることになり喜ぶ。
引っ越し当日。コトハは、紗香や6号室に住む編集者・渡邊瞳(内田理央)に手伝ってもらいながら作業を終え、引っ越し祝いを始める。盛り上がっていると、紗香が作詞を手掛けた歌手の曲がヒットチャート入りしたと、配信番組から流れてくる。作詞家として成功することを目指していた紗香を見てきたコトハは自分のことのように喜ぶが、当の紗香はなぜか複雑な表情を見せる。聞くと、その男性歌手とは男女間での仲違いがあったようで、紗香は、自分の詞が世に出ることは嬉しいが一方では悔しさを吐露し、「知らない世界に消えて欲しい」とつぶやく。するとその直後、歌唱中の男性歌手は突然苦しみ出し、紗香の言葉通りに謎の死を遂げてしまう…!

(引用:テレビ朝日公式サイト)

Twitterの声

予想より遙かに怖かったという意見が多く寄せられていました。
怪奇現象などではなく、人間の恐ろしさに迫っている作品ですので関心度も高そうです。

また、出演陣や森田さんの演技力に触れられているツイートも多く見られました。

森田望智さんのプロフィール

(画像引用:Sony Music Artists公式サイト)

森田望智
  • 生年月日:1996年9月13日
  • 出身地:神奈川県
  • 血液型:O型
  • 身長:163cm
  • 趣味:演劇鑑賞
  • 特技:フィギュアスケート・クラッシックバレエ

特技としているフィギュアスケートは3歳から小学校高学年まで続けていました。
芸能界に入った時期が小学校高学年だったので、そのタイミングでフィギュアスケートは辞めてしまったようです。

フィギュアスケートの他にもクラッシックバレエを習っていたこともあり、森田さんの柔軟性はピカイチだそうです。

(画像引用:Sony Music Artists公式サイト)

スケートとバレエの経験が活きているようで森田さんはダンスも得意
2020年1月に放送されたドラマ「トップナイフー天才脳外科医の条件ー」の公式Twitterではキレキレなダンスを披露する森田さんの姿がありました!

 

森田望智さんの出演作品

芸能活動期間は長いものの、ヒット作がなかった森田さん。
しかし、ある作品が転機となり森田さんの知名度を一気に上昇させました!

「全裸監督」への出演

(画像引用:映画.com公式サイト)

転機となった作品はNetflixオリジナルドラマの「全裸監督」
最後のチャンスとして臨んだ「全裸監督」のオーディションに見事に合格し、役を射止めました。

全裸監督

バブル景気に沸く1980年代の日本を舞台に、「AVの帝王」と呼ばれ、アダルトビデオ業界に旋風を巻き起こした伝説の男・村西とおるの破天荒な生き様を描くNetflixオリジナルシリーズ。2019年8月8日から配信開始(全8話)

この作品で森田さんは伝説のAV女優・黒木香役を体当たりで演じました。
黒木香さんといえば、テレビでも脇毛を披露したりと強烈なインパクトを残した女性です。

roni
roni
黒木さんの独特な話し方や仕草がそっくりと話題になりました!

(画像引用:映画.com公式サイト)

撮影が始まるまで3か月か4か月くらい準備期間があったんです。その中で資料を読んだり、実際の黒木さんの本を読んだり、動画を見たり、バックグラウンドを考えたり、それまでにないくらい時間をかけて準備ができたんです。それまでは一生懸命やっているつもりでも、実はまったく足りてなかった。役づくりのために時間がかける大切さがすごくわかったんです。

(引用:シネマトゥデイ

話し方や仕草の特徴を掴むことはもちろんですが、黒木さんの内面に迫ることに重きをおいて役作りを行ったそう。
そして森田さんは黒木さんの中身を知り、その魅力に気付いたといいます。

roni
roni
勝ち取った役だということもあってか、役作りへ懸けている思いが伝わってきます!

「全裸監督」は大胆な濡れ場が多いことからも注目を集めていました。
作品を通して体当たりな挑戦をしていた森田さんですが、当初は「脱ぐ」事に対して偏見があったといいます。

「シーズン1の時にスタッフと共に役作りのためストリップを観に行ったんですが、なぜこんなにきれいな方たちがストリップを……と悲観的に考えてしまったんです。でも彼女たちは、自分の仕事として、堂々とステージに立っている。また、またAV女優というお仕事が本当に好きで、誇りに思ってやっている方たちとご一緒して、これまでの自分の考えがいかに狭かったのかと、恥ずかしく思いました」と吐露。さらに「武(正晴)監督が、そのシーンのリハーサルを全力でやってくださって。武監督のものづくりにかける情熱を見たときに、“脱ぐ、脱がない”といった悩みはどうでもよくなった。『なぜ私は、ここで躊躇しているんだろう。なぜ恥ずかしがっているんだろう』『武監督の思いに応えたい!』と吹っ切ることができました」

(引用:Yahoo!ニュース

roni
roni
この振り切った演技こそが多くの視聴者を圧倒させたに違いありません!

オーディションに落ち続ける無名の女優だった森田さんでしたが、「全裸監督」出演後にはSNSのフォロワーが3万人増加。
さらに街中でも声をかけられることが増え、生活の変化を実感しているようです。

また、この作品で森田さんは釜山国際映画祭の新人賞を受賞。
森田さんにとって初めてのレッドカーペットとなりました!

roni
roni
主演の山田孝之さんも男子俳優賞を受賞しました。日本だけでなく、世界にも認められたなんてすごいですね…!

その他のドラマや映画

森田さん出演作品

▼ ドラマ

  • Iターン(2019)
  • トップナイフー天才脳外科医の条件ー(2020)
  • 恋する母たち(2020)
  • 一億円のさようなら(2020)
  • あの子が生まれる…(2020)
  • おかえりモネ(2021)

▼ 映画

  • 世界でいちばん長い写真(2018)
  • キスは命がけ!(2019)
  • ジオラマボーイ・パノラマガール(2020)
  • Bittersand(2021)

(画像引用:NHK公式サイト)

2021年には、連続テレビ小説「おかえりモネ」で朝ドラ初出演を果たします。
連続テレビ小説からはいつも元気をもらっていたそうで、出演が決まったときはたまらなく幸せだったとのこと。

「おかえりモネ」では仕事をテキパキとこなす爽やかな気象予報士役を演じ、朝ドラ初出演とは思えない存在感を示していました。
また、「全裸監督」での妖艶なイメージとのギャップに驚いた視聴者も多かったみたいです。

「全裸監督」出演後はオーディションなしで仕事をいただくことが多くなり、最初は戸惑っていたという森田さん。

「これまでそんなことは、まったくありませんでした。だからこそ、それがいかに特別なことかがわかる。次々とお仕事がいただけるなんて……という思いが常にあるので、ひとつひとつのお仕事を大切に思い、しっかりと取り組んでいきたいです」

(引用:Yahoo!ニュース

売れっ子になったからといって天狗にならないところがさすがですね。
長い下積み時代があるからこそ、今でも感謝の気持ちを忘れずにお仕事しているようです。

森田望智さんまとめ

(画像引用:日本経済新聞公式サイト)

森田望智
  • 神奈川県出身の女優
  • フィギュアスケートやダンスが得意
  • 「全裸監督」出演後一気に知名度上昇
  • 役作りにかなりの時間をかける女優さん
  • 話題作にも続々と出演している

25歳という若さでありながら、意思や芯の強さを感じられる女優さんではないでしょうか。
彼女のプロ意識の高さを尊敬する役者仲間も多そうですね。

演技の幅がものすごい広い方ですので、この先の活躍も楽しみです!