TBSのドラマ

【半沢直樹2020】第3話のネタバレや感想、無料動画を見る方法は?

2020年8月2日(日)に放送された、【半沢直樹2020】第3話。
視聴率は23.2%と先週の2話の視聴率を超える高視聴率でした!

第2話の最後では、正式にスパイラルとのアドバイザー契約を結んだ半沢。
第3話ではスパイラルと半沢が手を組んで、フォックスに大勝負をしかけます。

ドキドキハラハラの興奮が止まらない3話のネタバレや感想を、早速みていきましょう!

【半沢直樹2020】第3話あらすじ

電脳の買収相手であるスパイラルとのアドバイザー契約を正式に結び、親会社・東京中央銀行と全面戦争へと突入した半沢(堺雅人)。銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ることには成功したが、依然ピンチであることに変わりはなかった。そこで半沢が次の手として瀬名(尾上松也)に提案したのは、なんと「逆買収」だった。

だが、そんなある日、突然、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってくる。半沢の目の前に現れたのは、黒崎駿一(片岡愛之助)だった。黒崎が一体なぜ? 黒崎のターゲットはいったい何なのか? さらに、タイミング良く検査のことがニュースで報じられ、半沢は裏で伊佐山(市川猿之助)だけでなく、三笠副頭取(古田新太)が糸を引いているのではないかと推測する。

一方、パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとしていた。もし、半沢たちが水面下で進めている逆買収の計画が見つかってしまうと、すべてが水の泡と化す。半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま高坂(吉沢亮)に指示し、データを消去しようと試みるが…。
果たして半沢はこの危機を乗り切ることが出来るのか?

引用:TBS半沢直樹公式サイト

roni
roni
久しぶりにあの人が登場?セントラル証券と、スパイラルの運命はいかに。見どころたっぷりの1時間ですよ!

【半沢直樹2020】第3話ネタバレ

フォックスの逆買収を提案、そこに現れた人物とは・・

アドバイザー契約を結んだ半沢(堺雅人)は、スパイラルの社長・瀬名(尾上松也)にフォックスの逆買収を提案する。

提案に弱気な瀬名だったが、半沢と剣道を行い強気に勝負することを決意。
半沢は、フォックスの巨額融資をマスコミにリークし、スパイラルがフォックスの買収を行うことを発表する。

引用:TBS半沢直樹公式サイト

リークすることでフォックスの株価が値下がりを起こし、買収しやすくすることが狙いだった。
しかし渡真利(及川光博)は、それに引っ張られてスパイラルの株価も下がるのではないかと懸念する。

でも半沢には、絶対の自信があった。

セントラル証券にはマスコミが殺到し、証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってきた。

監査に慌てて、社員は買収にまつわるあらゆる情報を消去し、買収に関するデータは高坂(吉沢亮)が作ったクラウドに移し変える。

そこに、現れたのはかつての因縁の相手黒崎(片岡愛之助)だった。

引用:TBS半沢直樹公式サイト

roni
roni
黒崎を見た時の半沢の顔は、本当に驚いた顔をしていましたよね。直感でやばい、と思ったのでしょうか?

 

営業停止の大ピンチ!どうなるセントラル証券

黒崎率いる証券取引等監視委員会が調査開始。

するとなぜかスパイラルの株価が下落し始める。
半沢は誰かがマスコミにリークしたと焦りを募らす。

さらに、入念な事前調査を行ってきた黒崎に、クラウドの存在を知られ、データの隠し場所を見つけられてしまう

そこで半沢は、瀬名を通じてクラウド作成者の高坂にデータの削除を依頼。

なんとか黒崎によってクラウドのデータを開かれる前に、データの削除に成功

しかし、その時の社長の言動に不信感を抱いた黒崎は、社長室を調べるよう命令。
そこで決定的な証拠である買収計画書を、復元されてしまうのだった。

引用:TBS半沢直樹公式サイト

roni
roni
緊迫した状況で、見ている側もハラハラしましたね。高坂のタイピング早かったですよね。

絶対絶命の時、半沢は森山(賀来賢人)に、「感謝と恩返し」と言い後のことを託そうとしていた。

そのころ、フォックスの社長・郷田(戸次重幸)は、電脳から見捨てられ瀬名に助けを求めたいた。
郷田と瀬名の話し合いは決裂するかと思ったとき、森山が2人の歩み寄りを熱弁。

黒崎は、復元した買収計画書を半沢に突きつける。

絶体絶命のその時、突然フォックスの社長・郷田が現れる。
そこで郷田は「今回の情報リークはフォックスが友好的買収を行うために、漏らした情報である」と言ったのだ。

半沢にも反撃され、黒崎はあっさりと退却するのだった。

引用:TBS半沢直樹公式サイト

roni
roni
半沢は、森山よくやったと思っているでしょう!黒崎の、またね。も懐かしい感じです。

【黒崎の真の目的とは?】東京中央銀行VSセントラル証券

郷田は、スパイラルによる買収を許諾したことを会見で発表。

さらに、IT界の大物・マイクロデバイス社のCEOが3億ドルの出資をすることを表明した。
これによって下がっていたスパイラルの株価は急上昇。
電脳や銀行による買収を防ぐことに成功したのだった。

引用:TBS半沢直樹公式サイト

roni
roni
伊佐山(市川猿之助)は、持っていたお茶を落とすぐらい悔しがってましたよね。

しかし、伊佐山(市川猿之助)からの電話で、銀行がさらに500億の追加融資を決定したことを告げる。

その裏では、三笠副頭取(古田新太)が対立する派閥の大和田常務(香川照之)にポストの座を約束して、頭を下げていた。
実は伊地山は、三笠に対して大和田が送り込んだスパイだったのだ。

半沢はこの状況を打破するために、黒崎の真の目的と電脳が銀行ではなくセントラル証券に依頼した理由を考えていた。

そこで、黒崎たちがスパイラル証券ではなく、電脳に関しての書類を熱心に調べていたことに気づく。
半沢は、電脳が銀行に頼まなかった理由を突き止め、重要人物である玉置(今井明彦)に話を持ち掛ける。

そこに、現れたのは電脳の社長・平山(土田英生)と副社長の美幸(南野陽子)だった―。

引用:TBS半沢直樹公式サイト

roni
roni
半沢の推理力、観察力には脱帽です。

 

【半沢直樹2020】第3話みんなの感想

roni
roni
黒崎の演技が面白かったです。特に、部下の股間を握りしめた時は思わず声を出して笑ってしまいました。

3話も激熱で力が入りました。ハラハラです。しかしなぜか笑うー(笑)まず、隠しファイルにあるデータを消そうとする攻防シーン。吉沢亮くんの爽やかさと迫力が凄くて緊張しました。最初は普通だった目がだんだんと血走ってきて、演技が上手い。そして、歌舞伎でも若手の尾上松也さんだけは違うと思っていたけど勘違い。香川照之さん、市川猿之助さん、片岡愛之助さん。加えて尾上松也さん。歌舞伎組の顔芸とキャラの濃さが限界を突破している。しかし熱量では決して負けない半沢直樹。今回はとにかくかっこいい上司ぶりを発揮してましたね。

思ってた以上に、高坂圭(吉沢亮)の活躍が目玉になっていて良かったです。ハッキング、パスワード、データ削除と半沢ぽくない展開でありますが、マンネリさせない新しい切り口で描いて良かったと思います。
しかし、正直、今回も、伊佐山に半沢が倍返しできず、そこはもどかしさは感じましたが、次週、いよいよ、伊佐山と手を組んだ大和田と2人一緒に大倍返しをするのでしょうか?予告見ると、半沢が大和田に協力をお願いするシーンもあり、次週は、マジで今回以上に予想できない展開になりそうで楽しみではあります。

待ってましたの吉沢亮くん、ほんとイケメンッッ!浜村さんへの「直電してよ~」が反則過ぎて思考が停止した。そして演技がうますぎ!!最初はサラっとしていたのに、データを消そうとキーボードを打ち込んでいるうちにどんどんどんどん目が真っ赤に充血してきて、見てるこっちまで伝わってくる緊張感!いやー技がすごかった!そして久しぶりの黒崎さんは、「オイタしてるんじゃないのぅ?」「黒崎デスッ!!」って、なんかキャラが濃くなってて変に嬉しい。しかし!やっぱり大和田!大和田がいないと始まらない!予告ラストの「死んでもイヤだねぇッッ!」なんてすでに耳から離れないよ!!半沢と大和田の共闘はあるのか?いまから楽しみが過ぎます!!!

 

【Twitterの感想】

 

【半沢直樹2020】第3話見どころのまとめ

いかがでしたか?

今回は黒崎、伊地山、大和田常務と個性豊かなキャラクターが多く出演していて、前話以上に半沢とのやり取りが面白かったですよね。

ここまでをまとめるとこうなります。

・セントラルとフォックスとの買収騒動。

・黒崎が登場し、半沢がピンチに。

・森山が、郷田と瀬名を説得する。

・黒崎と電脳の真の目的とは?

roni
roni
黒崎の登場で物語がまた一気に面白くなってきましたね!次回も楽しみです。

 

【半沢直樹2020】第3話を無料で視聴する方法

半沢直樹2020 第3話を無料で視聴できる方法を紹介します。

paraviでは、2週間無料で視聴可能です。詳しくは、HPにてご確認ください。

次週は、第4話【半沢、絶体絶命!カギは因縁・大和田!?】乞うご期待!!