TBSのドラマ

【半沢直樹2020】第9話ネタバレと感想、無料料動画を視聴する方法とは?

2020年9月20日に半沢直樹2020第9話が放送され、視聴率28.7%(ビデオリサーチ調べ)を記録しました。
最終回前話ということもあり、反響が大きかったですね。

前回の最後に黒崎から、伊勢志摩ステートを調べなさいと言われた半沢。
伊勢志摩ステートにいったい何が。
そして箕部の不正の証拠は見つけられるのか。
いつもより15分拡大の1時間スペシャルです。

【第9話あらすじ】はこちらから

半沢(堺雅人)は、合併前の旧東京第一銀行が箕部幹事長(柄本明)に貸し出した20億円もの融資の実態を探ろうとするが、亡くなった牧野元副頭取(山本亨)が不正な金を受け取っていた証拠を突きつけられ、手を引くことを余儀なくされる。同じように箕部を追っていた金融庁の黒崎(片岡愛之助)にも箕部の魔の手が伸び、再び国税庁に異動させられてしまう。黒崎が最後に残した「伊勢志摩ステート」というヒントを手がかりに、半沢は伊勢志摩へと飛ぶ。空港で彼を待っていた人物とは…。
伊勢志摩支店の同期の協力を仰ぎ、伊勢志摩ステートの15年前の財務資料を徹底的に調べる半沢。
さらに、思わぬの人物の姿を目撃するのだった。
半沢の疑惑は確信へと変わっていき…。

半沢は伊勢志摩ステートに隠された秘密を暴き出し、倍返しすることはできるのか…!?

引用:半沢直樹2020TBS公式サイト

半沢直樹2020第9話ネタバレ

roni
roni
まさかあの人が真の黒幕だとは…

伊勢志摩ステートと箕部の関係※ここからネタバレ

半沢直樹(堺雅人)は、大和田(香川照之)に箕部(柄本明)に対する軽率な行動の責任をとらされて、自宅謹慎処分を受けていた。
さらに苦労の末手に入れた箕部のクレジットファイルは、大和田から紀本(段田安則)に渡ってしまったのだ。

中身を確認できなかった半沢。最後の手がかりとして黒崎に教えてもらった伊勢志摩ステートを調べるため、森山(賀来賢人)とともに伊勢志摩に飛んだ。
伊勢志摩ステートは、不動産会社だという。
そこに箕部の秘書・笠松(児島一哉)が入っていくのを目撃。

引用:半沢直樹2020TBS公式サイト

roni
roni
森山は半沢のことを本当に慕っているんですね。

箕部との繋がりがあると思った半沢は、同期の支店長に財務資料を見せてもらうことに。
そこに記載されていたのは、10年前の箕部から伊勢志摩ステートへ20億円もの金の流れだった。

資料を確認していたその時、笠松がこちらに向かっているという情報を聞く。
半沢は急いで資料を片付け裏口から逃げ出し、その足で当時20億円で購入した土地へ向かことに。
そこは箕部が誘致に関与した、伊勢志摩空港だった。

半沢は箕部からの不正な金の流れを知ろうとするが、なかなか掴めない。
そこで架空支店の段ボールが怪しいと睨み地下の書庫倉庫に向かう。
しかし、すでに段ボールは何者かによって持ち出されていた。

roni
roni
 あの大量の段ボールを、いったい誰が持って行ったのでしょうか

メモに書かれた謎のアルファベットの意味とは?

半沢は大和田を脅し、クレジットファイルを映した画像を見ることに成功する
そこには20億円の融資情報以外に、謎のアルファベットが書かれたメモがあった。
その時紀本から、明日白井大臣が銀行に来ることを告げられる。

白井大臣は、箕部から1週間で銀行に債権放棄をさせるよう迫られていた。
同行していた乃原(筒井道隆)は、頭取(北大路欣也)にもう一度債権放棄をするよう諭す。

その際に過去の不正について、2人で一緒に話そうと持ち掛けた。白井大臣は乃原の傲慢な態度に、不信感を募らせたのだった。

引用:半沢直樹2020TBS公式サイト

roni
roni
 白井大臣としては、自ら任命したタスクフォースが自分より前に出ることが気に入らないのでしょうね。

クレジットファイルに挟まっていたメモ。それは銀行から箕部、そして10年前の副頭取である牧野(山本亨)及びその部下の棺の会に金が流れた証拠だった
そのメモを記載したのは誰なのか。
半沢はその人物を探すよう、渡真利(及川光博)に協力を仰ぐのだった。

渡真利たちはメモを書いたのが灰谷(みのすけ)だと考えた。
筆跡を確認しに向かう渡真利に半沢は、その場に協力者を送りこむことを伝える。
渡は彼が常に持ち歩いている手帳を見ようとしたとき、灰谷に見つかってしまう

もうダメかと思われたその時、半沢が言っていた協力者が現れる。
一方半沢は、富岡(浅野和之)が地下で段ボールを保管しているのを見つけたのだった。

roni
roni
まさか富さんが持ち出していたとは…

なんと富岡は頭取から、牧野の死の真相を調べてほしいと頼まれていたのだ。
半沢は富岡に段ボールについて言及するが、箕部からの金の流れが書かれたファイルが存在しないという。

そこに、半沢のあとをつけてきた紀本が現れる。
紀本は不正にファイルを保管していることを規則違反だと厳しく叱責する。

半沢ピンチかと思われたその時、因縁のライバル黒崎(片岡愛之助)が現れたのだ。協力者というのは、黒崎のことだった。

灰谷から不正融資が紀本からの指示だと聞いた黒崎は、紀本の隠し口座を見つけ棺の会への不正な金の流れの証拠を手に入れた。

半沢は紀本にその証拠を突きつけ、金の流れを記したファイルのありかを聞き出したのだった

引用:半沢直樹2020TBS公式サイト

roni
roni
協力者が黒崎だとは…。因縁のライバルが協力しあうのもいいですね。

半沢が箕部にまさかの土下座?

紀本からファイルの情報を聞き出し、その場所へ向かう半沢達。
しかしそこは既に荒らされ、ファイルも何者かによって持ち出されていた。

ファイルを持ち出したのは大和田だと確信した半沢は、携帯の位置情報で大和田がいるホテルに乗り込む。
だがそこに居たのは大和田と頭取そして、箕部だった。

証拠のファイルは頭取によって、箕部に渡されていた。
半沢はすべての真実を明らかにし謝罪することが筋だと頭取に言うが、頭取は半沢を帝国航空の担当から外すと命ずる。

さらに箕部からここまでの不始末を土下座して謝罪しろと強要される
半沢は大和田からの強制的な土下座をさしのけて、頭取、大和田そして箕部に1000倍返しすると宣言したのだった

引用:半沢直樹2020TBS公式サイト

roni
roni
まさか黒幕は頭取なのか、ハラハラする展開ですね。

半沢直樹2020 第9話みんなの感想

roni
roni
9話は見どころ満載でしたよね。
まさか信頼していた頭取が箕部に証拠を渡してしまうとは。
1000倍返しには裏切りに対して深い思いがあったのでしょう。
最終話が楽しみです!
今回の内容、よく1時間ちょいに収まったな!というほどに濃い回でしたね!
どこも引き込まれるシーンだらけで緊張感とスピード感と爽快感がすごかった。
脚本も俳優さんたちも本当にすごいドラマです。

最終回も目前!展開の速さと内容の濃さがハンパない9話でした!!!児嶋だよっ!!が応接室に向かって来るシーンとか、紀本を追い詰めるところとか、さすがにハラハラ!
そのシーンの黒崎さんの頼れる感は男前だった。
敵だと最悪に怖いけど、味方だと最強に心強い。
福山さんもあのデータが確実に役に立ってて、敵の時は雑魚キャラだったけど(失礼)、味方だと助かる。

最終回を前にして盛りだくさんな回でした。
いろいろな謎解きに迫りくる敵、ツーショットに土下座と面白かったところをあげればキリがないのですが、個人的に笑ってしまったのはなぜか半沢にアゴで使われるような福山でした(笑)。
しかし今回の証拠を探っていくようすは、ほとんどサスペンスみたいで。
およそ1時間に渡って緊迫しっぱなしでした。

Twitterでの感想

半沢直樹2020第9話みどころまとめ

・伊勢志摩ステートと箕部の関係とは?

・アルファベットの暗号が示す不正な金の流れ。

・箕部と棺の会に多額の金が流れている。

・半沢と黒崎が手を組み、紀本が不正に関与した証拠を見つける。

・頭取が証拠のクレジットファイルを箕部に渡してしまう。

箕部の不正行為の証拠を掴むため、いつの間にかチーム半沢が完成してましたよね。
因縁ある黒崎と半沢がタッグを組んだことにワクワクさせられました。

そんな中、頭取が箕部に資料を渡してしまったのがショックだったり。
見ているこっちも感情が揺らぐような、半沢直樹の9話だったと思います。

半沢直樹2020第9話を無料で視聴する方法

Paraviでは、半沢直樹2020が2週間無料で視聴が可能です。

全話見れますので、第9話以外で見逃した方もぜひ登録してみてくださいね。

詳細は公式HPへ。