TBSのドラマ

ドラゴン桜2の原健太役、細田佳央太の演技力が凄すぎると話題に!

三田紀房の漫画作品「ドラゴン桜」は、元暴走族の貧乏弁護士が平均偏差値36の高校生を東京大学に現役合格させるまでを描いた人気作品です。
2005年には阿部寛主演でドラマ化が実現し、記憶に残る名作として今もなお語り継がれています。

そんな「ドラゴン桜」の続編が2021年4月25日から放送開始され、大きな話題となりました。
「町田くんの世界」で主演を果たしたことでも知られる若手俳優俳優・細田佳央太(ほそたかなた)さんも出演しており、注目のドラマですね!

今回はそんな「ドラゴン桜2」の原健太(はらけんた)役として出演が決まった細田佳央太さんに関して、人物像や役柄、世間の反応などについて紹介していきます。

roni
roni
爽やかイケメンの細田佳央太くんですね!
ドラゴン桜2ではどんな役柄なのかな。

ドラゴン桜2|細田佳央太演じる原健太はどんな役柄?

ドラゴン桜2原健太役として大抜擢された細田佳央太さん。

実は運動神経が良く、スポーツをする役がを演じることが多いんです。
そんな彼ですが、ドラゴン桜2の原健太どんな役柄なのでしょうか?

公式サイトによると、以下のような人物のようです。

  • 昆虫が大好きな心優しい性格
  • とある問題を抱え、周囲から孤立している

引用:細田佳央太 公式Twitter

坊主頭が新鮮ですね!
昆虫好きの優しい性格ということで、どことなく柔らかな雰囲気があります。

しかし周囲から孤立する原因となっている、とある問題とは一体何なのでしょうか?

その問題とは、実は発達障害
発達障害といっても様々な種類があるのですが、原健太はその中でも自閉症を抱える生徒のようです。

自閉スペクトラム症には、対人関係やこだわりの特性がきわめて強い状態だけでなく、これらの特性が少しでもあることによって生活に支障を来し、福祉的・医療的サポートが必要な状態まで幅広く含まれます。
引用:すまいるナビゲーター

原健太も同様な症状を抱え、周囲とコミュニケーションがうまく取れていないようです。
心優しい性格なのに、クラスで孤立していまうのは悲しいですよね…

このようにかなり難しいと思われる役柄ですが、細田さんは以下のようなコメントを残しています。

僕が演じる原健太は、とある問題を抱えている少年です。僕自身もそうですが、普段の生活の中で、他人と比べて劣等感を抱いてしまったり、何らかの壁があって生き辛く感じたりすることもあると思います。しかし、だからといって自分の夢ややりたいことを、決して諦めたくはありません。
このドラマをご覧になって、また、健太という役を通して、どんなに高い壁があったとしても、夢を叶えるために頑張ろう! と前向きな気持ちを持っていただけたらうれしいです。
監督とお話しし、健太のイメージに近づけるように(体重を)増量し、これから髪も短く切って撮影に臨みます。外見を変えることでの役作りは初めてで、身が引き締まる思いです。
一つ一つ丁寧に演じることを心掛けて頑張ります。是非、ご覧ください!
引用:コミックナタリー

自閉症という問題を抱えながらも、夢を叶えなるために頑張ろうとする原健太。
そんな彼を通して視聴者に前向きな気持ちを持ってほしいと考える細田さんは、かなり志の高い方ですね!

また、役のために髪を切り増量までしたとは中々の気合の入れようです。
なんと体重は57キロから70キロまで増やしたのだとか。

外見をここまで変える役作りは初めてとのことで、細田さんにとっても新たな挑戦となったのではないでしょうか?

ちなみに外見だけでなく、内面でも役作りを試みたものがあるのだとか。
それは、原健太の昆虫好きという特性を作り上げることです。

実は、細田さん自身は虫を触ることができません。
虫が苦手な人が、この役を演じるのはかなり難しそうですよね(笑)

彼は台本に出てきた虫について学び、その虫を好きになるよう努力しているようです。
そうすることで、原健太の気持ちを理解しより役に入り込むことができるのだとか。

そんな細田さんの切実な努力が表現された姿を、実際にドラゴン桜2で見ることをオススメします!

roni
roni
虫を克服できるのすごい…
私は虫は絶対無理なので、細田さんのこと尊敬しちゃう。

ドラゴン桜2|原健太役・細田佳央太の演技力が凄すぎると話題に

ドラゴン桜2での細田さんは、自閉症を抱える少年という難しい役柄。
そんな彼ですが、世間ではその演技力が凄いと話題になっているようです。

ドラゴン桜2で細田さんを知った方でも、素直に演技力が凄いと感じているようす。
特に自閉症の表現が突き抜けており、その演技に魅了されたようですね!

実際に作中での演技を見てみると、その細やかな表現に驚かされます。
目線や歩き方、話し方など細部まで表現しており、自閉症を抱える原健太というキャラクターを見事に演じています。

こんなに難しい役柄なのにここまで完璧に表現できる細田さん、やはり実力派若手俳優と呼んで差し支えないでしょう。

元々、ファンの間では演技力に定評があった細田さん。
今回の原健太役を通して、さらに磨きがかかったのではないでしょうか?

これからもどんどん実力をつけていくこと間違いなしの細田さんに、期待したいですね!

roni
roni
細田さんが実力で視聴者を圧倒させるの、少年漫画みたいで爽快!
これからの活躍に期待ですね。

細田佳央太はどんな人物?

自閉症の難しい役柄も難なく演じてしまう細田さん。
彼は、町田くんの世界の主役・町田くん役として知られています。

引用:映画『町田くんの世界』公式

とはいえ、細田佳央太さんについて詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか?
この項目では、細田さんの人物像についてまとめてみました♪

細田佳央太のプロフィール

引用:AMUSE

生年月日 : 2001年12月12日(19歳)
出身地 : 東京都
身長 : 173cm
血液型 : A型
事務所 : アミューズ
  • 2014年、映画『もういちど 家族落語』で俳優デビュー
  • 2019年、映画『町田くんの世界』で映画初主演を果たす
  • 2021年、ドラマ「ドラゴン桜2」出演

細田佳央太は運動神経抜群!

2014年に俳優としてデビューした細田さん。
その後も映画主演やドラマ出演など、着実に活躍の場を広げている実力派俳優です。

そんな細田さんですが、実は運動神経が抜群なようです。
大人しそうなイメージなので、運動する姿は少し想像しにくいですよね(笑)

特技はバスケや剣道で、小学生の頃からスポーツに励んできたようです。
そのおかげもあってか、結構筋肉もついています。

ムキムキとまではいきませんが、程よく鍛えられていますよね!
キュートなお顔とのギャップでキュンとしそうです。

ちなみに、いつかはバキバキの腹筋を手に入れたいと考えている細田さん。
甘いルックスに鍛え上げられた肉体…もはや最強ですね(笑)

細田佳央太は〇〇に似てる?筋肉やさくらの親子丼の演技も凄いと話題映画「町田くんの世界」で映画初主演を果たし、今後の活躍が期待される若手俳優・細田佳央太(ほそだかなた)さん。 4月からスタートのドラマ...
roni
roni
いつ見ても細田さんは引き締まった身体していますね!
ムキムキの細田さん、どんな感じなのでしょうか。

まとめ

「ドラゴン桜2」に出演している細田佳央太さん。
そんな彼について、以下のことが判明しました。

まとめ
  • 細田佳央太は運動神経抜群
  • 細田佳央太演じる原健太は昆虫好きの優しい性格だが、自閉症を抱えている
  • 細田佳央太の演技力が視聴者を魅了

「ドラゴン桜2」へ出演し、その演技力の高さで視聴者を魅了した細田さん。
そんな彼の演じる原健太は、自閉症を抱えているという難しい役柄でした。

しかしその難しい役でも、圧倒的実力で演じる細田さん。
彼の実力は、もはや疑うことはないでしょう。

そんな細田さんが活躍する「ドラゴン桜2」に今後も目が離せませんね!