日本テレビ

【私たちはどうかしている】第1話のネタバレや感想、無料動画の視聴方法

「浜辺美波」と「横浜流星」がW主演を務める日本テレビ系水曜夜10時ドラマ『私たちはどうかしている』。

和菓子屋を舞台に繰り広げられる殺人事件、裏切り、復讐、そして愛。
過酷な運命に翻弄されながらも、だんだん惹かれ合っていく二人と、15年前の事件の真相を美しい和の世界観で描かれています。

この記事では、第1話ネタバレ感想無料動画の視聴方法を紹介していきます。

roni
roni
ドラマで描かれている世界観や和菓子がなんとも美しい!
着物姿の二人に見入っちゃいます。

2話のネタバレへ

【私たちはどうかしている】1話のあらすじとネタバレ

《第1話あらすじ》

15年前。老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が何者かに殺害された。
そして、彼の息子の証言から、住み込みで働いていた女性職人が容疑者として逮捕される。

互いに初恋の相手だったはずの七桜(なお)と椿(つばき)は、容疑者の娘と被害者の息子となり、憎み合ったまま離ればなれに…。

そして、15年の時を経て、二人は運命の再会を果たす。

椿は、七桜を幼なじみと気づかぬまま、 再会したその日にプロポーズ!
母の無実を証明するため、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、光月庵に乗り込む七桜!
しかし、そこには、結婚に反対する女将の執拗な嫌がらせやドロドロのお家事情など、様々な逆境が待ち受けていて…!?

引用:日本テレビ公式サイト

roni
roni

事件以降、辛く寂しい生活を送っていた七桜に、人生の転機が訪れます。
果たしてこれからどうなっていくのか目が離せません。

ここからはネタバレを含んでいます。
まだ視聴されていない方はご注意ください。

人生の転機

ドラマは満開の桜の下でのお茶会のシーンから始まる。
花岡七桜(浜辺美波)は和菓子作りに情熱を注ぐ若き和菓子職人。

七桜は贔屓の客で茶道の宗家の娘・真由まゆ(小島藤子)に声を掛けられる。
それは、結婚式で出す引き出物のお菓子を決める「和菓子対決」に出て欲しいという依頼だった。

七桜は「大勢の人に食べて欲しい!」と思い対決を引き受けるが、その対決の相手が金沢の老舗和菓子屋・光月庵だと知る。

光月庵は15年前、母が住み込むで働いていた和菓子屋であり、
七桜から全てを奪ったお店だった…

引用:日本テレビ公式サイト

椿との出会い

15年前、和菓子職人だった母・百合子(中村ゆり)に連れられ、光月庵にやってきた。
母が光月庵で住み込みではたらくことになったため、母とともにここで暮らすことになったのだ。

ここで、光月庵の一人息子・高月椿(横浜流星)と出会う。
七桜の名札を見て「さくらだ、僕と同じ春の名前だ」と言った椿。
七桜のことをさくらと呼び、その明るく人懐っこい性格ですぐに仲良くなる。

七桜は、椿と百合子と共に幸せな日々を送っていた。

七桜の人生を一変させた事件

ある日、雷鳴に目を覚ました七桜は、母屋へ向かった。
椿の花が庭中に咲いている。
七桜は、椿の後姿を見つけ駆け寄ると…
血まみれで立ち尽くす椿と、その足元で息絶えている椿の父・樹いつき(鈴木伸之)の姿があった。

従業員たちが駆け椿に犯人を見たか尋ねると、椿は「父親を殺したのは百合子だ」と証言する。
椿の一言で殺人犯の娘となった七桜は、光月庵を追い出され、全てを失う…

roni
roni
幸せな生活から一変し、どん底に落ちてしまった七桜。
椿は一体何を考えていたのでしょうか。

母からの手紙

光月庵が和菓子対決の相手と知り、一度辞退を決心した七桜。
そんな中、住み込みで働いていた店から突然解雇を言い渡された。

行き場を失った七桜は、見知らぬ男・多喜川(山崎育三郎)から母から預かったという手紙を受け取る。
今は亡き母の思いを知った七桜は、光月庵と戦うことを決め、長い黒髪を切り落とす。

roni
roni
多喜川は一体何者…?
なぜ母からの手紙を持っていたのか。
謎が深まるばかりです。
引用:日本テレビ公式サイト

椿との再会とプロポーズ

和菓子対決当日。
15年ぶりに再会した椿の冷たく自信に満ちた姿を前に、動揺する七桜。

対決の御菓子のテーマは“桜”。
椿の美しく繊細な和菓子と、桜の“食べる相手の想いを込める”和菓子で勝負する。

しかし対決終了後、敗北を知った七桜は、しょんぼりしながら会場を後にする。
会場を出たところに立っていた椿に突然腕を掴まれ、「俺と結婚しない?」と声をかけられる。

15年前、母親を殺人犯にした証言をする椿の記憶がフラッシュバックした七桜は、
ある思いを胸に「しましょう、結婚」と答える。

多喜川から渡された母の手紙にはこう書かれていた―――『私は何もやってない』

引用:日本テレビ公式サイト

いざ光月庵へ

椿に「三日後に光月庵に来い」と言われ、光月庵を訪れた七桜は、城島(高杉真宙)に案内される。
椿と日本屈指の旅館の娘・長谷栞(岸井ゆきの)が神前式を挙げている最中だった。

迷わず椿の前に飛び出した七桜。
椿は参列者がざわめく中、七桜と結婚すると宣言する

混乱する中、今日子(観月ありさ)がその場を収めて別室へ。
政略結婚を強要する今日子に、七桜は15年前の事件の話を出して引き下がらない。

そこへ、光月庵の大旦那・宗寿郎(佐野史郎)が現れる。
大旦那は大広間へ向かうと大勢の前で土下座し式の中止を懇願する。

光月庵の立て直しを誓う椿

大旦那の姿を見た椿は、雨の庭に土下座し、支援を取り付けるための結婚であったと告白する。
光月庵の立て直しを宣言した椿。
大旦那は「半人前のくせに!」と言い放ち、3カ月で店を立て直すことができなければ、七桜と共に光月庵を去るように告げる。

七桜の決心とこれから

椿との結婚を利用して、15年前の真相を突き止めることを決心する七桜。
七桜を待ち受けていたのは、想像以上に過酷な日々だった…

roni
roni
1話はここまでで終了。
なんか重い話になりそうな予感です(笑)

【私たちはどうかしている】1話 視聴者さんの感想

椿(横浜流星)、七桜(浜辺美波)は原作のイメージどおりでよいキャスティング!
椿の、繊細ながらも男っぽい色気照れ和菓子や着物もきれいで見入っちゃいました。
七桜と椿のキスシーンが美しすぎる!
第2話も楽しみです!

Twitterの感想

【私たちはどうかしている】第1話の見どころまとめ

  • 椿と七桜の過去
  • 突然プロポーズする椿の思惑
  • 七桜の決心
  • 謎が多く、引き込まれるストーリー展開
  • 神前式に乗り込む七桜
roni
roni
1話から怒涛の展開でした
2話は悲しい展開になりそうな予感です。
椿と七桜の関係はどうなっていくんでしょうね…

【私たちはどうかしている】第1話を無料で視聴する方法

Huluで全話配信中です。
Hulu は2週間の無料体験ができます。この期間に解約すれば料金はかかりません。
詳細は Hulu ホームページでご確認いただけます。