日本テレビ

【ハケンの品格2020】原作者は誰?脚本はあの名ドラマも手掛けた人物!

ハケンの品格」は2007年に放送され、篠原涼子演じるスーパー派遣社員・大前春子の破天荒ぶりが話題となったドラマです。

そして2020年には13年ぶりの続編「ハケンの品格 2020」が放送開始。
ドラマの内容も令和という現代に合わせた内容に進化し、多くの人の共感を得ました。

そんな話題の「ハケンの品格」ですが、原作者は存在するのでしょうか?
この記事では、原作者の有無とその人物についてご紹介していきます。

roni
roni
ドラマはインパクトの強い内容ですが、確かにあまり漫画や小説のイメージはないですね。
原作者がいるとしたら、どのような方なのか想像が膨らみます。

【ハケンの品格 2020】原作者は誰?

膨大な資格とスキルを武器に生き抜く一匹狼のスーパー派遣・大前春子。
上司や正社員に対しても物怖じせず、言いたいことをズバズバ言う彼女。
そんな彼女を中心に展開するストーリーは爽快感さえも覚えます。

そんなドラマ「ハケンの品格」ですが、実は脚本家考案の完全ドラマオリジナルシリーズ。マンガ版は存在するようですが、ドラマをもとにしたコミカライズとのことです!

したがって、「ハケンの品格」には原作が存在しません。

ちなみに脚本家は中園ミホさんという女性。
原作者は存在しませんが、この中園ミホさんという方が生みの親ということですね!
原作がない状態から、作品を生み出すなんて凄いですよね…

「ハケンの品格」という名ドラマを生み出した中園ミホさん。
彼女は一体どんな人物なのか気になりますね。

というわけで、ここから先はそんな「ハケンの品格」の脚本家・中園ミホさんについてご紹介していきます!

roni
roni
原作がなかったのは意外でした。
しかし、大前春子は「女性が憧れる女性」という人物像。
生みの親が女性なのは納得ですね!

脚本家・中園ミホの経歴

引用:中園ミホ公式占いサイト

中園ミホさんは、もともとは大学卒業後に広告代理店で勤務していました。
その後、コピーライターや占い師などを経験。
そして脚本家・桃井章との出会いがきっかけでシナリオライターとなります。

その後1988年「ニュータウン仮分署」というドラマをきっかけに脚本家デビュー。
育児休業を経て、1995年のフジテレビ月9ドラマ「For You」で復帰しています。

復帰後は「ハケンの品格」を含め、数多くの名ドラマを世に輩出してきました。

なんと「やまとなでしこ」「Doctor-X 外科医・大門未知子」「花子とアン」などの名ドラマも手掛けていたようです。
どれも世間で話題になったドラマばかりで、その実力には本当に驚きですね!

ツイッターでも話題になっていました。
中園ミホさんの実力や知名度も高いことが伺えます。


受賞歴も華々しいもので、数々の名誉ある賞を受賞しています。
「ハケンの品格」も2008年には、「放送ウーマン賞2007」を受賞しているようです。

roni
roni
まさかこんなにも多くの名作を手掛けているとは…
中園さんが手がけるドラマは、女性が主人公のものが多いですね!
女性ならではの視点で生き生きとした人物を表現しているので、私も共感しやすいです。

取材力の中園ミホ

素晴らしい経歴を持つ中園ミホさん。
そんな彼女ですが、「取材力の中園ミホ」という呼び名があるようです。

その名の通り、彼女は徹底的な取材を軸としたマーケティングリサーチを得意としています。

その力は、「ハケンの品格」を制作するにあたっても発揮されました。
中園ミホさんは、その脚本を書くにあたってあることを実践しています。

そのあることとは、100人以上の派遣社員に取材をすること。
現場で働く派遣社員達にその実情を取材し、脚本制作に活用したようです。

最初は警戒してあまり多くのことを話さなかった派遣社員の方々。
しかし中園さんの徹底的な取材や人柄のおかげで、回数を重ねるごとに多くの情報を集めることができたそうです!

最終的には定期的に飲みに行くようになった方も多数存在。
2007年版「ハケンの品格」が終了した後も、現在まで関係が続いています。
中園さんは、仕事ができるだけでなく、きっと魅力的な人柄なのでしょうね。

そして実は「ハケンの品格 2020」の制作が決定したのも、その派遣社員の方々との交流がきっかけです。

派遣社員の方々との交流を続ける中で、2020年になってもその厳しい状況は変わっていない。
そんな現場の嘆きをを聞いて、再び「ハケンの品格」を書かなくてはいけないと感じたそうです。

このことを日本テレビに相談したところ、快く承諾。

こうして「ハケンの品格 2020」がスタートしたのです。
現代に合わせたテーマで様々な社会問題を描く脚本に、多くの人が心を動かされました。

そんな脚本を書くことができたのも、中園さんが地道に取材をしてきた賜物です。
徹底的に取材を重ねるからこそ、魅力的な物語やキャラクターを生み出すことができる。

これが「取材の中園ミホ」と称される由来なのですね!

roni
roni
飲みに行ける仲になるとは、中園さんの人柄の良さを表しているエピソードですね!
中園さんの物事を徹底的に追及する姿勢は、私も見習いたい!!

【ハケンの品格 2020】マンガ版について

先述の通り、「ハケンの品格」はドラマ発のオリジナルストーリー。
しかし、ドラマをもとにしたマンガ版が存在するようです!

引用:講談社コミックプラス

作者は平田京子さんという方です。
2007年に講談社から発売されました。

ドラマ版と異なり、主人公は森美雪という女性。
森美雪は2007年版の登場人物の一人で、彼女の視点から物語が進みます。
このことから、内容もドラマ版とかなりの相違点が見られるようです。

しかし、ドラマ版にはなかったエピソードも多数掲載されています。
マンガ版はドラマとは別物として楽しむことができますね!

巻数も1巻で完結なので、短い時間でサクッと読みたい方にオススメです。

roni
roni
大前春子とは違った視点で物語を見れるのは新鮮ですね!
「スーパー派遣」ではなく一般人の目線なので、より共感できそうです。
なお、現在は新品が品切れ状態で電子書籍化もされていない状態。
気になる方は中古品で探してみると良いかも。

【ハケンの品格 2020】原作者 まとめ

  • 「ハケンの品格」には原作者がいない
  • 「ハケンの品格」の生みの親は脚本家・中園ミホさん
  • 中園ミホさんは「取材力の中園ミホ」と呼ばれるほど、徹底的に取材を行っている
  • ドラマ版をもとにしたマンガ版「ハケンの品格」が存在する

「ハケンの品格」が原作者のいない、完全ドラマオリジナルシリーズとは驚きでした。

しかし、脚本家・中園ミホさんが地道に取材を重ねたおかげで生まれた「ハケンの品格」。人気ドラマの裏側には、彼女の努力や現場で働く派遣社員の声がありました。

これからも中園ミホさんはその取材力を生かして、名ドラマを生み出して欲しいですね!