日本テレビ

【極主夫道】ドラマ第8話ネタバレと感想、無料動画の視聴方法

11月29日(日)よる10:30から放送された【極主夫道】第8話

第8話では、龍の住む火竜町に大人気のスイーツカフェチェーンが進出。
その影響で潰れていく商店街のお店を守るため、龍がスイーツ作りで勝負を挑みます。

「映える」美味しそうなスイーツがたくさんで、見ていてお腹が空いてきそうな第8話。
視聴率は前回から0.9ポイントアップし、8.3%でした。

この記事は【極主夫道】8話のネタバレ感想無料動画を見る方法をお伝えします。

第7話のふりかえり

掃除中に美久(川口春奈)が大事にしている「ネオポリスガール」のフィギュアを壊してしまった龍(玉木宏)。
美久にばれたら殺される!と恐れた龍は、同じものを買おうとおもちゃ屋へ行くが、それには20万円のプレミアが付いていた。

フィギュアを手に入れるため、龍はスーパーや喫茶店などでアルバイトをしたりして必死にお金を貯め始める。
一方で、ネオポリスガールのオタクである警察官の酒井も、密かに同じフィギュアを狙って涙ぐましいほどの節約生活を続けていた。

龍と酒井がようやく20万円を貯めておもちゃ屋へ向かうも、フィギュアはすでに売れてしまっていた。
幻のおもちゃ屋を探して聖地巡りをする龍と酒井。
そこで偶然に闇取引の現場を押さえ、酒井は手柄を立てることが出来た。

しかし龍はフィギュアを壊して庭に埋めたことが美久にばれてしまい、締め上げられるのであった。

【極主夫道】第8話あらすじとネタバレ

《第8話あらすじ》

龍(玉木宏)は美久(川口春奈)から、スイーツカフェのチェーン店・ちぇりーぱふぇぱふぇが近所に新しくできると聞く。美久の話によると、おいしいスイーツがあるらしく、行きたくなる龍。
ちぇりーぱふぇぱふぇが開店して以来、ゆかり(玉城ティナ)が勤める喫茶店や火竜町商店街の店には客が来なくなってしまった。ちぇりーぱふぇぱふぇは、あちこちに出店して地元の店を潰してしまうため“スイーツギャング”と恐れられていた。そのことを知った雅(志尊淳)は、ちぇりーぱふぇぱふぇと話を付けてくると意気込む。
雅は、ちぇりーぱふぇぱふぇのオーナー・リサに会いに行く。しかし、リサに理路整然とまくしたてられ、雅は圧倒されるばかり。

龍は雅に、一緒にスイーツギャングと闘ってほしいと頼まれる。そんな中、雲雀(稲森いずみ)が、大変なことが起こっていると龍と雅に伝える。店員を引き連れたリサがスーパーで酒やつまみを大量に買い込みながら、ヤクザと組んで賄賂をばらまいて火竜町を乗っ取る企みを話していたというのだ。龍は、火竜町を守るために一肌脱ぐと宣言する。
龍は、ちぇりーぱふぇぱふぇに対抗できるおいしいスイーツを作ろうと考える。そんな龍に田中(MEGUMI)が「自分の店を持ってみない?」と持ち掛ける。田中は、地域を取り仕切る影の顔役たちによる組織・八竜会を紹介すると言う。

八竜会は8つの町の婦人会会長で構成され、多くの主婦たちを動員できる力を持っていた。八竜会に、にらまれれば存在自体を消されてしまうと、江口(竹中直人)も恐れるほどだった。
龍は、八竜会の定例会議に向かった。八竜会の会長は、金竜町婦人会会長で“甘味王”とあだ名される福田。龍は、福田をはじめとした八竜会の最強主婦たちと対面し、協力を申し入れるが…。

引用:ytv【極主夫道】公式サイト

roni
roni
「スイーツギャング」とスイーツ勝負!「八竜会」とは何者?
スイーツと言えばライバル虎二郎の登場もあるのでしょうか?
今回も濃いキャラがたくさん出てきそうで目が離せません♪

ここから先はネタバレを含んでいます。
まだ「極主夫道 第8話」をご覧になっていない方はご注意ください。

新しいスイーツカフェ ※ここからネタバレ

食卓のフルーツタルトを囲む(タツ・玉木宏)、美久(川口春奈)、向日葵(白鳥玉季)。
龍は味でその果物の生産者がわかるという。
「一度食うたもんはこの舌が忘れへん」と言う龍に「何その能力!」と驚く美久。

そして大人気のスイーツカフェのチェーン店「ちぇりーぱふぇぱふぇ」の話題になる。
その大人気店が火竜町にもオープンしたとのこと。
甘い物好きの龍は興味津々な様子だった。

roni
roni
「ちぇりーぱふぇぱふぇ」…あのアーティストを思い浮かべてしまう(笑)
これだけで何となくお店の雰囲気がわかりますね!

ちぇりーぱふぇぱふぇの黒い噂

ゆかり(玉城ティナ)のバイト先の喫茶店に、(マサ・志尊淳)と火竜町婦人会長の田中(MEGUMI)がいた。
田中に主婦友の太田(田中道子)から電話が入る。
太田が田中から頼まれていたケーキを買いに行ったところ、そのケーキ屋が潰れていたという。

ゆかりや田中はちぇりーぱふぇぱふぇのせいだと憤る。
田中によると、ちぇりーぱふぇぱふぇがあちこちに出店しているせいで地元の店が潰れているという。
それゆえ巷ではスイーツギャングと呼ばれているらしい。

「この喫茶店ももう終わりですかね〜」とため息をつくゆかりに、雅は「向こうのオーナーと話をつけてくる。」と立ち上がる。

ちぇりーぱふぇぱふぇにやってきた雅に若い女性が話しかけてきた。
その女性こそがオーナーのリサ(馬場ふみか)である。

「この店ができてから商店街の店どこも商売上がったりでさ」と言う雅。
しかし「皆さんの実力不足なんじゃないんですか?遊びじゃなくてビジネスなんだから」と至極正論で言い負かされてしまう。

 
引用:ytv【極主夫道】公式サイト

雅は龍にちぇりーぱふぇぱふぇを追い出すのを手伝ってほしいと頼み込む。
しかし、龍は「まっとうにシノギやっとるだけなんとちゃうんか」と乗り気ではない。

と、そこへ龍の古巣である元・天雀会(てんじゃくかい)の姉御・雲雀(ひばり・稲森いずみ)が訪ねてきた。
パート先のスーパーでちぇりーぱふぇぱふぇのリサと店員たちの会話を聞き、龍に伝えにやってきたのだ。

「ケチケチせずにばら撒いちゃえばいい」
「高いお金払って看板持ちも付けたんだし」
「綺麗事言ってないでやるときは容赦なく弾いちゃいなさい」

どうやらリサはヤクザと手を組んで賄賂をばら撒き、火竜町を乗っ取ろうと企んでいるのではないか、というのが雲雀の推測だった。
それを聞いた龍は火竜町を守るために一肌脱ごうと決心する。

roni
roni
リサはこの若さでかなりしっかりした経営者のようですが…
まさか汚い手段で上り詰めたのかしら?

スイーツギャングへの対抗策

スイーツにはスイーツで対抗、ということで、龍と雅はゆかりのバイト先の喫茶店にスイーツのメニューを増やすことを提案。
店内をカラフルに飾り付け、見た目も華やかなパンケーキを提供すると、次第に若い女性客で賑わうようになった。

しかし、リニューアル前の喫茶店を悪く言う客の雑談をマスター(水橋研二)が耳にしてしまう。
その言葉に傷ついたマスターが珍しくブチ切れてしまい、せっかくの客が逃げてしまった。

作戦が失敗に終わり、肩を落としながら帰る龍と雅の前に田中が現れ、龍に「自分の店を持ったらどうか」と提案する。
本気で店を持つのなら「八竜会」に話をつけてくれるという。

「八竜会」…聞き慣れない名前にどこの極道なのか気になった龍は、古巣・元 天雀会の事務所を訪れて尋ねた。
菊次郎(竹中直人)と雲雀によると、八竜会は極道なのではなく、この近隣8つの町の主婦のトップ組織

多くの主婦たちを動員できる力を持っていて、彼女たちに睨まれれば存在自体を消されてしまうほどだという。

八竜会に頼み事をするなら覚悟してかかるように、との助言に頷いた龍は、八竜会の定例会議へと向かって行った。

龍が去った後、ちぇりーぱふぇぱふぇがどんな店なのか気になった菊次郎はスマホで検索。
そこに出てきたリサの写真を観た瞬間、菊次郎の顔色が変わった。

roni
roni
八竜会…なんだか強そうな名前!
どんな人たちなんでしょう?
菊次郎の反応も気になるところです。

龍、八竜会と対面

とある会議室。
ここが八竜会の定例会議場である。
婦人会長たちの威圧感に龍も緊張の面持ちだ。

龍の自己紹介に続き、田中がちぇりーぱふぇぱふぇに支配されそうな火竜町の窮状を訴え、「龍さんに店を持たせてやってはいただけないでしょうか!」と頭を下げた。

龍は手土産の手作りどら焼きを差し出す。
それを口にした金竜町婦人会長にして八竜会のトップ、甘味王の福田(石田ひかり)

龍の腕を認めると、和菓子作りを教えてくれるという。
こうして八竜会の許可を取り付けた龍は、福田の指導のもと、和菓子店を出すことになったのだった。

roni
roni
重箱の中のどら焼きの匂いを嗅ぎつける福田さん…只者ではなさそうです。

龍の店「素手喧嘩(ステゴロ)」

翌朝、10時に商店街近くの空き地に来るよう言われていた龍。
確かに昨日まで空き地だった場所に、立派な店が建っている。

「まさか、一晩でこの店を建てた…?」と雅も驚きを隠せない。
看板には「素手喧嘩(ステゴロ)」の文字。どうやらこれが店名のようだ。


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

店内には調理器具や装飾品など、八竜会メンバーそれぞれの得意分野の粋を集めた一流品が揃えられていた。

そして甘味王福田による和菓子作りの手ほどきが始まった。
教えてもらったのは、昔福田が火竜町で和菓子店を営んでいたときの看板メニュー、いちご大福
あんこに隠し味で秘伝の醤油を足すのが福田流だ。

 
引用:ytv【極主夫道】公式サイト

その夜、龍が店を開くことを心配する美久に「この町には色々と恩があるから」と答える龍。
龍の気持ちを聞いた美久と向日葵は協力を申し出る。

roni
roni
たった一晩であんな立派なお店を建ててしまうなんて、八竜会恐るべし!
それにしても福田さんのいちご大福、美味しそうですね♪

美久の潜入捜査

翌日、ちぇりーぱふぇぱふぇに偵察にやってきた美久。
初めは冷めた目で批評していた美久だったが、運ばれてきたパフェをひと口食べた瞬間「わ、うま!」と声を上げてしまった。


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

そこで店長のリサと店員たちが美久に駆け寄り親しげに話しかける。

美久はこれまでに聞いてきた悪い噂についてリサに問いただした。
すると「ばら撒いていた」ものが、賄賂ではなく割引券だったことが発覚する。

「高いお金で雇った看板持ち」もヤクザのケツ持ちではなく、単純にお店の看板を背負って街頭でビラ配りをするアルバイト。
「容赦なく弾く」というのは少しでも鮮度の落ちた商品はすぐに廃棄するように、という意味だった。

ちぇりーぱふぇぱふぇがヤクザと手を組んで悪どい事をやっているというのは、どうやら雲雀や龍の勘違いだったようだ。

「そんなことより、私たち、友達になりません?」リサは美久に言うのだった。


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

龍の店では翌日の開店に向けて雅に試食をさせていた。
しかし、雅の様子から雅が虫歯なのではないかと気づいた龍。
歯医者嫌いの雅を追い立て、歯医者に行くよう命じる。


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

雅と入れ替わるように学校帰りの向日葵が手伝いにやってきた。
しかし、雅がいないならどうでもいいと、すぐに帰ってしまう。

ひとりきりになり落ち込む龍に、美久から電話がかかってきた。
なりゆきでちぇりーぱふぇぱふぇの内装デザインを考えることになってしまったという。

龍には「相手の卑怯な女にまんまとはめられて…」と言いつつも、美久はちゃっかりちぇりーぱふぇぱふぇの制服を着てはしゃいでいた。


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

美久を見送りながら真顔に戻るリサ。
「ビジネスなんだから人脈は大事でしょ。特にこの火竜町だけは譲れない。」
それを遠くから見つめる一人の男の影…菊次郎の姿がそこにあった。

その夜、ちぇりーぱふぇぱふぇの悪い噂は全部勘違いだったと龍に報告する美久。
そしてデザイナーとしてリサに協力するため、店を手伝えなくなったことを謝る。

「まさか美久と敵同士の組になってしまうとはなぁ」
「あぁたっちゃん。どうしてたっちゃんは和菓子屋なの?」
「美久。美久はなんで洋菓子屋なんや」
突如始まるロミオとジュリエットごっこに向日葵のツッコミが響いた。

roni
roni
美久、可愛い制服に負けてしまいましたね(笑)
ちぇりーぱふぇぱふぇの悪い噂は本当に勘違いだといいのですが…
リサの表情から、その本心はまだ分かりません

菊次郎の秘密

元・天雀会事務所にて、お酒をあおる菊次郎。
それを心配そうに見ていた雲雀は、また菊次郎のお宝を売って酒代を賄おうと思い立つ。
雲雀が何気なく骨董品を持ち上げると、その下から写真が出てきた。

そこに写っていたのは若かりし頃の菊次郎と見知らぬ小さな女の子。
「あんた、これ…」と尋ねると、菊次郎は酒に酔って寝ぼけながらも「すまん…許してくれ…」とつぶやく。
雲雀は何かを悟ったようだった。

roni
roni
最近の菊次郎は、ずっとお酒を飲んでいて挙動不審ですね。
なにかリサと関係がありそうですが…写真の女の子ってもしかして?

手を組む龍と虎二郎

龍の和菓子店「素手喧嘩(ステゴロ)」開店日当日。
早速女子高生の二人組がやってきたが、龍の風貌と言動にすっかり怯え、逃げるように出ていってしまう。

一方、龍が店をオープンしたことを聞きつけたライバルの元極道、クレープ屋の虎二郎(滝藤賢一)。
ちぇりーぱふぇぱふぇが出来てから、虎二郎のクレープ屋も商売上がったりだ。
龍の店に現れた虎二郎は、一時休戦し一緒にちぇりーぱふぇぱふぇに対抗することを提案する。


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

思い思いの和菓子プレートを作る龍と虎二郎。
あんこにもなかを突き刺した「相手事務所に突っ込むダンプカー」
飴細工で儚さを表現した「カチコミで散りゆく兄弟」

その他「昇り龍」「怒り狂う虎」など、なんとも彼ららしい個性的な和菓子が出来上がった。


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

これでちぇりーぱふぇぱふぇにも負けない!と自画自賛する2人だが、問題は彼らを怖がって客が来てくれないことだった。

そこにタイミングよくゆかりがやってくる。
アルバイト先の喫茶店のマスターが、この間のことにショックを受けて一人旅に出てしまい、暇を持て余しているのだという。

龍や虎二郎のもとで怖がらずに接客してくれる人が他にいるはずもない。
仕方なくゆかりの言い値の時給3,000円で手伝ってもらうことになった。

接客がゆかりになったこと、そして龍と虎二郎の見た目にも楽しい個性的な創作和菓子で、ステゴロはあっという間に行列店になった。

ちぇりーぱふぇぱふぇの女性客もステゴロを話題にするほど。
それを聞いていたリサの表情は曇るのだった。

roni
roni
龍と虎二郎のスイーツバトル再び。
2人の独特すぎる作品には大いに笑いました!
これだけ繁盛すれば、ゆかりちゃんの時給3,000円も安いものかも?

リサの秘密

ちぇりーぱふぇぱふぇを覗く雅。
本当は雅も食べてみたいらしい。
虫歯を治すまでは甘いもの禁止と龍には言われていたが「兄貴にバレなきゃちょっとくらい…」と心が揺れている。

その時、店の裏からリサの怒鳴り声が響いた。
「さっきのあの接客、何?そんなんだからあの龍って奴の店に追いつかれそうになってんじゃないの?!」

店員たちを叱責するリサの口調に一層熱がこもる。
「何度も言ってるでしょ。私はこの街でナンバーワンになって、私を捨てた親を絶対に見返してやんなきゃいけないの。何としてでも火竜町をいただくわよ!」

それを聞いてしまった雅は慌てて龍に電話する。
リサがこの町で親に捨てられたこと、龍の店を潰すためならどんな手段を使うか分からないということ。
それを聞いた龍の表情が曇る。

一夜明けて、ステゴロにやってきた龍、虎二郎、ゆかりは呆然とする。
店の前の生ゴミの袋が破られ、ぶちまけられていたのだ。


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

そこに火竜町婦人会長の田中と水竜町婦人会長・山本(映美くらら)もやってきた。

ちぇりーぱふぇぱふぇの仕業ではないかと勘ぐる田中と山本。
さらに、バナナの皮に滑って田中は頭を打ってしまう。

ちぇりーぱふぇぱふぇにカチ込んでやる!と息巻く虎二郎、田中、山本を龍は止める。
暴力による解決を嫌う龍は、冷静に話をしてくると一人ちぇりーぱふぇぱふぇに向かっていった。

その頃ちぇりーぱふぇぱふぇでは、リサと美久が店内のデザインの打ち合わせをしていた。そこに龍が乗り込んでくる。
美久が龍の妻だとバレてしまい、気まずい雰囲気に。

龍が今朝の生ゴミの話を切り出そうとした時、パフェが運ばれてきた。
話をするだけでもタダで居座るわけにはいかないと注文したようだ。
ライバル店に対しても筋を通す男である。

早速パフェを一口食べた龍に衝撃が走る。
「うっ…うまい!」
「その味にたどり着くまでに相当研究を重ねたからね」とリサ。

続いてパフェに刺さったきなこスティックを一口かじったとき、龍は何かに気がついたようだった。
「そうか…なるほどなぁ…」


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

一方、元・天雀会事務所では、雅が雲雀に先程聞いたリサの話を報告していた。
「これで全部繋がったよ…」雲雀は懐から1枚の写真を取り出す。
それは先日菊次郎の骨董品の下から見つけた、菊次郎と幼い女の子の写真だった。

雲雀の推理は、その写真の子はリサで、菊次郎の隠し子なのではないか、というものだった。
そう考えると、SNSでリサの写真を見てから菊次郎の様子がおかしくなってしまったのも辻褄が合う。
リサは自分を捨てた菊次郎を恨み、火竜町を乗っ取ろうと決意したのだろう。

そこに酒に酔った菊次郎が帰ってくる。
そんな菊次郎に雲雀は駆け寄り、一喝。
「いつまでリサから逃げるつもりだい!あんたしか、あの子を止められないんじゃないのかい!」

roni
roni
リサが火竜町にこだわる理由が分かりました!
でも真剣に味の研究を重ねて自身満々のリサが、ライバル店に嫌がらせをするかな?

龍とリサのスイーツ対決

とあるキッチンスタジオで、龍とリサが向かい合っていた。
龍の発案でスイーツで勝負をすることになったのだ。
得意のスイーツを作り、負けたほうが店を畳む。
審査は甘味王・福田だ。


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

勝負開始。
龍は田中の掛け声に合わせて激しく調理していく。


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

それを横目に冷静に作業を進めるリサ。


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

そして両者とも完成したスイーツを福田に差し出す。
龍はいちご大福、リサはもちろんパフェだ。

福田はまず龍のいちご大福から手に取る。
「へぇ、あたしにいちご大福を出すとは。いい根性してるね」
その評価は「やるじゃないか」と好感触だ。

続いてリサのパフェの審査に移る福田。
パフェに刺さるきなこスティックをかじった瞬間、福田の顔色が変わった。
福田は何かを察したようにリサを見据える。

…とそこへ、雅と雲雀、雲雀に支えられた菊次郎が乱入し、勝負は一時中断。

菊次郎が床に座り、リサに頭を下げる。
「すまない…許してくれ!」

その姿を見つめるリサが口を開いた。

「…誰?」

リサの反応に戸惑う雲雀が尋ねる。
「あんた、うちの人の隠し子じゃないのかい?」

雲雀の言葉に驚いて振り返ったのは菊次郎だった。
「隠し子?何いってんだ雲雀」

混乱する雲雀が「じゃあこの子誰だい!」と例の写真を見せると…
「うわぁ懐かしいなこの写真!これは俺が昔、極道映画でエキストラに出たときの写真だ。この子役の娘がものすごく可愛くてな」
と思ってもいなかった答えが返ってきた。

「じゃあなんでリサちゃんに謝ってたんですか!」と今度は雅が叫ぶ。

実は菊次郎、少し前に街でリサとすれ違った時にぶつかってしまい、リサが持っていた飲み物をこぼしてしまったのだ。
弁償しようとしたものの、丁度その時所持金がなかったため、リサの隙を突いて逃げてしまった。
その後ろめたさから、最近の菊次郎は挙動不審になっていたようだ。

「あ〜謝ってスッキリした!」と喜ぶ菊次郎に、思い出して怒りを再燃させるリサ。
すると今度はリサの補佐についていた店員(山谷花純)が何かを思い出した。

「てかおっさん!この間の酔っぱらいじゃん!」

なんと、ステゴロの前のゴミ袋を破り、生ゴミをぶちまけたのは酒に酔った菊次郎だったのだ!
その生ゴミのせいで怪我をした田中に怒鳴られ、雲雀には小突かれる菊次郎。
結局、大騒ぎをしながら雲雀・雅・菊次郎は出ていってしまった。

もう一度静かになったところで、龍は福田に向き直る。
「パフェの味、いかがでしたか?」

きなこスティックを持ち上げ、福田が言う。
「龍さん、このためにあたしを呼んだのかい?これじゃあ勝敗がつけられないじゃないか」
「はぁ?!」唖然とするリサに龍は意味深な笑みを向けるのだった。

roni
roni
相変わらず人騒がせな菊次郎と雲雀でした…
しかし、龍が福田を呼んだ理由とは何だったのでしょう?

スイーツ対決の真相

「本日休業」のステゴロ店内。

「あんな終わり方、納得できない」と不満顔のリサに龍がいちご大福を差し出して言う。
「勝ち負けが必要か?これ食うてみい」

いちご大福を頬張るリサ。

「馴染みのある味やろ。福田さんに教えてもらった」
「この勝負、勝ちも負けもない。あんたのパフェのきなこスティックと、その大福のあんこの醤油はおんなじ大豆を使うとる。お嬢ちゃんの舌はその大福を覚えとったんやなぁ。お母さんの味を」

そう、火竜町で昔リサを捨てた親というのは、離婚で火竜町を出ていったという福田のことだったのだ。
龍はリサのパフェを食べてそのことに気づき、2人の溝を埋めるために今回のスイーツ対決を画策した。

「ほんまはお母さんに自分のスイーツを一口食うてもらいたかったんやろ。」
しかめっ面でいちご大福を頬張るリサに龍が優しく声をかける。

「そないな顔して食わんでもええがな。甘いもんは自然と顔をほころばせてくれる。その気持ちに素直になってもええんとちゃうんか?」
その言葉に、リサの頑なな心が解けていったようだった。

roni
roni
あんこの醤油ときなこスティックの大豆の味まで見分けるとは…龍は超人ですか!
最終的にリサちゃんが笑顔になれてよかった!

スイーツ対決その後

八竜会定例会議にて。
福田が龍を火竜町の婦人会に入れることを提案した。
しかし、龍が婦人会に入るには、現在の「女性しか入れない」という規約を変えなければならない。
福田・田中・山本は規約変更の賛成に挙手するが、他のメンバーはまだ渋っている。
龍にさらなる試練を与えようというのだ。

その瞬間、部屋の電気が点けられた。
「退館の時間ですよ!」

会議室の管理者から退館を急かされた八竜会メンバーはとっさに規約変更の多数決を取る。
結局、全員一致で可決された。

roni
roni
威圧感の凄かった八竜会メンバーも、明かりが点けば普通のオバちゃんたちでしたね。
話し方や仕草に親近感がわきました(笑)

一方、龍一家の食卓。
いちご大福を美味しそうに頬張る美久と向日葵に「美久と向日葵がうまそうに食うてくれるのが俺の幸せや」と龍も笑顔だ。

「そういえばさ、リサちゃん、最近ちょくちょくお母さんと会ってるらしいよ」と美久からも嬉しい報告が聞けた。

さて、ついに観念した雅は龍に連れられて今度こそ歯医者へ。
雅を見送ると、龍は虎二郎のクレープ屋に向かった。

虎二郎もちぇりーぱふぇぱふぇに負けない「映える」クレープを開発中だ。
虎二郎に試食を勧められたその時、龍の右頬に激痛が走る。


引用:ytv【極主夫道】公式サイト

なんと、龍まで虫歯になってしまったようだ。
ライバルの虎二郎には弱みを見せられない…
本当のことが言えず、クレープを試食させようと迫る虎二郎から逃げ回る龍なのであった。

roni
roni
雅に歯磨き指導をしていた龍まで虫歯になってしまったとは。
今回は甘いものをたくさん食べましたからね(笑)

【極主夫道】第8話みんなの感想

今週分を観て 実際に声に出して「ちぇりーぱふぇぱふぇ」って言ってみた人いるんじゃないかな?
(≧∇≦)私も言ってみた。
いや~、飽きさせない!毎週何かしらがツボにはまって、思わず可笑しくて笑ってしまう。
今回は繰り返されるちぇりーぱふぇぱふぇに、やられました(笑)。
お馴染みの勘違い?も、今回はミスリードに惑わされ、竹中さんがお父さんとばかり。
真相のくだらなさ含め、ゴミ撒き散らし真犯人まで面白すぎて爆笑でした。
そんななかでも、毎回龍の周りへの気遣いには感心してしまうというか。
元極道なのに、本当に思いやりが素晴らしい。
生ゴミぶち撒かれ、歩いた先にバナナの皮が!
案の定、スッテンころりん、しかも宙返り。
「これも…奴らの罠ねっ!」の会長MEGUMIの台詞にゆかり役ティナちゃん、「それはただのドジじゃ…」と即ツッコミ。
こんなに王道なのに、もう爆笑で声あげて大笑いしてしまったわww

たったひとつの言動が勘違いを招き、デカイ話になるも結果オーライ。
くだらないし平和だわ、このドラマ。

Twitterの感想

【極主夫道】第8話見どころまとめ

  • 火竜町に「ちぇりーぱふぇぱふぇ」出店、商店街のピンチ
  • 龍、八竜会の協力で和菓子店を出店
  • 菊次郎の隠し子疑惑
  • 龍とリサのスイーツ対決
  • リサと福田の親子の和解
roni
roni
今回も雲雀の勘違いから、スイーツギャングとのスイーツ勝負、菊次郎の隠し子疑惑とドタバタ続き。
でも最後のリサ・福田親子の絆の復活には温かい気持ちになりましたね。
龍と虎二郎のバトル(今回は共闘でしたが)も相変わらず面白すぎて、お腹を抱えて笑いました!

【極主夫道】無料動画を見る方法

【極主夫道】第8話を無料で見る方法をご案内します。

『極主夫道』はHuluで最新話までの全話が配信されています。
Huluは月額1,026円(iTunes Store決済の場合は1,050円)の動画配信サービスですが、2週間の無料体験ができます。
無料期間中に解約すれば料金はかかりません。
詳しくはHuluの公式ページをご確認ください。