日本テレビ

【極主夫道】ドラマ第10話のネタバレと感想、無料動画を観る方法

2020年12月13日(日)よる10:30から放送された【極主夫道】第10話。
毎週視聴者を爆笑の渦に巻き込んできた任侠コメディが、とうとう最終回を迎えました!

家族や仲間たち、火竜町のみんなが力を合わせて龍の望みを叶えていくという胸熱の展開。
感動の最終回、視聴率は前回から大きく回復し、9.7%でした。

この記事では【極主夫道】第10話のネタバレ感想無料動画を見る方法をお伝えします。

第9話のふりかえり

最近、龍と美久の一人娘、向日葵の養子がおかしい。
心配した美久は雅に頼んで向日葵の悩みを聞き出した。

向日葵は自分を叱ってくれない龍に対して「血がつながっていない自分のことをどうでもいいと思っているのではないか」と悩んでいた。

美久と雅は、龍がいかに向日葵を愛しているか証明するため、元・天雀会や町の人々を巻き込んで向日葵の偽装誘拐を企てる。

ちょうどその頃、龍の住む火竜町に、かつて龍が壊滅させた極道「渡瀬一家」がやってきたとの情報が。
龍に恨みを持った渡瀬一家が向日葵をさらったのではないかと疑う龍は、渡瀬一家に乗り込もうとする。

美久と雅は、龍を止めるため、向日葵を連れて龍のもとへ向かい、偽装誘拐だったことを打ち明けようとする。
しかし、目を離した隙に向日葵が乗った車ごと何者かに盗まれてしまう。

向日葵は本当に誘拐されてしまったのだ。
町の人たちも総出で探し回る中、犯人から龍に電話が。
龍は1人で犯人の指定の場所へと向かっていった。

【極主夫道】第10話 あらすじとネタバレ

《第10話あらすじ》

龍(玉木宏)は、向日葵(白鳥玉季)を誘拐した犯人の指定する山小屋へ向かった。指定された場所へたどり着いた龍は、向日葵を見つける。龍は、向日葵のために自分の命を投げ出す覚悟だった。向日葵を誘拐し龍を呼び出した犯人は、いったい誰なのか…?

クリスマスが近付く中、龍は高熱を出して寝込んでしまう。美久(川口春奈)が看病して翌朝には熱が下がるものの、今度は腹痛に襲われる。
龍は病院へ行き、医師の診察で念のために精密検査を受ける。田中(MEGUMI)は病院で、検査を終えて帰る龍を見かける。田中が診察室に入ろうとした時、医師と看護師の会話を聞いてしまう。医師は、龍の検査結果を見て「持って3ヵ月か…」と話していた。田中は、龍があと3ヵ月しか生きられないのだと、ショックを受ける。

美久は田中から、龍の余命を知らされる。龍がもうすぐ死んでしまうなんて、美久には信じられなかった。
龍に何をしてあげられるのか、悩む美久。彼女は、龍にやりたいことをさせてあげようと決意して「たっちゃんが今、やりたいことを書いて」と頼む。龍は戸惑いながら、自分がやりたいと思っていることをいくつか挙げる。

龍の命が残りわずかという話は、田中から雅(志尊淳)、江口(竹中直人)、雲雀(稲森いずみ)、町の人たちに伝えられた。美久は一同を集めて龍がやりたいことを発表し、龍の夢をかなえるために協力してほしいと頼む。美久たちは一致団結し、龍の夢をかなえていくが…。

引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

roni
roni
毎週笑って楽しめていたこのドラマも、いよいよ最終回。
不死身の龍に余命宣告?!展開が気になります!

ここから先はネタバレを含んでいます。
まだ「極主夫道 第10話」をご覧になっていない方はご注意ください。

向日葵誘拐事件の顛末

誘拐犯からの電話を受けた(玉木宏)は、指示通り、1人でとある山小屋にやってきた。
龍はその前に1人で座っている向日葵(ひまわり・白鳥玉季)の姿を見つける。

急いで駆け寄ろうとする龍を、向日葵は静止する。
拳銃で狙われているのだろうと考えた龍は、上着を脱ぎ捨て、地面に腰を下ろして叫んだ。

「さぁ、煮るなり焼くなり好きにせえ。娘の為やったら、この命、おどれらにくれてやろう!」

すると、聞き覚えのある声が。
「な、言っただろう」

「ほんとだね、タコ坊主」
その声に向日葵も答える。

出てきたのは、天雀会の元会長・江口菊次郎(竹中直人)とその妻・雲雀(ひばり・稲森いずみ)だった。
驚いている龍に2人が経緯を説明する。

向日葵は、偽装誘拐も美久(川口春奈)と龍が仕組んで自分を騙そうとしているのではないかと疑っていた。
それならば、美久にも龍にも内緒で向日葵を誘拐し、龍の本当の気持ちを確かめよう、と菊次郎が提案。

そこに美久と(志尊淳)も駆けつける。
向日葵の無事を確認して涙ぐむ美久に、菊次郎たちに迷惑をかけたと頭を下げる龍。
その姿を見てもなお向日葵は「大人が寄ってたかってバカみたい」と意地を張ったままだ。

龍はそんな向日葵の頬を打った。初めて向日葵を叱ったのだ。

そして抱きしめて言う。
お前は、俺の大事な娘や!

龍は向日葵にも自分を叩くように言う。

向日葵は大好きなママを半分龍に取られて寂しい思いをしていたんだろう。
そのことに気づいてやれなかった。もっと早くに腹を割って話すべきだった。

お互いの思いを知った龍と向日葵。
ようやく2人が本当の親子になれた瞬間だった。

龍、美久、向日葵の3人はしっかりと抱きしめあい、家族の絆を確かめる。
「はぁ…ため息出るくらい幸せだわ」と美久がつぶやいた。

次の朝、いつものように美久と向日葵を送り出した龍は、テーブルの上に向日葵の手紙を見つける。

タツ、パパになってくれてありがとうね

roni
roni
初めて龍が向日葵を叱りましたね!
2人のわだかまりが解け、心が通じ合った瞬間。
龍を「パパ」と呼んだ向日葵の手紙には涙が出ました!

龍の病気

喉の調子に違和感を覚えた龍。
ウイルスが喉で暴れているようだ。
ビタミンたっぷり特製ドリンクでウイルスのカチコミに対抗するも、結局熱を出して寝込んでしまった。

そんな龍を心配そうに覗き込む美久と向日葵が手渡したのは、冷蔵庫にあった食材をすべてミックスした特製ドリンク。
茶色でドロドロした、いかにもヤバそうな見た目である。
「これを飲めばよくなるから!」と強引に飲まされてしまった龍はお腹を壊してしまった。

翌朝、熱は下がったものの、腹痛が治まらない龍は、病院で診察を受けることに。
注射が嫌いな龍は必死に医師(眞島秀和)に抵抗する。

 
引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

念のため腹部のCTを撮ってもらい、龍は病院を後にした。

診察室を出ていく龍をたまたま見ていた婦人会長の田中(MEGUMI)。
気になった田中は、診察室から聞こえてくる医師と看護師の会話を盗み聞きする。

「いかんなぁ。持って3ヶ月か。あの人にはもうダメだってちゃんと伝えないとな」

その言葉から、田中は龍が余命3ヶ月なのだと悟る。


引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

田中は美久を呼び出し、病院で聞いた話を伝えた。

呆然とする美久。
田中は美久を励まし、何でも力になると申し出るのだった。

自分を犠牲にして家族のために主夫業を頑張ってきてくれた龍。
死ぬ前に好きなことをさせてあげたい。
その夜、美久は龍にやりたいことを尋ねた。

引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

龍の夢を知った美久は、天雀会や町の人々を集め、叶えるための協力をお願いすることに。

引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

roni
roni
龍が余命3ヶ月?!
本当なのかな…でも心配ですね。
龍のやってみたいことって何かしら?

龍のやりたいこと1「キャンプ」

龍のやりたいこと1つ目は、キャンプ。

引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

龍、美久、向日葵は家族水入らずでキャンプを楽しんでいた。
子供の頃から遠足や研修にすら行けていなかった龍にとって、初めてのキャンプ。
何日も前から楽しみにしていた。

引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

「バーベキューくらいはできる」と張り切る美久。
しかし、着火剤を全部コンロに入れてしまったため、火が強くなりすぎ、食材は黒焦げに…

roni
roni
失敗して泣きそうになる美久の表情が少し切なくなりました…

龍のやりたいこと2「喫茶店の経営」

マスター(水橋研二)の好意で、ゆかり(玉城ティナ)のアルバイト先の喫茶店を任された龍。

 
引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

龍が腕によりをかけたオムライスを味わうのは、警官の酒井(古川雄大)と佐渡島(安井順平)、スーパーの店長・三宅(本多力)の3人だ。

引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

帰り道、龍との思い出を語り合う酒井、佐渡島、三宅。
それぞれにとっても龍は大きな存在となっていたのだった。

roni
roni
龍に振り回されてばかりの3人でしたが、やはり寂しいですよね。
脇役でしたがそれぞれ個性的でいい味出してました!

龍のやりたいこと3「温泉」

喫茶店で酒井たちがチップ代わりに福引の券を置いていった。
龍はそれを持って商店街へ。

待ち構えていたスーツ店店主(くっきー!)に促され、引いてみることに。
金が出たら温泉旅行だという。

引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

龍が回すと、なんといきなり金色の玉が!
龍は見事に温泉旅行をゲットした。

もちろん、スーツ店店主の仕込みで金色の玉しか入っていなかったのだが。

美久は、自分たちはキャンプで楽しんだので、いつもお世話になっている菊次郎、雲雀、雅と温泉に行ってきてほしいという。
美久の言葉に甘え、龍は元天雀会の3人と温泉旅館に出かけた。

温泉といえば卓球。
菊次郎と雅、龍と雲雀の2組に別れて熱い戦いを繰り広げ、楽しい時間を過ごした。

  
引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

その夜、肩を寄せ合いながら龍の寝顔を見つめる菊次郎と雲雀。

「こんな孝行息子はいないよ…」
「出来ることなら、俺が代わってやりてえよ…」
2人はしんみりと語り合うのだった。

roni
roni
相変わらず大騒ぎでにぎやかな天雀会でしたね。
でも菊次郎と雲雀の龍への愛情にはぐっときました。

龍のやりたいこと4「サンタクロース」

サンタクロースをやってみたいという願いを叶えたのは婦人会の田中と太田(田中道子)だ。
町内会のクリスマスに、サンタクロースに扮した龍と雅が現れた。

引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

最初は引いていた子どもたちだったが、龍たちと触れ合ううちにみんな笑顔に。
龍は思う存分サンタクロースを楽しんでいたようだった。

帰り道、龍は雅を夕飯に誘う。
「今日は家族との時間を大事に過ごしてください」と遠慮する雅に龍は優しく語りかける。
「兄弟、お前も家族やがな」

その言葉に雅は思わず泣き出してしまった。

そこに虎二郎も現れ「チキンとチョコ、パチパチのお菓子を挟んだ新商品」のクレープを差し出した。
一度は断ったものの、龍は虎二郎からのクリスマスプレゼントを受け取る。


引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

「来年もよろしゅう」と帰っていく龍を見送りながらまた泣き出す雅。
そんな雅を虎二郎は慰めるのだった。

roni
roni
ライバルの虎二郎も龍とすっかり仲良くなりました。
第9話から虎二郎の龍を見る目が優しい気がします!

「余命3ヶ月」の真相

クリスマスの夜、3人で穏やかな時間を過ごした龍一家。
食後にテラスで龍との思い出を思い返していた美久のもとに、龍がココアを淹れてやってきた。
2人はお互いに感謝を伝え合う。

おもむろに、龍が羊羹を差し出してきた。
病院に行った際に担当の医師に渡したものと同じだとのこと。
受け取れないと断られたので、こっそり診察室に置いてきたというのだ。

その羊羹の賞味期限を見た美久は何かに気がついた。

そう、医師が言った「持って3ヶ月」は、龍の余命ではなく、羊羹の賞味期限のことだったのだ。
「あの人にはもうダメだってちゃんと伝えないと」というのも、もう差し入れはダメだと伝えなければ、という意味だった。

真相を知り、検査の結果もどこにも悪いところはなかったと龍本人から聞いて安心した美久。
向日葵もやってきて、家族3人寄り添い、幸せを噛み締めるのだった。

 
引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

roni
roni
最後まで勘違いから騒動が巻き起こるいつもの展開でしたね。
でもハッピーエンドで本当によかった!

龍からのメッセージ

年末のある日。
龍からお世話になった人々へ招待状が届く。
集まったみんなの前に、着物姿の龍一家が現れた。

龍の願いを叶えるために奔走してくれたみんなへお礼を伝える龍。
そして、最後は力強いメッセージで締めくくった。

引用:ytv【極主夫道】公式サイトより

「皆様方にあられましては、くたびれて疲れ果てて、何かに負けそうになりながら歩んだ一年だったのではないでしょうか。
これから迎える新しい年が、光を照らし、力強く前に進ましてくれることと信じております。
ほな皆さん、来年も気張っていきましょう!」

roni
roni
最後のメッセージは、この1年コロナ禍に翻弄された視聴者へのエールのようにも受け取れました!

【極主夫道】第10話 みんなの感想

コメディといいながらちっとも笑えないドラマが多い中、ちゃんと笑わせてくれた。コロナ禍で本当に癒されるドラマだった。 玉木宏さんの熱演がお話を引っ張っていたのは間違いないが、共演者もスーパーの店長から交番のお巡りさんまで漏れなくハマって素晴らしい。
原作を知らないからなのか、私は初回からずっと終始楽しめた癒し的なお話でした。笑いのテンポも良かったし、主人公の龍も元極道という肩書きに反して、人としても主夫としても、きちんと尊敬できるキャラクターだったのが、何より素晴らしかった。 演者さんたちがお芝居をしながら、常に凄く楽しそうに見えたのも、良かったです。 最終回は、いつも通りの勘違いでありながら、周囲の人たち皆んなに愛されている主人公…龍の存在を改めて実感したり。最終回である寂しさもそこはかとなく感じる、切なさもありで。 このままずっと観続けたいな、と思える温かいラストだったと思います。
終わるのが寂しいです。日曜夜を笑って過ごせました。 続編があったらよいなあ。 原作を知らないのですが、これはこれで、予想以上に毎週期待してみてました。
面白かったー。 久々に大笑いしながらドラマ見ました。 最終回もほろっとして、あたたかい気持ちになりました。 俳優の皆さんも素晴らしい。 またスペシャルで帰って来て欲しいです。 原作も読んでみようと思いました。

Twitterの感想

roni
roni
龍以外にも愛すべきキャラクターの多いドラマでしたね。
終わってしまうのは寂しいな…

【極主夫道】第10話 見どころまとめ

  • 誘拐事件の末、親子の絆を確かめた向日葵と龍
  • 龍の余命が3ヶ月!?
  • 龍のやりたいことを叶えるため、仲間や町の人々が団結!
  • 龍からのメッセージ
roni
roni
毎回勘違いや早とちりから数々の騒動が巻き起こってきました。
最後の最後まで勘違いでしたが、龍が死んでしまうんじゃなくて本当に良かった!
毎週笑って楽しめる、素敵なドラマでした。

【極主夫道】第10話 無料動画を観る方法

【極主夫道】第10話を無料で見る方法をご案内します。

『極主夫道』はHuluで最新話までの全話が配信されています。
Huluは月額1,026円(iTunes Store決済の場合は1,050円)の動画配信サービスですが、2週間の無料体験ができます。
無料期間中に解約すれば料金はかかりません。
詳しくはHuluの公式ページをご確認ください。