フジテレビのドラマ

ラブホの上野さん2【ドラマ第7話】ネタバレや感想、無料動画の視聴方法

2017年11月23日に放送されたフジテレビ系ドラマ「ラブホの上野さんseason2」第7話。

今回はリア充にコンプレックスを持つ品川が中心となるお話です。
そんな彼女が上野さんや一条の助けを借りて、人間的に成長する様子が描かれています。

この記事では、第7話ネタバレ感想無料動画を視聴する方法を紹介していきます。

roni
roni
毎回ドSながらも、ためになる恋愛指南をしてくれる上野さん。
今回は品川のために一肌脱ぐようですね。

ラブホの上野さんseason2 【ドラマ第7話】あらすじとネタバレ

第7話 あらすじ

大学の知人に、バーベキューに誘われた品川佐奈(古畑星夏)は、リア充であることをアピールし、一条昇(柾木玲弥)に自慢する。そのやり取りを目にした上野(本郷奏多)は、営業活動を行うため、佐奈が誘われたバーベキューに一条と共に参加する。
ところが、バーベキューにいたのは、リア充とは程遠い佐奈を「姫」と慕う取巻きの男子学生3人だけ。実は、バーベキューをやりたいと言い出したのは佐奈自身で、他にも参加者を集めるよう彼らに頼んでいた。メンバーを揃えられず、しかも手際が悪い彼らに対して、機嫌を損ねていく佐奈。
そんな中、佐奈と同じ大学の同期である立花祐介(高崎翔太)を中心にした、本物のリア充グループと出会ってしまう。しかもそこには、大学で目立っている高島加奈子(立石晴香)ら美女3人もいる。佐奈は逃げるようにその場を立ち去ろうとするが、上野の提案で、一緒にバーベキューをすることになる。
気まずそうに立ち振る舞い、リア充グループを避ける佐奈に、上野は・・・。
引用:FOD公式サイト

roni
roni
あまり親交がない知り合いとバーベキュー先で出くわすとは…。
想像するだけで気まずくなりますね。
しかもそこに上野さんがいるのでどんな展開になるか予想がつきません。
なお、ここから先はネタバレを含みます。

気まずいバーベキュー(ここからネタバレ)

上野さんの提案を受け、立花達と一緒にバーベキューをすることになった品川。
しかし品川は浮かない表情をしている。

実は品川は彼らに苦手意識をもっていたのである。

その理由は、大学入学当時のある出来事にあった。
当初は彼らと友達になろうと試みていた品川。

しかし、そのリア充な雰囲気に圧倒されて話しかけることすらできなかったのである。

その一件がトラウマになってしまった品川。
それ以来、立花達を避けて生活するようになってしまう。

そしてバーベキューでも同じように距離を置く品川。
しかし、そんな彼女はあることに気が付いてしまう。

なんと彼女を「姫」と慕う取り巻き3人が、立花達と仲良くなり始めたのである。

その様子を見て不貞腐れる品川。
しかし、自分だけが輪に入ることができず内心焦ってしまっていた。

その後も上手く馴染めずに一人うつむく品川。
そんな様子を見た立花は、品川へ輪に入るよう優しく促す。

声を掛けられ、どことなく嬉しそうに歩み寄る品川。
立花と会話する品川だが、ここで彼に思いもよらない質問をされる。

「そういえば名前なんだっけ?」

引用:ラブホの上野さん2公式Twitter

名前すら覚えてもらえてなかったことにショックを受ける品川。
「姫」というあだ名のせいで、本名を認知されていなかったのである。

いたたまれなくなり、席を外してしまう品川。
そんな彼女の様子を、上野さんは何やら思案している表情で見ていた。

roni
roni
いつもは小生意気な品川ですが、ここでは借りてきた猫のようですね。
正直、上手く馴染めない彼女を見ていると心が痛みます。
上野さんはそんな彼女にどんな助け舟を出すのでしょうか。

品川の窮地を救った一条

気まずくなり席を外した品川。
一人で林道を歩き時間を潰していた。

そこに現れたのは、チャラそうな外見をした男2人。
一緒に飲もう、と誘われて品川は一瞬戸惑ってしまう。

しかし、可愛いとおだてられ気をよくした品川。
なんとそのまま男2人について行ってしまった。

ついて行った先で、案の定お酒を強要されてしまう。
彼女は拒んだが、無理やり飲まされそうになる。

そこに現れたのは、なんと一条だった。
長い間戻ってこない彼女を心配して、探しに来たのである。

見知らぬ男2人といる状況に異変を感じた一条。
品川を連れて帰ろうとするが、男に突き飛ばされて転んでしまう。

関係ない奴は失せろ、と男に恫喝された一条は起き上がってこう言い放った。

引用:ラブホの上野さん2公式Twitter

「関係あります。大切な後輩ですから。」

一条の言葉に驚いた表情をする品川。

男たちもその一条の真剣な表情に、一瞬だけ動きが止まってしまう。
一条はその隙をついて品川を助け出し、その場から立ち去った。

roni
roni
品川の窮地を救った一条は、とてもかっこよかったです。
明らかに喧嘩が弱そうな一条ですが、それでも臆さずいかつい男2人に立ち向かえる勇気は素晴らしいですね。

品川の本音

男たちから逃げることに成功した2人は、人気のない場所で休憩を取っていた。

しばらく間を置き、そろそろ戻ろうと提案する一条。
しかし、品川は子供のように不貞腐れて一条の提案を拒否してしまう。

理由を一条に問われた品川は、立花達に対する不満を爆発させる。

「あいつらうざくないですか?!」
「爽やかすぎて逆にうざい!」
「なに仲良しごっこしているのって感じ!」

引用:ラブホの上野さん2公式Twitter

怒涛の勢いで毒を吐き、卑屈になる彼女。
しかし、一条はそんな彼女の様子を見てなぜか笑い出してしまう。

ムカッとした表所で一条をにらむ品川。
しかしここで一条は、思いもよらぬ言葉を発する。

わかる!わかるよその気持ち!

一条が笑っていたのは、品川の意見に同意したためだったのである。
意外そうに一条を見つめる品川。

実は一条も、昔は品川と同じくキラキラしたリア充が苦手だったという。
リア充と接していると、自分がみじめだと感じてしまうのである。

しかし、そんなリア充たちの多くはコミュニケーション能力が高く、人柄も良い。
そして立花達もそうではないか、と諭す一条。

「わかってます、そんなこと。」

品川は不服そうにそう返した。
実は彼女自身、その事実に気付き始めていたのである。

彼女はそんなリア充に憧れ、そうなりたいと思っていた。
しかし現実は甘くなく、上手くいないことばかり。

どんどん自信を失って卑屈になってしまったのである。

そんな落ち込む品川に一条が一言。

「あんな風にならなくたっていいじゃん。」

ハッとした表情を浮かべ、品川は一条を見つめる。

「無理して何者かになるのではなく、自分らしくあればいい。」
一条はそう彼女に伝えたかったのだ。

言葉の真意を汲み取り、一条の思いやりに心を動かされた品川。
勇気を出して、立花達の元に戻ることを決意したのであった。

roni
roni
キラキラした人たちにコンプレックスを抱える気持ち、私も分かります。
本音を話した彼女をあんなに優しくフォローするなんて…
一条は紳士的だと思います。
上野さんのドS教育が行き届いているようですね。

バーベキューにおけるアピールポイント

品川が席を外している間、談笑を続ける立花達。
しかし、そこではちょっとした事件が起こっていた。

なんと品川の取り巻きの3人が、女子たちに露骨なアプローチを始めたのである。

唐突にデートに誘う童貞A。
高校時代の自慢話に付き合わせる童貞B。
彼氏の有無をダイレクトに確認する童貞C。

調子に乗った童貞ほど見苦しいものはありません。
呆れた様子で呟く上野さん。

見かねた上野さんは童貞達に収集をかけ、恋愛指南を行うのだった。

引用:ラブホの上野さん2公式Twitter

上野さんの恋愛指南:バーベキューにおけるアピール方法

バーベキューにおいて特定の相手に露骨なアプローチをかけるのはご法度である。
それをやってしまうと、周りから嫌われる原因となってしまうのだ。

バーベキューでアピールするポイントはただ一つ。
モテようとしないことである。

  • 場を仕切る
  • 準備や片付けを積極的に手伝う
  • 輪に入れない人の相手をする

など、グループのため自分なりに働くことが重要なのだ。

バーベキューは、その人の能力が試される場所。
容姿や口のうまさは関係ないのである。

そしてそこで信頼を得ることで、合コンやデートにつなげることができる。

つまり、バーベキューは恋愛を発展させる場ではなく、信頼を得て次につなげるイベントなのである。

上野さんの指南を受け、納得する童貞達。

「成功の際はぜひ五反田キングダムへ。」

そう言い名刺を渡す上野さん。
こんな時でも営業活動を欠かさないのであった。

roni
roni
相変わらず童貞には手厳しく毒を吐きまくる上野さん、面白すぎ!
取り巻き3人組が中毒死してしまわないか心配です。
しかし、何だかんだアドバイスをくれる優しさにギャップ萌えです。

品川の成長

恋愛指南を終えたタイミングで戻ってきた品川と一条。
上野さんは品川の様子を見て、優しくそばに寄り沿った。

楽しそうにはしゃぐ立花達を尻目に、品川は上野さんに愚痴を吐く。

「なんか薄っぺらくないですか?本当に友達なんですかね?」
卑屈になる品川。

「彼らはそういった人間関係も大切だと考えているのです。」
そんな品川に上野さんは優しく返す。

手間のかかるバーベキューを行うのも、そんな人間関係を楽しもうとしてるのだ。
広い交友関係を築くか、気の合う人だけ深い関係を築くかは人それぞれ。

しかし、品川のように批判ばかりで避けていては、どちらの関係も築くことはできない。
上野さんの言葉を受けた品川は、ここで初めて自分の気持ちをさらけ出す。

「私、あの人たちが羨ましいです。」

その言葉を聞いた上野さんは、品川に対して恋愛指南を展開するのであった。

上野さんの恋愛指南:バーベキューにおけるアピール方法(女性編)

バーベキューで女性に求められるのは容姿でもなく、女子力でもない。
男性たちの「女性を喜ばせたい」という欲求に応えることである。

  • 楽しそうに遊ぶ
  • 食事は美味しそうに食べる

こういった行動が男性に好印象を与え、女性を魅力的に見せるのだ。

またそれ以外にも、準備や後片付けなどを手伝うこともポイントの一つ。
お客様気分ではいられないことを理解し、自分の役割に徹することが重要である。

そうしたことの積み重ねで、男性へのアピールへつなげることができるのだ。

上野さんの恋愛指南を受け、自分の出る幕はないとあきらめる品川。

そんな彼女の様子を見て、上野さんは自分にできることを探せばいいと諭した。
職場でいつも頑張る品川を知っている彼は、片付けも重要な役割であるとヒントを出す。

上野さんに背中を押してもらった品川は、勇気を出して行動に移すことを決意した。

バーベキュー後半になり疲れが見えてきたメンバーに代わり、後片付けを始める品川。
片付けの合間にお茶出しを行い、メンバーを気遣う様子も見せた。

自分を変えるために、上野さんのアドバイスを受け入れ行動した品川。
そんな彼女の様子を見て、上野さんは品川がイイ女であることを確信した。

そして品川を評価したのは、上野さんだけではない。
立花達も彼女の細かな気遣いに心を動かされたのである。

品川ともっと仲良くなりたいと思い、連絡先の交換を提案する立花達。
彼女もそれを快く受け入れた。

勇気を出して自分の行動を変えたおかげで、苦手だった相手と友達になれた品川。
その表情には、達成感と幸せそうな表情が浮かんでいるのであった。

roni
roni
友達ができた時の品川の表情はとても可愛かった!
勇気を出して行動することは大切ですね。

ラブホの上野さんseason2 【ドラマ第7話】の感想

今回、舞台は五反田キングダムではなかったけれど、なかなか面白かったです。
 一条くんも今回に限っては、いい役だったように思います。

今回はバーベキューをどうとらえるかという点で、上野さんの恋愛指南は思いもしないことだらけでした。

今回はなんだか、リアリティがエグかったです(笑)
昔を思い出して酸っぱくなるっていうか…。

Twitterの感想

ラブホの上野さんseason2 【ドラマ第7話】 見どころまとめ

  • 品川の成長ぶり
  • 一条のかっこよさとやさしさ
  • バーベキューは信頼を得て次へつなげるためのイベント
  • バーベキューで女性に求められるのは、「女性を喜ばせたい」という男性の欲求に応えること

roni
roni
今回は品川が見事な成長ぶりを見せましたね!
最後は女の子らしい自然な表情で笑っていて、とても素敵でした。

ラブホの上野さんseason2 【ドラマ第7話】 無料動画の視聴方法

ラブホの上野さんseason2は、FODで全話配信中です。

無料で視聴することも可能ですが、一部有料会員でないと見れないエピソードもあるようです。

2週間の無料トライアルがあるので、その期間で全話視聴することが可能です。
詳しくはFOD公式サイトをご覧ください。