フジテレビのドラマ

竜の道│6話のネタバレや感想、無料動画の視聴方法

復讐に燃える双子の兄弟が、家族を奪った大企業に立ち向かう竜の道。
2020年9月1日に放送され、視聴率は7.1%でした。

roni
roni
今回の記事では、第6話のあらすじとネタバレ、感想を紹介します。
第6話あらすじ

晃(細田善彦)が取締役の半数以上を味方につけ、源平(遠藤憲一)追放に向けたカウントダウンが始まる。一方、夫と息子の関係悪化に胸を痛める芙有子(斎藤由貴)は、2人の仲を取りもとうと源平に歩み寄るが、結婚当初からある想いを抱えていた源平は、芙有子の話を聞こうともせず、怒りを爆発させる。ところがその矢先、芙有子が突然病に倒れ、源平は激しく動揺する。竜二(高橋一生)と真剣に付き合うことを決めたまゆみ(松本まりか)は、美佐(松本穂香)との親交を深め、さらに、ひょんなことから竜一(玉木宏)と竜二、晃を含めた5人で食事をすることに。その席で、竜二が復讐のためにまゆみに近づこうとしているのではと疑う美佐を前に、竜一と竜二は「ある作戦」に出る。しかし、会話は思わぬ方向に進んでいき…。そのころ源平は、芙有子の傍らで完全に精気を失っていた。竜一は今がチャンスとばかりに取締役会を決行するが、当日、思わぬ事態が起きる!
引用:竜の道公式サイト

roni
roni
竜一と竜二のある作戦や、思わぬ事態など気になるところがたくさんあって楽しみですね。

【竜の道】6話のネタバレ

引用:竜の道公式サイト

roni
roni
ここからネタバレが始まります。
今回は、どんな展開になるのでしょうか?
楽しみです。

動揺する源平(ここからネタバレ始まります)

大野木が心臓発作を起こした際に薬を渡さなかった事を話す竜一。
それを聞いて、竜二は「もう2度と殺すな」と告げる。

芙有子は、実家を助けるために源平と政略結婚をしていた。
源平を拒絶してたが徐々に変わろうとしてた芙有子。
しかし、変化に気づかず源平は「好きなだけ軽蔑すればいい」と言う。

そして、芙有子が晃やまゆみの話をするも全然話を聞かない源平。
竜一は晃から取締役の過半数以上を味方につけたと報告をうける。

その頃、まゆみは美佐の小学校を訪ねて嫌がらせした事を謝ろうとした。
言いにくそうにしてるまゆみを見て「謝りたいならゆっくり聞く」と、美佐はご飯の約束をした。

家に帰ってきた源平に、話の続きがしたいと話す芙由子。
しかし、聞かずに2階に上がろうとする源平。
その時、突然芙有子がその場に倒れる

芙有子は、病院に搬送され緊急手術をうける事になる。
晃や竜二が駆けつけると、源平が取り乱し心配していた。

roni
roni
芙有り子が倒れた時の動揺を見ると、本当に好きだったんですね。

5人で夕飯

UDコーポレーションに集まりクーデターについて話す晃や取締役達。
竜一が芙有子の事で源平はダメージを受けている。
そのため、取締役会を早めて2日後に変更すると伝える。

竜二がまゆみに会いに霧島家に行くと美佐もきていた。
その後、晃が竜一を連れて帰宅。
5人で夕飯を食べる事に。

竜一は竜二に両親の事を話すように促す。
自分の両親の会社が源平に潰された事を話し「今は源平と和解した」と告げる竜二。

まゆみは死んだと聞いていた竜一について「どんな人だったのか?」と尋ねる。
美佐は「厳しいけど優しい兄だった。そのおかげで強くなれた」と伝える。
すると「好きな男の事を話す顔になっている」と言うまゆみ。

竜二は動揺しながら「竜一にはいつも敵わなかった」と話す。

roni
roni
竜一の事を話す美佐に嫉妬する竜二。
今後、この三角関係はどうなっていくのでしょうか?
楽しみですね。

お前が殺さないように

医師から、芙有子の病状について説明を受け安心できないものではないと聞かされる。
すると、源平は「女房が死んだらあんたも殺す」と言う。

源平が芙有子につきっきりのため仕事が滞る。
決済が必要な書類を竜二が病院へ持っていき、その後会社に顔を出す。

竜一が、取締役たちとクーデターの打ち合わせをしていた。
そこに、竜二が現れて何をしているか探りを入れてくる。

その後、取締役の二見が竜二にクーデターの事を密告する。
竜二は竜一に教えずに、二見の違法カジノの事を警察に話す。
二見は、警察に連行される。

「お前が通報したのか」と聞く竜一。
理由を問い詰めると、「お前が殺さないようにだ」と答える。

晃が現れ、芙有子が目を覚ましたといい病室へ急ぐ。
入れ違いに、安心した源平が仕事に戻ると言い竜二が会社まで送る事に。

roni
roni
源平が、医師に対して言ったセリフ。
そして、竜二が竜一に人を殺させないために動いた事など、それぞれの想いがすごいですね。
なんとも言えない気持ちになりました。

芙有子の手紙

芙有子が意識を取り戻し、源平が会社に戻り取締役会が開かれる。

取締役会が始まり、晃は源平の社長解任の緊急動議を提案するはずだった。
しかし、晃は何も言えずに座ってしまった。
竜一が提案するように伝えるもできないと言う晃。

そこで、源平にまゆみから芙有子が息を引き取った事を知らされる。
取締役会は中止となり、源平は会議室から出て自宅へ帰る。

家に帰った源平は、芙有子が書いた手紙を見つける。
内容は…

「私の本当の気持ちです。
金で買った妻を、あなたが愛するわけがないという思いがあった。
本当は、愛して愛されたかった。家族は敵ではありません。

お金や地位よりもっと大事なものを見つけていきたいのです。
あなたと二人で。」

というものだった。

晃は、芙有子から源平に手紙を渡すように頼まれていた。
手紙を読んだ事で気持ちが揺らいでいたのだった。

そして、後日源平は竜一をコンサルから外すように指示。
キリシマ急便の運転手が過重労働で死んだ事を二見が会社をクビにされた腹いせに追放。
しかし、竜二が揉み消すのであった。

roni
roni
源平を拒絶していた芙有子が、手紙であなたと二人でと書いてあったところは泣けますね。

【竜の道】6話みんなの感想

ドラマの世界観にハマりすぎて

玉木宏のお茶漬けのCMでさえ、今までと違って見える笑

エンディングが流れたわ!
人間模様がホントに面白くてハラハラしちゃっ
たよ~。
双子に亀裂?
親分も意味深だし。

芙有子さんの手紙が泣けた…。
源平さんは芙有子さんの為に我武者羅に働いて
日本一になりたかったのかな?と思った。

相応しい旦那になりたかったのかな…。
不器用だから憎まれ口しか叩けない。
でも愛してたのでしょう。
あんな憎い源平さんなのに、あんな姿見せられたら・・・切ないわ。

また妄想しながら来週まで待ちますよw

ここに竜二は霧島家に入り込んでから、最初は復讐の為でも次第に霧島家の人々、特にまゆみと接するようになって本当の霧島家を知り、だんだん心が動いてきてるように感じる。

美佐を思うのも事実だが、優しいが故にまゆみを放っておけない。
更に芙有子の手紙を読んでから、霧島家を崩壊させるのに迷いすら出てきたのではないか?だんだん、竜一との考えのズレが出てきて、竜二は霧島家に付いて守ろうとした為に初回の冒頭シーンのようなことになるのか??

などと、想像してしまった。

斉藤由貴さんの儚げな感じ、さすがだなと思った。そしてまゆみが本当に素敵な女性に変化している。
表情がここまで柔らかくなるものか。すごい。
今週もじっくり楽しませてもらった。次週も目が離せない。

roni
roni
源平の芙有子を心配するシーンや芙有子の手紙等今まで明かされなかった二人の関係性が出てきて感動しました。
竜一の計画は、失敗しましたがこれからどうなっていくのか楽しみです。

ツイッターの感想

死んだ兄のことを話す竜二。。
竜一にはいつもかなわなかったと言った竜二に言葉以上の気持ちが乗っていそうで切ない…
ーとうふお(@touhusukio)September8,2020

斉藤由貴さんそう来るか…!手紙に少し泣いてしまった、伏兵すぎる…強い強いエンケンさんが弱くなる所、怪演松本まりかさんの可愛らしさ、こういう二面性を存分に味わえるドラマ、好き。竜二がぐらついてるのがめっちゃ見所!!それにしても玉木宏さんは恰好良い!残り2話楽しみ
ーdaruma(@daruma0)September8,2020

【竜の道】6話の見どころまとめ

・芙有子が倒れて源平の動揺
・取締役会を早めて行う
・晃が竜一を裏切る
・芙有子の手紙
・竜一コンサルから外される

【竜の道】6話の動画を無料でみる方法

竜の道6話の無料動画をみる方法をご案内します。

放送終了から1週間以内であればカンテレドーガやTVerでの視聴が可能ですが、それ以降は動画が削除されてしまいます。

U-NEXTでは、1話から最新話まで全話配信中です。

新規登録で31日間無料で動画が見放題です。
無料トライアル中に解約すれば、月額料金は一切かかりません。