フジテレビのドラマ

【レンアイ漫画家】刈部清一郎役、鈴木亮平の熱演が期待できそう!?

レンアイ漫画家」は、講談社『モーニング』で、2010年12月から2012年1月まで連載された漫画です。

レンアイ漫画家の主題は、恋に不器用な少女漫画家の男性と、「恋愛のモデル」として漫画家の男に雇われた女性の織りなす人間模様。

奇抜な設定と、最後までどのように転ぶかわからない2人の関係に、心を掴まれた読者も多かったはず!

そんな「レンアイ漫画家」は遂にドラマ化が決まり、初回放送日は2021年4月8日です。
「役にこだわる演技派俳優」と有名な鈴木亮平さんが主演をつとめることもあり、公開決定時は大きな反響がありました。

今回はそんな同作の主演をつとめる、鈴木亮平さんについて、更には彼が演じる主人公の刈部清一郎についても紹介していきたいと思います!

【レンアイ漫画家】鈴木亮平さんが演じる主人公・刈部清一郎について

引用元:「レンアイ漫画家」公式Twitter

このドラマの主人公・刈部清一郎(かりべ・せいいちろう)は、人付き合いが苦手の変わり者。
外に出ることもほとんどなく、常人には理解できない思考回路を持つ天才漫画家という設定です。

ドラマ「レンアイ漫画家」の主人公の刈部清一郎について、鈴木亮平さんから見た印象にはどうだったのでしょうか?

鈴木亮平さんから見た刈部清一郎に対する印象

鈴木亮平さんは刈部清一郎役に対して、以下のような印象のようです。

清一郎は偏屈な天才で、口が悪いけれどとてもピュア。自分に恋愛など起こるはずがないと思っていて、だからこそ作品に恋愛を描いてきた人です。そんなある種“こじらせた男”がキュンに目覚めていく様は、皆様に“恋愛っていいな”と思っていただけると思います。回を追うごとに、皆様にこの清一郎という不器用な人間を好きになってもらえるように魅力的に演じたいと思います。

……(中略)そしてこのドラマは、男性にもオススメです。清一郎の不器用な生き方に、きっと共感していただけるでしょう。恋をしている方も、恋を忘れた人も、新しい恋をしたい方にも。

引用元:「山崎紗也夏「レンアイ漫画家」TVドラマ化、鈴木亮平が恋愛下手な少女マンガ家役に」、『コミックナタリー』、2021年1月25日掲載

鈴木さんは当初、自分が恋愛ドラマの主人公であることに「自分で良いんだろうか」と思っていたそうです。
ですがその一方、男女問わず誰もが暖かい気持ちになれるように演じたいとも語っています。
地上波民放連続ドラマの初主演ともなり、彼にとっては新境地を切り開く機会となりそうです……!

roni
roni
多彩な役柄を演じてこられた鈴木さんだからこそ、どのような主人公になるか、期待が持てますね。

刈部清一郎役:鈴木亮平に対する評価、ツイッターでも話題に

ドラマ版「レンアイ漫画家」の刈部清一郎役を演じる鈴木亮平さん。
歴史ものやヒューマンドラマで主役を飾ることは多々ありましたが、正統派な恋愛ドラマの主人公というと、少し意外なイメージに思われますね。

Twitterを見てみると、以下のような反応があったようです!

【レンアイ漫画家出演】鈴木亮平さんのプロフィールとその他の出演作

続いて鈴木亮平さんの簡単なプロフィールと、今までの出演作を振り返ってみましょう。

鈴木さんが俳優を志したきっかけは、大学の演劇サークルでした。
自分達の演劇に感動したお客様を目の当たりにし、「これを仕事にしたい」と考えるようになったそうです。

鈴木亮平さんの主な出演作品

鈴木亮平さんは幅広い役柄をマルチに演じ、役によっては肉体改造を入念に行って臨むこともあります。
CMや映画、ドラマなど、ジャンルも趣向も多岐にわたる、彼の出演作品をまとめました。

テレビドラマ

フジテレビ「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス」2007年7月~9月
フジテレビ「メイちゃんの執事」 2009年1月~3月
NHK「本日は大安なり」2012年1月~3月
NHK朝の連続ドラマ小説「花子とアン」2014年4月~9月
TBS「天皇の料理番」2015年4月~6月
NTV「お迎えデス。」2016年4月〜6月
NTV×WOWOW×Hulu「銭形警部」2017年2月
NHK大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」2017年1月~3月
NHK 大河「西郷どん」2018年1月~12月
TBS「テセウスの船」2020年1月~3月

近年では大河ドラマ「西郷どん」の、主人公・西郷隆盛役が記憶に新しいかもしれません。
晩年の西郷を演じる際は、「1日4食の間にドーナツを思いついたら食べる」といった方法で、およそ100kgにまで体重を増やしていました。

映画

「阪急電車~片道15分の奇跡」2011年4月
「HK/変態仮面」2013年4月
「ホット・ロード」2014年8月
「風に立つライオン」2015年3月
「海街diary」2015年6月
「俺物語!!」2015年10月
「ルドルフとイッパイアッテナ」(アニメーション、声の出演)2016年8月
「海賊とよばれた男」2016年12月
「羊と鋼の森」2018年6月
「ひとよ」2019年11月
「燃えよ剣」2021年10月公開予定

2015年の「俺物語!!」は、大柄で逞しい男子高校生の初恋を描いた作品でした。
「刈部ならこの作品をどう思うだろう」と、「レンアイ漫画家」と比較してみても楽しいかもしれません。

roni
roni
一度は話題になったこともある、有名作に絞ってみました。ベストセラー原作の作品も多いですね!

実はこれでも、まだほんの一部なんです。
ほかの作品もチェックしてみてくださいね。

ドラマ【レンアイ漫画】について

さて、そんな鈴木亮平さんが出演する「レンアイ漫画家」は、ちょっと変わったストーリーのドラマです。
また、原作とは少し違った話の内容になっているみたい。

「レンアイ漫画家」のあらすじ

あらすじ

主人公・刈部清一郎(かりべ・せいいちろう)は、人付き合いが苦手の変わり者で、外に出ることもほとんどなく、常人には理解できない思考回路を持つ天才漫画家。
アシスタントもつけず一人きりで、少女漫画の金字塔と呼ばれる大ヒット漫画の連載を続けています。顔出しは一切せず、女性名のペンネームで正体を隠し、そのプライベートは謎に包まれていました。
そんなある日、弟の忘れ形見を引き取る羽目になり、孤高の生活が乱れていくことに…。

一方、夢無し、彼無し、仕事なしのアラサー女子・久遠あいこ(くおん・あいこ)は、初恋の人の葬儀で、その兄の清一郎と衝撃の出会いを果たします。
「俺のためにレンアイしろ!」と清一郎があいこ出したとんでもない仕事の依頼。それは、漫画のネタのために疑似恋愛のミッションをする、というものでした。
清一郎のむちゃぶりのもと、疑似恋愛相手と淡い恋に発展したり、発展しなかったりの悲喜劇を繰り返すあいこ。清一郎と喧々諤々(けんけんがくがく)、丁々発止を繰り広げていくのですが…。
恋愛を始めることが難しい現代にお送りする、不器用だらけのコミック・ラブストーリーです。

原作との違いについて

引用元:講談社『モーニング』公式特設サイト

ドラマ版「レンアイ漫画家」は原作漫画をベースに制作されていますが、実写化にあたっては幾つかの変更が為されています。

1つは、登場人物の名前です。
鈴木さん演じる刈部に該当するキャラクターは、原作では「刈部清美(かりべ・きよみ)」という名前でした。

彼が少女漫画家として女性的なペンネームを使っていることからも、敢えて男性名に変更し、本名だとわかりやすくしたのだと考えられます。

引用元:『レンアイ漫画家』第1巻

原作の刈部は鋭い目差しと濃いヒゲで、ドラマ版の鈴木さんよりも、ベテラン小説家のようなワイルドな出で立ちですね。

もう1つの変更点は物語の視点です。
原作漫画では、刈部の弟の葬儀を担当した主人公・久遠あいこの視点で物語が展開されていました。
ドラマ版では原作者の了承のもと、刈部が主人公に置き換えられており、漫画を読んだ人も2度楽しめそうです。

roni
roni
漫画では描かれなかった刈部達の心情や、オリジナルの展開もあるかもしれません。面白そう!

まとめ

今回は「レンアイ漫画家」主人公の刈部清一郎を演じる、鈴木亮平さんの経歴、そして世間からの評価について解説しました。

まとめ
  • 鈴木さんの目指すところは「誰もが暖かい気持ちになれる」ドラマ作り
  • 原作漫画とは別の視点で彩られる物語
  • 鈴木さんの「役者魂」光る「準備」のほどに期待大!

「レンアイ漫画家」は漫画原作のドラマですが、鈴木亮平さんが主役を務めることで、注目が集まっています。

鈴木さん演じる刈部清一郎は、リアリティある少女漫画制作に情熱を注ぐ男。
彼のアシスタントになった久遠あいこは、彼のお眼鏡にかなうでしょうか、それとも……?

どんな話になるのか、放送が楽しみですね!