フジテレビのドラマ

【レンアイ漫画家】金條可憐役は木南晴夏│高飛車な演技が高評価!?

2021年4月10日、夜10時からフジテレビ系で放送中のドラマ【レンアイ漫画家】。
有名漫画家の男性と、漫画のモデルとして偽装恋愛をする女性アシスタントの描く、人間模様がテーマ!

キャストにも力が入っています。
主人公の漫画家役を務める鈴木亮平さんや、アシスタント役の吉岡理帆さん。
担当編集者は片岡愛之助さん…など、有名俳優が目白押しです。

この記事では、主人公・刈部清一郎の後輩漫画家・金條可憐役木南晴夏さんについて解説します!

【レンアイ漫画家】木南晴夏さん演じる、金條可憐はどんな人物?

木南晴夏さんが今回演じる金條可憐は、刈部と同じ出版社所属の漫画家で、刈部に対し大きな感情を抱いています。

刈部を抜いて読者アンケート1位になろうと野心をたぎらせるばかりか、本名・年齢・性別非公開の彼(彼女?)の正体に迫ろうと、思いを巡らすことも。
流行にも敏感で、すぐに情報収集して実行しようとする、努力家なところがあります。

才能の刈部か、努力の金條か…
ヒロインの(偽装)恋愛模様に力が入る今作ですが、2人の漫画対決も見られるのではないでしょうか!

木南晴夏さんから見た、金條可憐の印象!

引用元:「レンアイ漫画家」公式サイト

木南晴夏さんは、自身が演じる金條可憐というキャラクターについて、以下のような印象のようです!

『レンアイ漫画家』への出演を知られた時はいかがでしたか?
「最初に、原作の漫画を読ませていただき、漫画に登場する自分の役のクセが想像以上に強すぎて、驚きました(笑)。難しい役をいただいたなと思いました」
「台本は、可憐さんだけではなくてマンガよりも、それぞれのキャラクターが全体的に柔らかく描かれていると思いました。マリア先生こと刈部清一郎(鈴木亮平)もそうですが、世界観は一緒ですけど少しだけキャラクター設定が違っていたりとか…。可憐さんも原作よりも毒っ気がないと思うんです。優しさや仁義が垣間見えるキャタクターになっています。」

…金條可憐は、どのように演じようと思いましたか?
「最初は可憐をどのように演じていけばいいか悩みましたが、本読みや演出の石川さんからのお話を聞きつつ、徐々に役作りをしていき、可憐が今では自分になじんでいます。派手な役なので、つい明るい雰囲気になりがちですが、楽しいときでも“ねっとり”を意識して演じています。また、あいこをひっかき回したりするので、意外と大きな役目を担っています!(笑)」
…最後に視聴者のみなさまにメッセージをお願いします。
「私自身も撮影しながら、どんなドラマになっているか想像がつかないので、出来上がりをすごく楽しみにしています。視聴者の皆さんと一緒に楽しめればと思います。ぜひお見逃しなく!」

引用元:「レンアイ漫画家」特設サイトのインタビュー

「レンアイ漫画家」では、主人公の刈部清一郎を演じる鈴木亮平さん以外、初共演だという木南さん。
現場では、和気あいあいとした雰囲気に心を落ち着かせられ、色々と教わることも多いのだといいます。

鈴木さんの母性をくすぐられる演技や、場面ごとに面白い表情を見せる吉岡理帆さんの姿も、高評価だったようです。

roni
roni
まだ本編も始まったばかりですが、木南さんがどんな活躍を見せるかが楽しみですね。
鈴木さんや吉岡さんとのやりとりも、想像しただけで笑顔になりそうです…!

視聴者の評価は?Twitterを徹底リサーチ

 

木南さんのクセの強い演技に興味を持った人は、かなり多かったようですね。

「確かにクセは強いけど、こんな人いるよねえ」と高いリアリティに感心の声も上がっています。

【レンアイ漫画家】木南晴夏さんはどんな人?プロフィールなどを紹介!

続いて、木南晴夏さんの簡単なプロフィールと、今までの出演作を振り返ってみましょう。
俳優の玉木宏さんとの結婚、そしてお子様の誕生が話題になった木南さんですが、以前からドラマでお見かけしていた人もいるのではないでしょうか?

引用元:ホリプロ本人プロフィールページ

木南さんはパンが大好きで、NHKBSプレミアムでは、各地の美味しいパン屋を巡る紀行番組に出演したこともありました。

引用元:講談社ブッククラブ

おすすめのパンは1冊の本にまとめられており、InstagramやTwitterに掲載されたものも少なくありません。

引用元:講談社『キナミトパンノホン』

こちらは内容の一部ですが、パラパラとめくっているだけでもお腹が空いてしまいそう…。

木南さんの過去の出演作紹介

映画よりはドラマへの出演が中心の木南さん。
NHKの朝ドラや「勇者ヨシヒコ」シリーズにはたびたび出演しており、それがきっかけで知った方も多そうです。
かくいう筆者も、子供と見ていた「勇者ヨシヒコ」で彼女のことを知り、今ではテレビに出ているとつい気になって見てしまいます!

テレビドラマ
  • 連続テレビ小説(NHK)
  • 風のハルカ(2005年10月-2006年4月)
  • てっぱん(2010年9月-2011年4月)
  • マッサン第24週〜(2015年3月16日-28日)
  • 銭ゲバ(2009年1月- 3月、日本テレビ)
  • 勇者ヨシヒコシリーズ(2011年7月-9月、2012年10月-12月、2016年10月-12月、テレビ東京)
  • トッカン-特別国税徴収官-(2012年7月- 9月、日本テレビ)
  • シェアハウスの恋人(2013年1月- 3月、日本テレビ)
  • 私の部下は50歳(2014年4月、NHK Eテレ) – 主演
  • 昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(2014年7月- 9月、フジテレビ)
  • 海月姫(2018年1月15日 – 3月19日、フジテレビ)
  • ハゲタカ(2018年7月- 9月、テレビ朝日)
  • ドラマ10 トクサツガガガ(2019年1月- 3月、NHK)
  • セミオトコ(2019年7月- 9月、テレビ朝日)

映画
  • ZOO 「SEVEN ROOMS」(2005年3月、東映ビデオ)
  • 「20世紀少年」第2章-最終章(2009年8月、東方)
  • 綱引いちゃった!(2012年11月、東宝)
  • HK 変態仮面(2013年4月、ティ・ジョイ)
  • エイプリルフールズ(2015年4月、東宝)
  • 秘密 THE TOP SECRET(2016年8月、松竹)
  • ママ、ごはんまだ?(2017年2月、アイエス・フィールド) – 主演
  • アルキメデスの大戦(2019年7月、東宝)
  • マチネの終わりに(2019年11月、東宝)
  • おとなの事情 スマホをのぞいたら(2021年1月、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

今年1月公開の映画「おとなの事情」は、スマホの中身を互いに見せ合い、腹を割って話そうとする友達グループの物語です。

木南さんは夫役の淵上泰史さんとともに、新婚ほやほやの夫婦を演じていました。
よくあるコメディ・ドラマかと思いきや、息もつかせぬ怒涛の展開に目を奪われた人も。

「勇者ヨシヒコ」から入った身としては、木南晴夏さんの多彩な役柄と出演作に、驚くばかりです…!

【レンアイ漫画家】のストーリーは?原作漫画と違う?

そんな木南晴夏さんが出演する「レンアイ漫画家」は、ちょっと変わったストーリーのドラマです。

タイトル通り、ジャンルは恋愛ものですが、主人公達と彼らを取り巻く個性の強い人々の掛け合いも見どころ。
あらすじや原作漫画との違いを、ここでおさらいしておきましょう。

「レンアイ漫画家」のあらすじ

あらすじ

主人公・刈部清一郎(かりべ・せいいちろう)は、人付き合いが苦手の変わり者で、外に出ることもほとんどなく、常人には理解できない思考回路を持つ天才漫画家。
アシスタントもつけず一人きりで、少女漫画の金字塔と呼ばれる大ヒット漫画の連載を続けています。顔出しは一切せず、女性名のペンネームで正体を隠し、そのプライベートは謎に包まれていました。
そんなある日、弟の忘れ形見を引き取る羽目になり、孤高の生活が乱れていくことに…。

一方、夢無し、彼無し、仕事なしのアラサー女子・久遠あいこ(くおん・あいこ)は、初恋の人の葬儀で、その兄の清一郎と衝撃の出会いを果たします。
「俺のためにレンアイしろ!」と清一郎があいこ出したとんでもない仕事の依頼。それは、漫画のネタのために疑似恋愛のミッションをする、というものでした。
清一郎のむちゃぶりのもと、疑似恋愛相手と淡い恋に発展したり、発展しなかったりの悲喜劇を繰り返すあいこ。清一郎と喧々諤々(けんけんがくがく)、丁々発止を繰り広げていくのですが…。
恋愛を始めることが難しい現代にお送りする、不器用だらけのコミック・ラブストーリーです。

(引用元: 「レンアイ漫画家」公式

原作漫画の金條可憐は?ドラマ版との違いをチェック

ところで「レンアイ漫画家」には原作漫画があることを、知っていた方は少ないのではないでしょうか?

ドラマ化にあたっては大分キャラ設定や背景にアレンジが加わっていますが、それでも話の流れはそのまま、恋愛ものが苦手な方も楽しめる展開です。

「刈部が思ったよりもコワモテでワイルドな見た目だった!」と驚きの声もありましたが、原作では、金條可憐も少し違うキャラクター設定でした。

なお、ネタバレを含みますので閲覧にはお気をつけください!

原作版の可憐の活躍

可憐は刈部を同じ女性漫画家と思い込み「お姉様!」と崇拝していました。
ところが彼女は意外な形で、刈部の秘密を知ることになります。
刈部の甥・蓮が自宅にクラスメート達を招き、そこに可憐の姪も含まれていたのです。

姪から「蓮くんの家にもおばさんと同じGペンがあったよ」と報告を受け、可憐はそれがきっかけで、憧れの「お姉様」が男だったと知ってしまいました。
更には悲しむどころか、絵柄と見た目のギャップにときめいて、刈部に恋してしまう始末!

原作では最初から刈部(の作風)に好印象を持っていた可憐。
ドラマ版とはかなり違いますが、今後はどんな展開が、2人を待っているのでしょうか?

roni
roni
元々ライバルどうしだったが2人が、縁あってかけがえのない親友どうしに…というのはよくある流れですね。
もしや刈部と可憐の間にも、そんな胸アツな展開が!?

まとめ

今回は「レンアイ漫画家」主人公の刈部清一郎のライバル漫画家・金條可憐を演じる木南晴夏さんの役柄、経歴、そしてTwitterでの評価について解説しました。

まとめ
  • 金條可憐役は、パン大好き個性派女優の木南晴夏さん
  • 我が強いものの、努力家でもある後輩漫画家役
  • 刈部と可憐、嫉妬転じて恋となるか!

ヒロインと様々な男性達の「偽装恋愛」が物語を動かすドラマ「レンアイ漫画家」。
主人公の刈部と同業者の可憐もまた、この仕組まれた恋路に波乱をもたらし、時に活路を開いてくれることでしょう。

物語自体はまだ始まったばかりですが、彼女の更なる活躍に期待が高まります!